年俸の大幅減

労働問題
不当な減給・降格・異動

来年度 年俸が700万円から半額になる可能性と業務内容変更を提示されています。

これまでの業務内容と700万円で、契約したのですが、これは不当な減俸と業務内容変更にならないでしょうか?

多少の齟齬はありますが、常に申請や報告をしながら、業務を進めてきました。

相談者(ID:16005)さん

2020年02月24日

弁護士の回答一覧

藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)

お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答...

お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

1.就業規則等関連規定について、本件は、法的に正確に分析すべき事案です。素人判断は大いに危険です。
2.契約更新であれば、合意すれば、争えなくなる可能性があります。労働契約法10条本文の類推適用は難しいと思われます・・・
3.更新拒否であれば、雇止めの無効を主張して争えます。労働契約19条2号の問題です。雇用継続の合理的期待があるかどうか、採用の経緯、更新回数、更新基準、期待をもたせる言動等から、総合的に判断します。その上で、雇止めに関する客観的合理的理由の存否、社会通念上の相当性の存否の判断をします。本件では、子細な分析と慎重な対応が必要です。

納得のいかないことは徹底的に解明しましょう! 不当な扱いには断固戦いましょう! 気軽に、ということであれば(その場合も真剣な相談でお願いいたします)、労働局に相談されて下さい。よい解決になりますよう祈念しております。弁護士への直接相談・直接面談によって、良い知恵が得られる可能性が高いと思います。本相談は、ネットでのやりとりだけでは、正確な回答が難しい案件です。

弊所は、ここ=ネットでは、回答を終えさせて頂き、さらなるご質問は、希望される場合にのみ、有料相談でお受けいたします。良い解決になりますよう祈念しております。お力になりたいと思います。
クラウンズ法律事務所


弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)
住所東京都新宿区四谷4-28-20パレ・エテルネル205A
対応地域全国

債務の相談、残業代請求、解雇通知書/理由書のある解雇、怪我の労災の案件については、原則無料相談です。それ以外についてもお電話で有料無料を判断します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

給与に関して

私はある会社(A社)の契約社員として入社しました。そこは営業代行の会社なのでインセンティブで稼ぐには契約社員として時給で働いた方が固定給よりも稼げるので最初の6ケ月は全員契約社員としての入社となると聞いていました。その後、固定給が良ければ正社員として半年...

1
0
相談日:2019年01月17日
コロナで時短営業になる以前の固定シフト制の変更保留について。

大手で働いています。
アルバイトですが、固定シフトをフルタイムに変更した方が良いとのことでらコロナの影響で時短にされる前に提出した変更届を保留にされました。
フルタイムの固定シフトだと、自宅待機でもお給料が保証されるのですが、3月半ばに出した変更届が...

1
0
相談日:2020年04月20日
賃金の大幅な減額について

生命保険の営業職をしています。入社時に毎月手数料を100万獲得することを目標として期待するので600万(固定給)の年収を提示され昨年10月入社しました。入社時の労働契約書には、こうした目標の具体的な記載はなかったと思います。しかし4ヶ月の実績は毎月約20...

3
0
相談日:2020年04月15日
労働条件通知書が誤記で賞与が大幅に下がります。

労働条件通知書の賞与額が誤記で大幅に下がることがわかりました。

私は、昨年10月に転職致しました。転職にあたって労働条件通知書の記載内容を基に転職しました。労働条件通知書には、2017年度ベースで詳細に賞与金額も書いてあり、それと給与を足した年収ま...

1
0
相談日:2018年04月27日
納得のいかない降格

私はダンサー兼講師です。ダンススタジオの代表を任されています。

昔から、オーナーに対し不振な点が多々ありそれについて追求した際に、全く納得出来ない返信だった為「このままじゃ私は納得できません」と伝えたら、「無教養の人は私から離れて行きますね。」と私...

1
0
相談日:2018年08月29日
試用期間中・パワハラによる減給合意の撤回について

試用期間中に能力不足を理由として約40万円の減給を求められ同意してしまいました。実際の業務ではその上司からパワハラといえる言動があり、「同意しない」という選択ができる状況ではありませんでした。
パワハラは周囲の人も気付いていましたが黙殺状態で、その後に...

1
1
相談日:2019年06月17日
フリーワード検索で法律相談を見つける

労働問題に関する法律ガイドを見る