遺言書と目録について

相続
遺言書

実母が亡くなりました。弟はニートのため、母は弟の将来を心配していました。この度遺言書があり、控は弟が保存しておりました。公正証書です。全ては弟に財産を残すというものでした。目録はありません。
弟は預貯金、家屋、土地、全ては自分のものだと主張しています。
どんなものをどれぐらい残しているのかわからずに納得しなければならないのでしょうか。
また、弟は保険の受取人になっておりそれも受け取っています。(金額は教えてくれません)
そして、私には姉がおり、姉にも母は残しているのではないかと思います。なぜなら、母から私はずっと虐げられていたからです。
兄弟にどれだけ残しているのか、私には知る権利はないのでしょうか。
母からは、常々、あなたには弟の面倒やお墓(私は結婚していますし、同じお墓にははいりません)の面倒を見てほしいと言われていました。
このような理不尽なことはあるのでしょうか。
私に今できる最善のことは何でしょうか。
何卒ご教示いただけますようよろしくお願い申し上げます。

相談者(ID:20287)さん

2021年07月16日

弁護士の回答一覧

ベストアンサーに選ばれた回答
好川 久治
弁護士(ヒューマンネットワーク中村総合法律事務所)

いつ相続が発生したかにもよりますが、最近のことであれば子としての遺留分が侵害されているようです...

いつ相続が発生したかにもよりますが、最近のことであれば子としての遺留分が侵害されているようですので、2019年7月1日以降の相続なら遺留分侵害額の請求をしていくことになります。ただし、自分に遺産が残されていないことを知ってから1年以内に遺留分侵害額請求の意思表示をしなければなりません。その期限が徒過しないことを気を付けてください。また、公正証書遺言なら、お近くの公証役場で相続人であることを示す資料と本人確認資料を持参して開示請求が可能ですので、遺言を入手することが必要です。その内容から財産を調査し、生前贈与など特別な受益がないかどうかも検討のうえ、遺留分侵害額を計算し、調停を申し立てるというのが一般的な流れです。具体的な流れや遺留分の計算などは複雑ですので、弁護士に相談してください。弁護士回答の続きを読む
役に立った
1
回答した弁護士のご紹介
好川 久治
弁護士(ヒューマンネットワーク中村総合法律事務所)
住所東京都港区虎ノ門1-4-5文芸ビル8階
対応地域埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

【弁護士歴20年】【初回面談30分無料】【虎ノ門駅から徒歩1分】【休日・時間外対応可】豊富な経験と実績に裏打ちされた総合力で、適切な問題解決へと導きます。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
Icon houmu企業法務
Icon kotsujiko交通事故
Icon roudou労働問題
Icon saimu借金・債務整理
Icon saiken債権回収
この弁護士の詳細を見る
本多 芳樹
弁護士(二子玉川総合法律事務所)

ご質問の件ですが、相続人であるあなたには2年以内であれば遺留分減殺請求というものが少なくともで...

ご質問の件ですが、相続人であるあなたには2年以内であれば遺留分減殺請求というものが少なくともできますので、遺言の内容をそのまま受け入れなければいけないということはありません。
また、遺言が公正証書遺言であれば、相続人であることを戸籍謄本等で証明して公証役場で謄本をとることができるので、それを確認してください。
その他にも、他の相続人に特別受益がある場合には、それにより金額も変わりますので、一度弁護士にご相談することをお勧めします。
ご検討ください。
宜しくお願い致します。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
1
回答した弁護士のご紹介
本多 芳樹
弁護士(二子玉川総合法律事務所)
住所東京都世田谷区玉川1-9-20スタンダビル1階
対応地域埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

親身にお話をお聞きし、最善のアドバイスをご提示いたします。依頼人の方々一人一人の事情に沿った解決を心掛けております。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
Icon houmu企業法務
Icon roudou労働問題
Icon saiken債権回収
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

親からの借金の時効は無効?

10年以上前に親から借金をし、口頭で返済不要といわれたのでそのまま放置していましたが、遺言書に遺留分と相殺する記載がありました(金額は同じ)。この場合、時効にはならず遺留分受領済みとなるのでしょうか。それとも10年以上互いに督促、返済なかったので時効とな...

2
0
相談日:2020年06月28日
相続 公正証書

叔母が二ヶ月ほど前に92才で、他界しました。叔母は子供がいません、私は甥にあたります 私と同居していましたが、二年ほど前に老人施設に入居しました、住所は他界するまで 私の所に置いてありました。10年ほど前に,叔母との間には公正証書が、作成して有りましたが...

3
0
相談日:2017年08月01日
法定相続人以外に財産を渡す旨が書かれた遺言書

遺言書で法定相続人以外に財産を渡す旨が書かれていたとします。(遺留分は侵害していない)その場合、法定相続人全員が遺言書に反対すれば遺言書は無効となるのでしょうか。

3
1
相談日:2015年12月08日
遺産相続について

祖母の遺産相続についての質問です

正式な遺言書を作成しており母に全て相続させる事になっていますが 祖母は後妻で母とは養子縁組をしていないようです(祖父は他界しています)このような時 祖母かたの親族の遺留分などはどのようになりますか?

1
0
相談日:2018年01月24日
遺産相続について

兄と私の2人兄妹です
兄家族と両親は同居しています
同居している時から仲がうまくいっておらず、去年父親が亡くなり、その時も兄家族は父親の
入院先にもあまりこず、父親か亡くなってから母親と兄夫婦がうまくいかないのではと心配でした
家が欲しいから出て...

2
1
相談日:2016年12月14日
第三者への遺言書

配偶者は死別・実子無しの叔父が亡くなり、叔父には兄も生存、兄の子供が後を見る予定で10年前に公正証書を作成。しかし当時の公正証書を進めた第三者Aが兄もその子供にも親族も話をせず後にAの配偶者への遺言書を叔父に作成させていた。この場合でも遺言書が優先される...

2
0
相談日:2017年05月08日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

相続に関する法律ガイドを見る