休職中の社会保険料と解雇ついて

2017年05月16日あちこち

昨年秋から鬱病のため休職中です。当初、直属の上司に退職の意向を伝えましたが退職を引き留められました。精神的に人と話をすることもできない状態だった為、そのまま休職に入りました。
それから日が経ち、二週間ほど前、GW直前に上司から電話があり、社保が未払いだと本社から通知がきたとの内容でした。約半年にして三十万を超える請求です。またそれと同時に六月半ばをもって解雇とも告げられました。
本社に連絡をすれば、毎月通達はしているとの一点張りでしたが、私のところには一切連絡はきていませんでした。
最初は退職を引き留められたのに今になっての解雇通知、それに多額の請求をされてしまいどうしていいかわかりません。

回答一覧

  • 回答日:2017年05月17日
    回答弁護士
    藤川 久昭 弁護士
    対応地域

    全国

    回答いたします|クラウンズ法律事務所

    お気持ちお察いたします、、、

    休職期間満了を理由とする解雇・自動退職なら、その有効性を争う方法はあります。本件では、ご病状、就業規則の規定、これまでの会社側の対応(復職措置・支援)、労働者側の協力等について、直接面談で、詳細にお伺いする必要があります。

    保険料は支払義務があります。が、弁護士が介入して、減額・分割支払等の交渉に乗り出すことは可能です。
    解雇通知書はありますか? まだ解雇と確定していない可能性があります。弁護士が交渉する可能性があります。
    労災の申請についての検討も必要です。
    当職は、これらの交渉・申請について、経験があります。

    法的責任をきちんと追及されたい場合には、労働法にかなり詳しく、休職法理、解雇権濫用法理、安全配慮義務法理にも通じた弁護士に、有料であっても相談に行かれて、法的に正確に分析してもらい、今後の対応を検討するべきです。

    クラウンズ法律事務所https://www.crownslawoffice.com
    ※弊所は、解雇通知書の有る解雇など、明確に解雇と言える案件は、面談無料です。

    より詳細なアドバイスをご希望の場合は、直接問い合わせください。

    05035191880

    営業時間:10:00〜22:00(月曜/火曜/水曜/木曜/金曜/土曜/日曜/祝日)
    年中無休

    メールで問い合わせする

    ※現在は営業時間中です。

労働問題問題に関する法律ガイドを見る

弁護士を探す