相続放棄したが、残った預金通帳は?

相続
相続放棄

相続放棄したのですが預金通帳や印鑑があります、どうすればいいのでしょうか?

相談者(ID:)さん

2016年03月09日

弁護士の回答一覧

篠原 優太
弁護士(虎ノ門法律経済事務所福岡支店)

財産があるのにもかかわらず,相続放棄をしたときは,その財産を他の相続人に引き継ぐ必要があります...

財産があるのにもかかわらず,相続放棄をしたときは,その財産を他の相続人に引き継ぐ必要があります。
現在,他の相続人がいなくても相続放棄によって,新たな相続人が発生する場合があります。その場合,そちらに引き継いで,管理してもらいます。
相続財産を引き継ぎ,相続人が相続財産の管理を始めることができるまでは,相続放棄をした相続人が,自己の財産におけると同一の注意義務をもって,その財産の管理を継続しなければならないと定められています(民法940条)。
 相続放棄をしたにも関わらず,結構面倒な手間がかかるものです。相続人を探せなかったり,諸般の手続きが面倒すぎて,弁護士に依頼する方も多くいらっしゃいます。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
篠原 優太
弁護士(虎ノ門法律経済事務所福岡支店)
住所福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25第2岡部ビル8階D号室
対応地域

注力分野
この弁護士の詳細を見る
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)

相続放棄後、次順位の相続人のために保管しておく必要があります。全員が相続を放棄した結果最終的に...

相続放棄後、次順位の相続人のために保管しておく必要があります。全員が相続を放棄した結果最終的に相続人がいなくなった場合に、法的には、相続財産は国庫に帰属するということになりますが、その場合でも事実上通帳等は保管を継続していく、と言うことになるのでしょう。弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)
住所東京都文京区千駄木3-36-8シルバーパレス千駄木202
対応地域全国

【千駄木駅1分】親しみやすい弁護士。弁護士歴20年以上のベテランが、あなたに寄り添い納得のいく解決へと導きます。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
この弁護士の詳細を見る
過去掲載の弁護士

通帳、預金口座には触らないようにして下さい(入出金しない)。 印鑑は使えないものとして保管し...

通帳、預金口座には触らないようにして下さい(入出金しない)。
印鑑は使えないものとして保管しておくのが無難でしょう。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
1

この質問に関連する法律相談

債権の取り立て

先日質問をしたのですが言葉が足りず違う意味でとらえられたようなので。
父が亡くなってからも家の名義を父のまま変更しないでいました。先日兄が亡くなり負債が多いので相続放棄をしようと考えましたが、家の権利は私と兄に半分ずつあることから放棄しても家は売らなけ...

1
0
相談日:2019年11月25日
土地の相続放棄について

未相続の土地(建物)があり、処分を希望しています。これ以上相続人が増えない内に対応を考えています。相続登記した場合、相続人は、後に土地を手放す事=相続財産管理人手続きの申請はできるのでしょうか?

1
0
相談日:2019年04月22日
相続財産の確認方法

被相続人の財産などを全て確認したいのですが、どうやって確認すれば良いでしょうか?

2
0
相談日:2015年06月12日
相続放棄後の債権者からの意義申し立て

相続放棄が家庭裁判所で受理された後に債権者から異議申し立てをされる場合は有りますか。債権者は闇金融では無く、法に基づいた大手携帯会社です。相続放棄後に個人の債権者に執着はしないと思いますが、相続放棄の有効性も後から争う事が可能と聞いており心配しています。

1
0
相談日:2019年08月30日
相続放棄の撤回はできるか?

弁護士の皆様、質問させて頂きます。
父が亡くなり、相続人は兄と私になりました。

父には負の財産のほうが多く、私たちは相続放棄をしたのですが、後になって、父が隠していた財産が出てきて、財産のほうが多いほうが判明しました、しかし、一度相続放棄してしっ...

5
0
相談日:2014年09月10日
相続放棄が可能か

父が亡くなり今年の4月で1年が経ちます。
財産は何も無いと思っていたのですが、数日前にA県から相続人代表者指定届けが送られて来て、固定資産税を相続していることを知りました。

父は不動産業に携わっていた為、商業目的で購入した土地と思われますが、借金...

2
0
相談日:2016年02月01日
フリーワード検索で法律相談を見つける

相続に関する法律ガイドを見る