相続 遺言書の無料法律相談Q&A一覧

「遺言書」に関する無料法律相談Q&A一覧です。今現在あなたが直面している質問と、それに対する回答を見つけてください。緊急性が高い、問題が複雑な場合は直接弁護士に相談することをおすすめします。『初回の面談相談料無料』の弁護士も掲載していますので、ぜひお近くの地域から探してみてください。
相続問題について相談できる弁護士を探す
  • 死亡した親の自筆遺言書。その有効性と検認について相談日:2018年11月09日

    1年程入院していた母が4月に亡くなりました。

    父は既に他界、一人息子の私が唯一の相続人でした。
    母の生前、私は母と離れた県外で暮らしており、入院中で身動きのとれない母の世話と資産管理は母の妹である叔母がしていました。

    初盆も過ぎ色々と落ち着...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 自筆証書遺言の方式緩和相談日:2018年10月30日

    自筆証書遺言の方式緩和の公布がされましたが、たとえ遺言書の開封が来年1月の施行日以降であっても、施行日前の日付で作成した遺言書にPCによる財産目録を添付した場合、この遺言書は無効になるのでしょうか。
    あくまで、施行日後に作成した遺言書に対してのみ緩和が...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 自筆遺言書の有効性について相談日:2018年10月23日

    全文が遺言者の自筆
    日付あり
    名前あり
    押印されている

    所謂遺言書の条件をクリアしているものです

    最終的に調停 裁判になる場合
    この遺言書に則って進められるのでしょうか

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 長らく未相続の土地建物について相談日:2018年10月05日

    平成6年に亡くなった祖父名義の土地、平成9年に亡くなった伯父名義の建物の処分について、生存している伯母(=法定相続人、計4名の伯母生存)
    より協力を断られました。

    その理由が、平成8年に亡くなった祖母が孫である私の兄に譲るとの遺言を残したとの事で...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 遺言書の無効相談日:2018年07月07日

    実家の両親の相続税対策として生前贈与専門の保険に加入することを検討しています。

    税理士さんに相談し、とりあえず総資産を計算してから贈与金額を決めることにしようということになり、いろいろな資料と共に、H27年に作成した両親の公正証書遺言を私が預かりま...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 遺産相続相談相談日:2018年04月28日

    私の病気療養中、高齢の母を介護した妹や弟が共謀し、自分たちに有利な遺言書を作成させ、預貯金や印鑑、遺言書、更には母と共有名義の不動産登記簿謄本等を自宅に隠匿。度々返還要請をしておりますが一向に応じる様子もなく、今では連絡不能状態です。

    そこへ田舎の...

    弁護士回答数 /2回答
    質問を見る
  • 法律婚と事実婚相談日:2018年03月13日

    お互い子持ちで再婚予定がありますが、私がお相手のお子さんに大変嫌われており、泣いて反対されてしまいました。彼は入籍を望んでくれていますが、しない方が良いのではないかと悩んでおります。ただ将来を思うと遺産相続において不安もあり…。

    彼は前妻さんと死別...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 遺産相続について相談日:2018年01月24日

    祖母の遺産相続についての質問です

    正式な遺言書を作成しており母に全て相続させる事になっていますが 祖母は後妻で母とは養子縁組をしていないようです(祖父は他界しています)このような時 祖母かたの親族の遺留分などはどのようになりますか?

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 遺言書での財産目録相談日:2018年01月18日

    遺言には財産目録を記載しておくのが良いといわれていますが、これについての質問です。
    1.財産目録は遺言書を書いた時点での財産となりますが、遺言書を書いてから死ぬまでには年数が経ち、財産の内容がどんどん変わっていきます(金融機関名、新しい口座、金額変更な...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 遺言書の財産の変化について相談日:2017年08月13日

    はじめまして。お世話になります。
    自筆証書遺言を作成中ですが、激動の世の中でもあり、現在の遺産の銀行名や
    口座番号など 見直す機会が この先何度もあるように思われます。
    遺言書に記した 銀行や口座の資産が 他の金融機関に変更または 消失している場合...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 相続 公正証書相談日:2017年08月01日

    叔母が二ヶ月ほど前に92才で、他界しました。叔母は子供がいません、私は甥にあたります 私と同居していましたが、二年ほど前に老人施設に入居しました、住所は他界するまで 私の所に置いてありました。10年ほど前に,叔母との間には公正証書が、作成して有りましたが...

    弁護士回答数 /3回答
    質問を見る
  • 遺言書相談日:2017年06月17日

    認知症の兄夫婦に遺言書を書いて貰えるものでしょうか?
    現在兄が認知度1兄嫁が認知度2の状態です。
    兄夫婦には子供、親も居ない為兄嫁が最後に亡くなった場合その相続の為の遺言書が必要なのでは。

    弁護士回答数 /2回答
    質問を見る
  • 遺言書は有効であるのか?相談日:2017年06月12日

    今年2月に母が99歳で他界致しました。その時約600万円ほどの遺産がることが判明しましたが、ある日突然甥(姉の長男)の弁護士から遺言書(公証役場で作成したであろうと思われる遺言書)が届きましたが、その内容に愕然と致しました。その内容とは子(相談者)には1...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 遺言書の内容を教えられずに相続を放棄させられた場合相談日:2017年05月22日

    15年程前に祖母が亡くなった際、孫の私に遺産を残す旨の遺言書を残していたと言うのを1年程前に親族から聞きました。実家は自営業で親との折り合いが悪かった私は家業を継がないのであれば財産を放棄しろと言われその旨の書類にサインしました。

    親のものは当てに...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 遺言書に書かれている人が亡くなってるときは相談日:2017年05月18日

    私の叔母が亡くなりました、子供がいなく母[叔母より先に亡くなりました]や私にそれぞれ100万円が記載されています。
    その100万円を叔母のすべての甥姪で分割する書類が来ましたが。そうするべきなのでしょうか?生前あの子たちには何も、あげたくないから、遺言...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 遺言作成について相談日:2017年05月14日

    現在、亡父の相続で調停中です。(没後3年)
    長男と母・次男・三男(私)とで意見が対立しています。双方の主張の隔たりが大きいので審判まで長期化しそうな状況です。
    母は高齢の為、父の相続の終了まで元気でいられるか心配しており、その結果として遺言を残さなけ...

    弁護士回答数 /3回答
    質問を見る
  • 遺言無効とならないための表現相談日:2017年05月12日

    こんにちは。
    いろいろ調べてみたのですが、
    不明点があり、どうか教えてください。

    86歳のAより、遺贈の申出がありました(不動産+預貯金)。
    Aは認知症ではありませんが、遺言無効判例を多々目にしました。

    公正証書作成、医師の診断書取得、...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 第三者への遺言書相談日:2017年05月08日

    配偶者は死別・実子無しの叔父が亡くなり、叔父には兄も生存、兄の子供が後を見る予定で10年前に公正証書を作成。しかし当時の公正証書を進めた第三者Aが兄もその子供にも親族も話をせず後にAの配偶者への遺言書を叔父に作成させていた。この場合でも遺言書が優先される...

    弁護士回答数 /2回答
    質問を見る
  • 遺言から相談日:2017年03月18日

    父が亡くなり全財産は弟にという遺言が出てきて執行人から連絡がありました。弁護士に相談したら、弁護士にお金が流れるように弟さんと相談したものであろうと推測され、お父さんはそれを認めるような遺言です。と言われました。弟に入れ知恵した弁護士はそれで罰せられない...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 過去の遺書と後見人になったあとのいしょはどうなる?相談日:2017年03月15日

    数年前から同居中の叔母97歳から、昨年自筆の文書を預かりました。

    中身は、家、通帳を、甥である主人に、譲るという内容であり、本人曰く、若かった頃に、自分は、一生独身でいるので、万が一の時には所属している教会にお世話を頼もうと相談したら、役員さんたち...

    弁護士回答数 /2回答
    質問を見る

相続問題に関する法律ガイドを見る

新しく相談する


弁護士を探す