給与改定について

労働問題
不当な減給・降格・異動

給与改定について詳しい方教えてください。
賞与が多すぎるので賞与を減らし、月額を増やす給与改定すると一年ほど前に通達がありました。

それまで何度かあった会社側からの説明では年収はできるだけかわらないよう考慮するといわれていました。
が、実際月給は1万円ほどしかあがってませんでした。

すでに前年の年収よりー50万になっており、月額1万円の補てんでは前年の年収には到底届きません。

会社の業績が悪いわけでもなく、むしろ売り上げも去年より伸びているときいてました。このままですと前年より約11%ほど年収が下がってししまい、かなり生活に影響されてしまいます。
会社側からは年収が下がるとは一言もありませんでした。こういう場合は不利益変更となるのでしょうか?

相談者(ID:2483)さん

2018年09月15日

弁護士の回答一覧

藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)

詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。 1.本件労働契約法10条本文...

詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

1.本件労働契約法10条本文の問題です。本件では、子細な分析と慎重な対応が必要です。
2.周知性の有無、変更の合理性の有無について、専門的な分析が必要です。

気軽に、ということであれば(その場合も真剣な相談でお願いいたします)、労働局に相談されて下さい。法的に正確に分析されたい場合には、労働法にかなり詳しく、本件に関係した法理等にも通じた弁護士に相談し、証拠をもとにしながら具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

弊所は、ここ=ネットでは、回答を終えさせて頂き、さらなるご質問は、希望される場合にのみ、有料相談でお受けいたします。良い解決になりますよう祈念しております。クラウンズ法律事務所https://www.crownslawoffice.com
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)
住所東京都新宿区四谷4-28-20パレ・エテルネル205A
対応地域全国

債務の相談、残業代請求、解雇通知書/理由書のある解雇、怪我の労災の案件については、原則無料相談です。それ以外についてもお電話で有料無料を判断します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

試用期間中・パワハラによる減給合意の撤回について

試用期間中に能力不足を理由として約40万円の減給を求められ同意してしまいました。実際の業務ではその上司からパワハラといえる言動があり、「同意しない」という選択ができる状況ではありませんでした。
パワハラは周囲の人も気付いていましたが黙殺状態で、その後に...

1
1
相談日:2019年06月17日
解雇はしないが降格にする

お世話になります。飲食店で店長をしております。
突然、社長から「解雇にはしないが降格にする」と言われました。私が感情的になることがパワハラに値すると言われ、また、業績が悪く利益が減少していることを指摘されました。
しかしながら、店舗内でパワハラ行為は...

1
0
相談日:2020年02月05日
違法な人事異動の可能性

私は上場企業に勤める会社員で役職は係長です。
部内の上長から懲罰的な意味合いで転勤を言い渡されました。
納得出来ない旨を伝えると総務部長から面談したいとあり、話し合いしたところ、栄転の意味合いと説明されました。
真逆の意味合いなので突き詰めて質問す...

1
0
相談日:2020年07月07日
配置転換、賃金低下

現在55歳です。会社より突然の通達で勤務地の変更と仕事内容の変更、それに伴う社内の役職等級降下、それによる賃金大幅低下を言い渡されました。
社命ですので勤務地と仕事内容の変更はやむを得ないと考えていますが役職等級と賃金の大幅低下は認められるものでしょう...

2
1
相談日:2019年11月07日
就業先指示の自宅待機時の給与について

技術派遣会社に正社員として勤務してます。
派遣先からコロナ対策により自宅待機指令が出ました。派遣先から派遣元には100%の派遣料が支払われるのですが、派遣元からは60%しか払ってもらえません。これは法的に認められるのでしょうか?

また、派遣元はコ...

1
1
相談日:2020年04月17日
事務所閉鎖

組織変更の一環として、突然閉鎖の話がありました。総合職の社員は転勤を言われたが、勤務地限定採用約20年ほどの私は、転勤も出来るが関連会社への出向を強く勧められました。
労働環境は悪くなります。
なお、現状の勤務態度は問題ないと思います。
主婦ですが...

1
0
相談日:2020年01月26日
フリーワード検索で法律相談を見つける

労働問題に関する法律ガイドを見る