配置転換、賃金低下

労働問題
不当な減給・降格・異動

現在55歳です。会社より突然の通達で勤務地の変更と仕事内容の変更、それに伴う社内の役職等級降下、それによる賃金大幅低下を言い渡されました。
社命ですので勤務地と仕事内容の変更はやむを得ないと考えていますが役職等級と賃金の大幅低下は認められるものでしょうか?
会社と争うには民事訴訟しか無いものかアドバイスお願いいたします。

相談者(ID:12355)さん

2019年11月07日

弁護士の回答一覧

ベストアンサーに選ばれた回答
過去掲載の弁護士

社命ですので勤務地と仕事内容の変更はやむを得ないと考えていますが役職等級と賃金の大幅低下は認め...

社命ですので勤務地と仕事内容の変更はやむを得ないと考えていますが役職等級と賃金の大幅低下は認められるものでしょうか?

→ 就業規則に根拠規定があるか否かで異なります。

会社と争うには民事訴訟しか無いものかアドバイスお願いいたします。

→ 労働審判の活用がお勧めです。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
1
本多 芳樹
弁護士(二子玉川総合法律事務所)

ご質問の件ですが、降格による賃金減額ということであれば、会社の通達が正当化されることもあります...

ご質問の件ですが、降格による賃金減額ということであれば、会社の通達が正当化されることもありますが、一般的に賃金減額を伴う不利益処分を行うことは
本人の同意がない限り認められないので、争えばこちらの主張が認められる可能性はあると思います。
また、会社と争う方法ですが、訴訟より前に交渉するのが通常です。
ただ、会社と争いつつそのまま勤務するというのは、かなり精神的にハードルが高いので会社をやめてもよいという覚悟がない場合は会社と争うことはお勧めできないです。
宜しくお願い致します。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
本多 芳樹
弁護士(二子玉川総合法律事務所)
住所東京都世田谷区玉川1-9-20スタンダビル1階
対応地域埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

親身にお話をお聞きし、最善のアドバイスをご提示いたします。依頼人の方々一人一人の事情に沿った解決を心掛けております。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
Icon houmu企業法務
Icon roudou労働問題
Icon saiken債権回収
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

異動に伴う減給について

はじめまして。
本日突然の異動の話があり、異動後に給与が
月に12万下がると言われました。
減給の理由は手当が無くなるからです。

異動の理由は、会社の方針が変わり
新たな人材を見つけたということと、
過去からの責任者としての人間関係や、
...

1
0
相談日:2020年06月26日
マタニティハラスメントについて 法的処置をしたい

ドラッグストアに勤務しています。春から昇進により本社勤務になる予定でしたが、妊娠を上司に報告すると本社異動が白紙になり、その代わり現状維持にされました。この場合はハラスメントに当たりますか?

1
0
相談日:2021年03月10日
降格による減給について。何%までなら違法ではないのでしょうか。

役員降格(7/1付)を5/22に通告されました。それと同時に適応障害となり1か月間休職となりました。復帰したら(7/1)体制が変わっており、社内で1か月半(8/22)まで上司(社長、役員計2名)に話しかけられることはない状態でした。減給額が役員になる前(...

1
0
相談日:2018年08月31日
会社側の要請による休業中の業務について

会社より休業を命じられ現在、給与を3割カットされております。
ただその間も休日以外は得意先とのやりとり、諸々の資料作成、提出をも求められ、オンラインでの会議参加もあります。
これは休業ではなく在宅勤務扱いになるのでしょうか?
ご回答よろしくお願い申...

2
0
相談日:2020年05月08日
コロナウィルスの影響による減給について

現在勤務している会社もコロナウィルスの影響を受けております。
3/31に会社より4/1〜4/20まで時短勤務の指示。
10:00〜16:00(定時は9:00〜18:00)
休業分の時間は給与7割支給というものでした。
その後、わたくしのみ上司から...

1
0
相談日:2020年04月20日
契約書

契約書には減給、有給を使わない場合は1日いくらの減給という記載がないのに、給与から引かれていた。
ちなみに非常勤医師なので夏期休暇はいらしいが、周りからは夏季休暇をいつとるか催促され、夏季休暇をとったら、その分は欠勤とされ減給された。
これは契約違反...

1
0
相談日:2018年10月31日
フリーワード検索で法律相談を見つける

労働問題に関する法律ガイドを見る