パワハラ加害者として退職に追い込まれた

労働問題
不当解雇

私は今年3月パワハラ加害者と本社から言われ退職を迫られ、結果5月退職しました。

被害者(私の部下)が本社へ連絡し、本社の幹部の面接があり、情報収集の結果、決定したそうです。被害者と名乗る社員は、仕事上のミスが多くルーズでだらしない行動がかなり目立ったことから、都度注意・指導してきましたが、改善姿勢が一向に見受けられませんでした。

逆に、ルール違反・約束反故等で故意に顧客・社員に迷惑をかけるようになりました。

このまま、それが続けば、顧客・社員をトラブル等に巻き込み、当社の信用が失墜すると考えて、以前より少し厳しく注意したり、始末書を取り受けし、被害者が改善してくれることを強く望みました。

その中で被害者は周りに自分がパワハラされているように見せるようになり、意識的に私の前に長時間立つ等の行為をするようになりました。私は本社幹部に対して「リスク管理上の指導である」と主張しましたが、理解してもらえず、一方的にパワハラ加害者とされました。

通常、パワハラは一度加害者に注意があり、改善なければ、重い処分を課すのが一般的です、警告なく退職という重い処分は受け入れ難いものです。

また、2週間程度の僅かな調査期間では調査不十分であり、結論を急いだ背景には外部からの圧力があったように思えます。

当社にはパワハラ処分基準はなく、私の意見を十分に聴かない等密室判定は、否めません。

24年11月1日広島高等裁判所判例(一審判決を逆転しパワハラ被害者が敗訴)を参考にした場合、私の退職を取消させ、精神的圧迫を感じたことから慰謝料を請求できますか?出来れば、公開しない方向でお願いします。

相談者(ID:)さん

2015年09月08日

弁護士の回答一覧

藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)

「燃えよドラゴン」さん こんばんは。 大変な目にあわれました、、、 ご心情、お察し...

「燃えよドラゴン」さん

こんばんは。

大変な目にあわれました、、、 ご心情、お察しいたします。
下記ご回答いたしますね。

1.まず、ご回答さしあげる前提として、「退職」を迫られ、退職した という点です。本当に解雇ではないのかでしょうか・・・ また、このときに懲戒処分はなされていないでしょうか?(処分、という言葉がございますので、、、) これによって、回答が異なりますので、明確にしていただけますと幸いです・・・ そしてどなたかに相談される場合、この点について明確にされることが必要です。

2.次に、仮に退職(のみ)だとしても、下記の点について、事前に、明らかにする必要があります。そしてどなたかに相談される場合、この点について明確にされることが必要です。データも必要になることが多いです。
(1) 指導する理由があったとして、被害者の方にどのような言動を行ったのでしょうか。
(2) 本社幹部から、事前に、被害者にたいして、例えば、「あまり強いことはいうな」などという指示はございましたか?
※ ちなみに、下記はその通りですが、場合によっては、重い処分・短い調査期間でも、パワハラに対する会社の措置が正当化されることはございます・・・
「通常、パワハラは一度加害者に注意があり、改善なければ、重い処分を課すのが一般的です、警告なく退職という重い処分は受け入れ難いものです。また、2週間程度の僅かな調査期間では調査不十分であり、結論を急いだ背景には外部からの圧力があったように思えます。」
(3) 退職を迫られたときにお受けになった精神的圧迫など、詳しく明らかにしておく必要があります。テープレコーダなどがあれば最良です。
(4) その他、本件で会社を訴えるときは、詳しい事情・背景について、ヒアリングが必要となります。
3.最後に、ご指摘の裁判例ですが、当方の検索ではみあたりませんでした・・・ 日付など再確認いただけますと幸いです。

以上ご回答いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
1
回答した弁護士のご紹介
藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)
住所東京都新宿区四谷4-28-20パレ・エテルネル205A
対応地域全国

債務の相談、残業代請求、解雇通知書/理由書のある解雇、怪我の労災の案件については、原則無料相談です。それ以外についてもお電話で有料無料を判断します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

会社の社員にいきなりクビにされました。

会社の社員の男性が仕事しないから注意したら社員の権限を利用して色々とあることないこと言われパワハラされ胸ぐら捕まれて殴られそうにもなり急にクビにされました。それを労働組合の人に相談したら
解雇予約請求手当てがもらえると
聞いたんですけど詳しくしりたいです。

1
0
相談日:2019年12月06日
解雇について

4月に入籍をしたところ、経営者に今後のことを聞かれ、「今の勤務形態では今後転職する可能性がある」と伝える。

「あなたが次を探しているので、会社としても次の人を探さないとね」と言われた。「他にも年齢的に結婚を理由に辞めそうな人が居るから、人員の補充の...

1
0
相談日:2018年07月13日
即日解雇について

会社にて社長より応接室に呼ばれ「今日付けで退職して」と言われ、今日の今日では困るし、そんな事を言うのであれば、会社都合の通常解雇にして欲しいと言ったところ、後日、離職票が届いたらの離職理由欄に「懲戒解雇」とされており、おそらく会社は事前の解雇通告していな...

2
0
相談日:2016年08月26日
派遣先で負った怪我を理由とした解雇について

42歳の女で、派遣社員として働いています。

数ヵ月前から、怪我を職場で負い、現在無理がたたり悪化したので、2週間の休養をとっています。

本日、派遣の担当が倒れたからと、他の営業所の部長が電話してきました。
その話だと、現在の派遣先から契約を...

1
0
相談日:2015年07月07日
和解金、解決金などの請求は可能でしょうか

52歳男です。40歳の時にてんかん発作を発症しました。その後何社か入退社を繰り返し、2011年10月より一年契約の障害者枠で現在の会社に入社しました。

3年ほど前から上司の言動(ことあるごとに喧嘩腰、ヒステリック、)態度に悩み初め、昨年夏頃より、メ...

1
0
相談日:2016年12月21日
解雇手当の支払いの遅れ、及び不当解雇

前職では、執行役員の役職でしたが、会社の資金繰りの悪化に従い、解雇予告と解雇(4/14)で解雇されました。
役職上、内部の資金繰りを含めた経営状況は、理解、把握し、過去の1年前よりその改善を社長(代表取締役)に提言もし、昨年11月には、それをもう一人の...

1
0
相談日:2017年05月11日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

労働問題に関する法律ガイドを見る