他の誰でもない、あなただけの味方を

弁護士の総合検索サイト『あなたの弁護士』

緊急性が高い場合は「弁護士検索」から近くの弁護士を探して直接相談しよう。

緊急性が低い場合は「無料法律相談Q&A」から弁護士へ質問、から知識をつけよう。

全国の弁護士を探す

無料法律相談Q&Aを見る

あなたの弁護士ではオンライン上で質問をし、弁護士からの回答がもらえるQ&A機能を用意しています。質問と回答はサイト上に公開され、過去の相談者の質問と弁護士の回答を閲覧することもできます。「弁護士に直接連絡して聞くことでもないけど・・・」というようにお悩みの方は、是非ご活用ください。

無料法律相談Q&A

経験豊富な弁護士があなたの相談に無料でお答えします!さらに、親切に対応してくれた弁護士に直接相談することもできます。

無料相談に投稿する

お悩み別に法律ガイドを見る

弁護士を検索・比較する際に知っておきたい6つのポイント

法律トラブルに巻き込まれることは稀です。いざ弁護士を探そうと思っても、どう探せばいいのか、どう比較すればいいのか、基準がわからない方もいるでしょう。 以下では、初めて弁護士を検索する方に、弁護士を探す際のポイントをお伝えします。

お住まいの地域に事務所があるか

依頼の内容にもよりますが、問題が解決するまでの期間に弁護士事務所に数回足を運ぶことになります。 弁護士を検索する際は、大前提としてご自身が行きやすいところに事務所があるか、確認しておきましょう。

相談内容に対し、解決実績があるか

相談しようとしている分野の解決実績がある弁護士を選びましょう。 弁護士であれば法律の知識はひと通り持っているものの、事件によって手続きの内容が異なります。 解決実績のある弁護士に相談することで、より手厚く、よりスピーディーなサポートが期待できます。

料金体系が明確か

弁護士に依頼をする前に、何をお願いしたら費用がいくら発生するのか確認しておきましょう。 同じ相談であっても、弁護士ごとに費用が異なります。 弁護士費用の内訳は、主に次の4つです。これらの費用がどういった配分で発生するのか確認しましょう。

  • 相談料|相談した時間分発生
  • 着手金|依頼をしたタイミングで発生
  • 成功報酬|依頼が成功した際に発生
  • 実費|諸経費がかかった際に発生

相性が良いと思うか

「この先生にお願いしたい!」と思える弁護士を探しましょう。相性のいい弁護士であれば、どんなことでも話しやすいでしょう。 相談者の中には、後ろめたさから自分にとって都合の悪い情報を弁護士に伝えない方もいます。話し合いや訴訟などが進んでいる最中に都合の悪い事実が発覚した場合、これまでの弁護活動等が無意味になったり、問題解決が難しくなったりするリスクがあります。

そうなれば、これまでかかった費用と時間が無駄になってしまうでしょう。 都合の悪い情報を伝えるには、弁護士との信頼関係が築けているかどうかが重要です。心から信頼でき、全てを包み隠さず伝えてもいいと思える相手の方が、信頼関係を築きやすいはずです。

対応が早いか

相談を多く受けている多忙な弁護士であれば、対応が遅れてしまう場合もあります。弁護士を選ぶ際は実際に電話・メール等をしてみて、対応に納得できるか確認しましょう。

複数の事務所に問い合わせてみる

同じ相談内容であっても、依頼した弁護士によって結果が変わる可能性もあります。弁護士費用も決して安くはありません。1人だけではなく、複数の弁護士と電話や面談などをしてみて、じっくりと依頼先を検討しましょう。

『あなたの弁護士』で弁護士を検索する3つのメリット

当サイトをご活用頂くメリットをご紹介します。

いろんな条件から弁護士を探せる

地域や得意分野はもちろんのこと、『着手金0プランあり』『初回の面談相談料無料』など、詳細な条件を指定して弁護士を検索できます。

弁護士の紹介文が豊富

弁護士を選ぶ際は、情報収集が欠かせません。『あなたの弁護士』では、編集部が掲載弁護士にヒアリングを行った上で、1人1人の紹介文を作成しています。 弁護士の特徴が伝わるような紹介文となるよう力を尽くしていますので、弁護士を比較する際の情報収集として、ぜひご活用ください。

サイトから直接弁護士に連絡を取れる

よさそうな弁護士を見つけたら、そのままコンタクトをとっていただけます。当サイト経由で相談する方法は、主に次の3つです。

『あなたの弁護士』で弁護士に相談をする2つの方法

次の2つの相談方法から、お好きな手段をお選びください。

メールで問い合わせる

メリット

  • どの時間でも相談できる
  • やりとりを後で見直せる
  • 電話が苦手な方にオススメ

デメリット

  • レスポンスが遅くなる場合もある
  • 連続して送りにくいため、内容を整理する必要あり

電話で問い合わせる

メリット

  • 弁護士との相性を確かめやすい
  • レスポンスが早い
  • 文章では表現しきれないことも伝えられる

デメリット

  • やり取りの内容を見返せない(メモを用意してから電話をかけるのがおすすめ)
  • 時間制限がある

弁護士を探す