基本給の減額

労働問題
不当な減給・降格・異動

2019年4月に吸収合併により、転籍しました。
転籍に際し、労働条件通知書にて給与等労働条件を確認の上、同意書に署名し転籍しましたが、先方、給与の内枠の変更をされた給与通知書を渡されました。総支給額は同じですが、基本給が26000円下げられ、その分をみなし残業代と調整手当、通勤手当に振り分けられていました。
賞与、退職金等の算定の元となる基本給を下げられており納得できません。この通知書は受け入れねばなりませんか?

相談者(ID:)さん

2020年01月08日

弁護士の回答一覧

藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)

お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答は...

お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答はできるところだけ対応いたします。

本件では、転籍同意書の内容について解明すべきです。解明のためには、客観的証拠が不可欠です。同意していれば争えない可能性も十分にあります。

気軽に、ということであれば(その場合も真剣な相談でお願いいたします)、労働局に相談されて下さい。法的に正確に分析されたい場合には、労働法にかなり詳しく、上記に関連した法理等にも通じた弁護士等に相談し、証拠をもとにしながら具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

弊所は、ここ=ネットでは、回答を終えさせて頂き、さらなるご質問は、希望される場合にのみ、有料相談でお受けいたします。どうしても不安であれば弁護士等に、ネットではなく直接相談されるのが良いと思われます。お力になりたいと思います。

弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)
住所東京都新宿区四谷4-28-20パレ・エテルネル205A
対応地域全国

債務の相談、残業代請求、解雇通知書/理由書のある解雇、怪我の労災の案件については、原則無料相談です。それ以外についてもお電話で有料無料を判断します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

減給及び降格について

6月末に上司、社長に呼び出され8月からの異動と
降格を命じられました。
労働相談ダイヤルなどでも聞きましたが、就業規則に則られていれば仕方ないことだとの返答でした。

この異動により、責任者から外れた為、
基本給1万円、手当14万円がカットされ...

1
0
相談日:2020年09月28日
給与減額について

会社から給与規程の改定により、来月から月額固定給が大幅に減額になる旨、総務担当から話がありました。減額理由は規程の改定に伴い毎月定額支給されていた支給項目の一つが廃止となり、その部分の支給金額が5万円以上も減額となります。当然ながら納得できない為、会社側...

1
0
相談日:2020年03月15日
不当に雇用契約 変更

57歳 男性 一部上場 企業 勤務。
54歳で ヘッドハンティングによる転職。

2016年4月 雇用契約取り交わし正社員として入社。
2018年3月末、一方的に 契約見直し 役職待遇降格 減給を 言い渡される。その際、不服を申立て合意せず。
...

1
1
相談日:2019年09月15日
退職に伴う給与精算について

退職に伴い給与の精算がありましたが、不明点あり質問させて頂きます。
【状況及び経緯】
・給与は、当月締め当月払い
・2020年2月給与:本給528,000円
・2020年2月は、病気のため、病気欠勤していたので、上記本給528,000円はマイナス...

1
0
相談日:2020年03月25日
定年後の賃金引下げの合理性(同一労働同一賃金の問題)

大企業に分類される団体に勤務するものです。2020年3月31日に退職し、同4月1日付で嘱託職員として再任用されています。2020年3月まではラインの部長として任用されており、年棒は手当込みで約1200万円でした。4月からは嘱託職員となったものの人材不足か...

1
0
相談日:2020年10月30日
配置転換、賃金低下

現在55歳です。会社より突然の通達で勤務地の変更と仕事内容の変更、それに伴う社内の役職等級降下、それによる賃金大幅低下を言い渡されました。
社命ですので勤務地と仕事内容の変更はやむを得ないと考えていますが役職等級と賃金の大幅低下は認められるものでしょう...

2
1
相談日:2019年11月07日
フリーワード検索で法律相談を見つける

労働問題に関する法律ガイドを見る