降格による減給について

労働問題
不当な減給・降格・異動

現在の会社に勤めて、約1年半になります(東証1部企業の子会社)。昨年9月グループ内の同業種で統合がありました。現在、報酬規定については、旧社のままです。統合の際、転職時と違う職種に配置され、5月に昇給、今年7月に組織改訂があり、8月に新会社の役職(上級管理職ではありません)降格があり、昨日減給提示がありました。月の基本給は10%以上の減給し、今年度のみ調整給があり、5月の月額基本給より、約6%の減給となりました。ちなみ旧社の報酬規定によるそうです。以上になります。今回の件が法的に許されるのかどうか、どのように対応したは良いか相談したくメールした次第です。

相談者(ID:18737)さん

2020年08月16日

弁護士の回答一覧

藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)

お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答は...

お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答はできるところだけ対応いたします。

1.役職についての降格については、使用者の裁量が広く認められます。就業規則等関連規定についても、本件は、法的に正確に分析すべき事案です。素人判断は大いに危険です。
2.降格に基づく賃金減額も正当化される可能性があります。本件は、調整給もついてるので、なおさらです・・・

ただ、何らかの手立てはあるかもしれません。過去の裁判例に照らした、専門的な判断が必要です。どうしても不安であれば弁護士等に、ネットではなく直接相談されるのが良いと思われます。

納得のいかないことは徹底的に解明しましょう! 弊所は、ここ=ネットでは、回答を終えさせて頂き、さらなるご質問は、希望される場合にのみ、有料相談でお受けいたします。お力になりたいと思います。不当な扱いには負けないで!

クラウンズ法律事務所弁護士 藤川久昭
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)
住所東京都新宿区四谷4-28-20パレ・エテルネル205A
対応地域全国

債務の相談、残業代請求、解雇通知書/理由書のある解雇、怪我の労災の案件については、原則無料相談です。それ以外についてもお電話で有料無料を判断します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

能力不足を理由とした減給について。対応策を教えてください。

夫が減給の方針であると上司からプライベートな場で話がありました。
夫は2019年1月までIT関連の仕事をしていましたが、今後は経理職を志し、経理職に無事に転職しました。転職にはエージェントを利用しました。未経験可の経理求人として応募し、採用となりました...

1
0
相談日:2020年08月17日
不当に雇用契約 変更

57歳 男性 一部上場 企業 勤務。
54歳で ヘッドハンティングによる転職。

2016年4月 雇用契約取り交わし正社員として入社。
2018年3月末、一方的に 契約見直し 役職待遇降格 減給を 言い渡される。その際、不服を申立て合意せず。
...

1
1
相談日:2019年09月15日
退職に伴う給与精算について

退職に伴い給与の精算がありましたが、不明点あり質問させて頂きます。
【状況及び経緯】
・給与は、当月締め当月払い
・2020年2月給与:本給528,000円
・2020年2月は、病気のため、病気欠勤していたので、上記本給528,000円はマイナス...

1
0
相談日:2020年03月25日
労働条件通知書が誤記で賞与が大幅に下がります。

労働条件通知書の賞与額が誤記で大幅に下がることがわかりました。

私は、昨年10月に転職致しました。転職にあたって労働条件通知書の記載内容を基に転職しました。労働条件通知書には、2017年度ベースで詳細に賞与金額も書いてあり、それと給与を足した年収ま...

1
0
相談日:2018年04月27日
会社都合の減給

会社の経営難という理由で、一方的に半額以上の減給を通告されました。それに応じられないなら退職をと。今転職出来ない理由があり、この通告を受け入れなければなりませんが生活が成り立ちません。法律的に対処する方法はありますか?

1
1
相談日:2019年08月09日
労働問題、パワハラについて

保険の代理店をしていますが、ミーティングで社長に、今後の募集人の手取りに関わるかもしれない質問をした事がきっかけで、ここ1ヶ月の間に今後研修にもミーティングにもでるな、減給処分にする、契約期間満了で雇い止めにすると言われました。何でそうなるのか聞いても、...

1
0
相談日:2020年10月19日
フリーワード検索で法律相談を見つける

労働問題に関する法律ガイドを見る