このケースでの労働時間は妥当ですか?

労働問題
労働審判

工場で働いて今年三年目の20歳です
うちの会社は朝8時から夕方5時までが普通の労働時間なのですが残業として夜7時までと夜10時までを二つのグループに分けてローテーションでやっています(月曜日夜7時火曜日夜10時…金曜日夜7時月曜日夜10時火曜日夜7時水曜日夜10時)1ヶ月残業平均は80時間前後です多い時多い人は100時間は越えます。(休日出勤別です)
土曜日は基本的には夕方5時で帰れて日曜日、祝日、月に一回土曜日が休日となっております。しかし基本祝日と月に一回の土曜日休みは休日出勤となり年間休日数90日なのですがおそらく60日前後くらいです。
忙しい時は土曜日祝日も残業になり日曜日出勤も稀にあります。
これは普通なのですか?

相談者(ID:)さん

2016年01月12日

弁護士の回答一覧

勝浦 敦嗣
弁護士(弁護士法人勝浦総合法律事務所)

一日8時間以上、週40時間以上の勤務は残業となりますので、割増賃金が支払われるべきです。 週...

一日8時間以上、週40時間以上の勤務は残業となりますので、割増賃金が支払われるべきです。
週6日働いている場合は、土曜日の出勤はまるまる残業としてカウントすることとなります。

詳細を具体的にお聞きしないと分かりませんが、仮に月の残業時間が80時間、月収20万円の方の場合、2年間での残業代は、概算で280万円ほどになる可能性があります。

いずれにせよ、一度、弁護士にご相談されてはいかがでしょうか。
(よろしければ、当事務所でも無料相談をお受けしております)
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
勝浦 敦嗣
弁護士(弁護士法人勝浦総合法律事務所)
住所東京都港区南青山2-6-12アヌシー青山5階
対応地域全国

大手企業法務事務所で学び、地方の弁護士も経験した「身近で頼れる弁護士」です

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon keiji刑事事件
Icon fudousan不動産トラブル
Icon kotsujiko交通事故
Icon roudou労働問題
Icon saimu借金・債務整理
Icon saiken債権回収
この弁護士の詳細を見る
藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)

なりさん 大変な長時間労働、お疲れのことと存じます。体調など大丈夫でしょうか・・・ 下...

なりさん

大変な長時間労働、お疲れのことと存じます。体調など大丈夫でしょうか・・・
下記の通りご質問に回答いたしますね。

1.「これは普通なのですか?」という点
普通ではありません、、、 過労死基準にも抵触しうるほどの残業です。安全配慮義務の観点からも、このような労働実態をとめねばなりません・・・

2.こういった状態が法違反か?
通常の三六協定の労働時間数を当然に超えています。特別条項があっても正当化されないはずです。以上の労働基準法違反に加えて、労働契約法5条違反、すなわち安全配慮義務違反も成立しえます。普通ではない時間外労働をやめさせるために労働基準監督署への告発、労働局への相談、弁護士への相談などをなさるべきです。健康を害してからでは遅いです・・・

なお、ご勤務先では、(1ヶ月単位の)変型労働時間制をとっている可能性があります。相談にあたってこの点の確認は必要となります。ただ、そうであっても、正当化されない時間外労働数だと推察されます。

3.残業代請求
これだけの残業数ですと、おそらく、かなりの残業代請求が可能である可能性が高いです。ただ、変型労働時間制の有無、給与額、適法な固定残業代支払いの有無など、軽々しく額などの判断はできないです。残業代請求をなさるご意向があれば、労働法に精通された弁護士さんに是非一度ご相談されて下さい。

良い労働環境のもとで働けますよう祈念しております。くれぐれもご自愛下さいませ。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)
住所東京都新宿区四谷4-28-20パレ・エテルネル205A
対応地域全国

債務の相談、残業代請求、解雇通知書/理由書のある解雇、怪我の労災の案件については、原則無料相談です。それ以外についてもお電話で有料無料を判断します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

給料未払い

今年の1月中旬に知人から紹介して頂き、ある土木会社に就職しました。
すると、社長や部長からの就業前出勤(2時間以上前出勤)や日勤直後の夜勤強要及び言葉による強烈なパワハラを受け、
自分は耐えられなくなり、その会社から
報告する事も無く逃げてしまいま...

1
0
相談日:2016年06月02日
手当と給料の減給

請負業務として義務していますが、2月初旬に遠方への異動の内示があり、家庭事情と地域的な立場から断りましたが、3月初旬にまた、役員から直接お話があり、部下の指導に謝りがあり、請負先から更迭の話があったので、課長職をカット、給料級を5級職から4級職へ減給する...

1
0
相談日:2016年03月24日
秘密保持契約書について

会社の雰囲気が合わず3カ月未満(53日)で前の会社を自己都合で退職してしまいました。
早期の退職という負い目もあり
退職の際に秘密保持契約書にサインしてしまいました。
契約書には
今後5年間は
”競合関係に立つ事業者及び取引先企業に就職する行為...

1
0
相談日:2016年01月20日
無断欠勤への罰則の処置に関して

無断欠勤により会社に損害を与えた従業員に対して
自社の就業規則により減給を適用しようと思っています。
その適用効力は欠勤した月からでしょうか?
給与は月末締の翌々月払いの為、前月分はまだ支払っていません。
ですので前月分から適用してもいいのでしょうか?

1
0
相談日:2016年12月24日
会社側からの一方的な契約条件の提示に対する疑問

私は税理士事務所に所属しています。

ハローワークの求人(雇用形態:正社員、未経験者は指導)を見て応募し、昨年12月に面接試験及び面談面接を受けて正社員として内定が決まりました。その際、試用期間についての説明は一切なく、また、通勤手段はどうするのかと...

1
0
相談日:2017年04月01日
突然の職務変更と減給

金曜日に会社から今後の職務の変更とそれに伴う給与の減額を言われました。今は営業職ですが、その交渉支援業務に回り年収で1200万から700万になるというものです。営業分野の市場が縮小して、そこからの収益が出ていない状況だったので、職務の変更はわかりますが、...

1
0
相談日:2016年09月18日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

労働問題に関する法律ガイドを見る