遺留分の法律相談

「遺留分」に関する法律相談Q&A一覧です。今現在あなたが直面している質問と、それに対する回答を見つけてください。緊急性が高い、問題が複雑な場合は直接弁護士に相談することをおすすめします。『初期の面談相談料無料』の弁護士も掲載していますので、ぜひお近くの地域から探してみてください。
遺留分の法律相談一覧
相続した銀行預金の引き出しについて

2016年、3月に母が亡くなりました。母は公正証書遺言を残し預金についてはすべて私が相続できるようにしてくれました。そしてその公正証書遺言を持って三井住友銀行に預金の払い戻しを請求したところ三男からも預金の払い戻し請求がでているのでダメだと言われました。...

1
0
相談日:2021年04月17日
遺留分侵害額請求に対する支払猶予期間

昨年7月に父の相続が発生し、公正証書遺言に基づき、間もなく遺言執行者の信託銀行による遺言執行が完了します。相続人は私、母、姉の3人です。 相続遺産は実勢価格で不動産が4億2千万円、金融資産が1億4千万円、合計5億6千万 円ですが、遺言での私の相続分は...

2
1
ベストアンサー
相談日:2021年02月28日
認知症の親の遺留分侵害額請求について

昨年父が102歳で亡くなり、相続人は母(96歳)、姉、私の3人です。 父は95歳の時に信託銀行による公正証書遺言書(88歳時の遺言の書き直しで、姉が深く関与していたと思われます)を作成しており、相続財産及び配分は ①不動産(4億5千万円):姉100%...

1
0
ベストアンサー
相談日:2021年02月20日
遺留分侵害額請求の成功報酬について

父が亡くなり、公正証書遺言書に基づき遺言執行が進行中です。 遺言通りの遺産分割では私の相続額は約2800万円ですが、遺留分は概算で約6000万円となります。弁護士さんに依頼して遺留分侵害額請求を行い、遺留分6000万円が得られた場合、成功報酬(例えば「...

3
0
ベストアンサー
相談日:2021年01月21日
遺留分減殺請求の時効について

相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から1年とありますが、遺言書の内容を生前に被相続人からすべて聞かされていた場合はどうなりますか? 相続開始から1年でしょうか? それとも遺言書検認手続き後から1年でしょうか?

1
0
ベストアンサー
相談日:2020年09月15日
遺留分減殺請求について

お世話になります。 遺留分減殺請求の調停申し立てを考えています。その中で相手方の配偶者が生前贈与されていた不動産がありました。相続対象以外の者(法定相続人以外)が相続開始1年以上前に生前贈与された財産は、遺留分を算定するための財産に算入できないと思いま...

1
0
相談日:2020年09月15日
遺留分減殺請求の調停中(申立人・兄)

被相続人(母 平成31年4月)相続人(兄と私)相続財産総額1000万以下 自筆遺言書(検認済) 長女に土地建物、預貯金 長男に預貯金、借金の肩代わり1000万は贈与済なのでそれ以上は望まぬ事とする。 昭和50年 兄がサラ金より総額1000...

1
1
ベストアンサー
相談日:2020年09月11日
公正証書遺言がある相続で遺留分請求を受けた時の対処は?

父が亡くなった後公正証書遺言が出てきました。 内容は母に預金、私に家と土地を全て相続させると書いてありました。 ところが兄と弟が公正証書遺言の内容は認めるが 遺留分を渡すように言ってきました。 裁判所に遺留分侵害請求をしない代わりに 遺留分に相...

3
1
ベストアンサー
相談日:2020年07月05日
遺留分減殺請求の請求される人について教えてください

遺留分減殺請求について教えてください 相続人は 長男、長女(私) 、次女、養子縁組した次女の婿です。 遺言には、 次女に全ての土地(評価額500万くらい) 次女の息子に600万円 養子縁組した次女の婿は相続させない 長男、長女は預金を...

1
2
相談日:2020年07月03日
結婚詐欺のような父の再婚相手から遺留分減殺請求をされた

再婚相手の母親がいます。籍を入れてから父名義の借金をたくさんつくり入籍してから数ヶ月後には父の前から姿を消しました。父の勤務先に男を使って嫌がらせ電話・会社押しかけて怒鳴り込みに来る等嫌がらせをしていました。父の職場は被害届を出し受理されています。その後...

3
0
ベストアンサー
相談日:2020年06月11日

弁護士に相談を投稿する方はこちら

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの相続の悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

相続に関する法律ガイドを見る