会社からの強制的な呼び出しについて

労働問題
その他

お世話になります。

現在、会社から「会社に対して悪い影響を与えている」という云われなき理由で呼び出しを受けています。呼び出している相手方は社長以外の上司を含めて4名です。そのうち3名は直属の上司ではありません。また、上記以外の具体的な理由を伝えられておりません。

私は現在、社外(客先)で2年程度、ひとりで業務を行っており、社外のメンバーとは業務連絡を除き、ほとんど連絡を取っていません。確かに、会社の周年行事を1か月前に日時告知され、当日は夏休みを取り鉄道のチケットや宿泊予約等の予約をキャンセル不可の早期割引で取得していたこともあり、行けない旨を伝えたうえで欠席しました。また会社に提出する書類を提出期限の2日前に伝えられ(期限日は月曜日)、これも夏休み中だったことから翌出勤日の対応となりました。

これをもってして、呼び出しを受け、かつ、呼び出し日には客先の業務が入っていることもあり、日時の再考をお願いしておりますが、受け付けられていません。実質、強制的に日時を決められている状態です。またその際に客先担当営業が承認した旨を伝えられましたが、客先営業は現場におらず確認がとれていません。客先担当営業者の名を騙っているいる可能性もあります。

このような状態でお聞きしたいことがあります。

(1) 会社からの呼び出しには応じたほうがよいでしょうか?
(2) 4名対1名での面談となった場合、パワハラに該当する可能性はありますか?
(3) 万が一のために証拠を残しておきたいと思いますが、ボイスレコーダーによる録音のみで大丈夫でしょうか。また相手方から録音を拒否される可能性も考えられますが、強行することは可能でしょうか。
(4) その他証拠となりえるものはやりとりしたメールで大丈夫でしょうか。
(5) 客先営業の名前を騙っていた場合、罪に問える可能性はありますでしょうか。
(6) こういった相談を事前に弁護士または労働基準監督署や労働局にするべきでしょうか。有償でも構わないと思っています。
(7) 相手方と面談を行う場合、事前に弁護士や関係局と相談するとなったときは、その旨は伝えたほうがよいのでしょうか。

長くなってしまいましたが、どうぞよろしくお願いいたします。

相談者(ID:9347)さん

2019年09月15日

弁護士の回答一覧

ベストアンサーに選ばれた回答
本多 芳樹
弁護士(二子玉川総合法律事務所)

ご質問の件ですが、 (1) 会社からの呼び出しには応じた方がよいです。応じないと業務命令違反...

ご質問の件ですが、
(1) 会社からの呼び出しには応じた方がよいです。応じないと業務命令違反となり、懲戒処分を受け
   る可能性があるので。
(2) 人数もそうですが、面談の内容によってはパワハラに該当することもあるかと思います。
(3) ボイスレコーダーでの録音でよいです。事前に相手方の同意を得ないでも録音してしまって
   よいかと思います。
(4) メールでよいです。
(5) それだけで罪に問うのは難しいでしょう。
(6) 現段階ではアドバイスすることが少ないので、面談後にご相談に行かれた方が効率的かと思いま
   す。

(7) 弁護士等に相談していることを相手方に伝える必要はないです。

以上です。
宜しくお願い致します。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
本多 芳樹
弁護士(二子玉川総合法律事務所)
住所東京都世田谷区玉川1-9-20スタンダビル1階
対応地域埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

親身にお話をお聞きし、最善のアドバイスをご提示いたします。依頼人の方々一人一人の事情に沿った解決を心掛けております。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
Icon houmu企業法務
Icon roudou労働問題
Icon saiken債権回収
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

社用車で事故を起こし、修理費用全額支払えと

社用車で追突事故を起こしました。
勤務時間中、今回で合計3回。総務の常務から3回目ということなので、懲罰委員会を開いてどうするか審議するとのことですが、どうも事故を起こしたことの懲罰として、相手にかかった分約40万円、社用車にかかった分約30万円の合計...

1
0
相談日:2020年02月18日
扶養手当の返還

扶養手当の返還についての遡及時効についての質問です。
会社より扶養手当の返還を求められています。
2002年9月-2015年3月 151ヵ月分
2019年3月になり総務課から返還についての要請を受けました。
この場合民法167条1項の時効について...

1
0
相談日:2019年04月12日
休業手当支払いについて

コロナの影響で、会社が休業しています。
休業手当を支払ってもらう事になったのですが、平均賃金のロジックは理解できるのですが、3ヶ月の賃金を暦日数で割ったのに支払いは所定労働日数分になると言うことが納得できず、解説をお願いします。

1
0
相談日:2020年05月02日
職場の問題児について

お世話になります。

今の職場に、気に入らないとすぐ胸ぐらをつかんだり、けんかをふっかけたりする人がいて、周りが本当に迷惑しているのですが、この人が今度同じようなことをやった場合、現場を出て行くようお願いした誓約書にサインさせることは合法でしょうか?

1
1
相談日:2019年08月19日
厚生年金基金

初めて質問させていただきます。私が勤めている会社では、厚生年金基金に入っておりました。ただ近年増えておりました通り、その厚生年金基金も解散となりました。
実は、会社では厚生年金基金の名目で社員の給料から天引きしていたのですが、10数年間、基金に払ったり...

1
0
相談日:2019年03月29日
転勤に伴う住居について

現在、海外赴任をしており、5月に帰任することになっております。
会社は長野県にあり、県外出身ということもあり、家を探さなければなりません。
会社規定で、申請書を提出しましたが、さらに規定により、
「単身・独身者社宅運用基準」
第2章 第6条
1...

1
0
相談日:2019年03月28日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

労働問題に関する法律ガイドを見る