遺留分減殺請求の交渉期間の目安等

相続
遺留分

代理人弁護士名で遺留分減殺請求後、相手方代理人から遺産の一覧表(詳細な内容だが財産目録かどうかは不明)が送られてきましたが、当方の代理人は相手方代理人からのその内容を裏付ける資料の提示を待つということで何も進展がないまま半年近く経っています(こちらから当方代理人に電話やメールで進展がないかは都度聞いており、こちらの要請でした面談の際にも伺ったがはっきりせず、結局進展なしとのこと)。他の弁護士にセカンドオピニオンを受けたところ、「待っている意味がわからない、財産調査と調停を同時に進めるべき」と言われました。こちらとしては調停等に進めず、交渉での解決を希望しており、相手方もその意向なのですが、このまま当方代理人に交渉を任せていて大丈夫でしょうか(これから相手方に資料提示を催促するとは言っています)。また、遺産の内容が不動産のみではなく価額代償が可能な預貯金等のあるもので、相手方も裁判外で解決したいと言っているケースでは、通常どのような交渉、手続き、期間を要することとなるのでしょうか。

相談者(ID:)さん

2016年03月01日

弁護士の回答一覧

北 周士
弁護士(北・長谷見法律事務所)

調停や裁判ではなく、裁判外で穏便に解決したいというお気持ちはよくわかります。 しかしながら、...

調停や裁判ではなく、裁判外で穏便に解決したいというお気持ちはよくわかります。
しかしながら、任意の交渉でできることには弁護士側も限界があり、既に半年近く何らの進展もない状況とのことですから、
調停の申立てを選択肢に入れる時期だと考えます。遺留分減殺請求は、相手方が一度は受領した財産ということもあり、任意に応じにくい類型でもあります。
裁判外での請求がどのように進むかはまさにケースバイケースであり、何とも言えません。
相手方に対し、2週間以内に回答しないようであれば、調停の申立てをせざるを得ないという連絡をしてみるところから始めてはいかがでしょう。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
北 周士
弁護士(北・長谷見法律事務所)
住所東京都千代田区平河町2-16-6JeVビル3階
対応地域

注力分野
この弁護士の詳細を見る
過去掲載の弁護士

交渉事ですから、相手もありますので、期間を限定することは難しいかもしれません。 しかしながら...

交渉事ですから、相手もありますので、期間を限定することは難しいかもしれません。
しかしながら、すでに半年近く経過しているとのことですから、ご質問者側もできる限りの遺産調査と、どのような分割方法が考えられるのか検討し、先方に提案するか、もしくは、先方の考えている分割方法を提案してもらうことなど解決に向けた努力をする必要があるように思われます。双方が示談での解決を望んでいるということであれば、一度双方から解決に向けた分割方法の摺合せに向けて協議する機会を持たれてもよいのではないかと考えられます。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)

格別争うということではなく調停の場で争点を明確にして解決を図る、と言う趣旨で調停申立にすべきで...

格別争うということではなく調停の場で争点を明確にして解決を図る、と言う趣旨で調停申立にすべきでしょう。通常であれば既に終了していたかもしれません。申し立てれば1か月くらい後で第1回期日があり、その後ほぼ1か月間隔で調停期日が指定されることになります。弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)
住所東京都文京区千駄木3-36-8シルバーパレス千駄木202
対応地域全国

【千駄木駅1分】親しみやすい弁護士。弁護士歴20年以上のベテランが、あなたに寄り添い納得のいく解決へと導きます。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
この弁護士の詳細を見る
過去掲載の弁護士

「待っている意味がわからない、財産調査と調停を同時に進めるべき」と言われました。  その...

「待っている意味がわからない、財産調査と調停を同時に進めるべき」と言われました。

 そのように思います。

こちらとしては調停等に進めず、交渉での解決を希望しており、相手方もその意向なのですが、このまま当方代理人に交渉を任せていて大丈夫でしょうか

 あなたの方針でそのようにされていたのでしょう。そのまま継続して交渉するか(それでも財産調査はすべきでしょう)、それとも調停申立の準備をするかあなたが決めて要望すべきです。

また、遺産の内容が不動産のみではなく価額代償が可能な預貯金等のあるもので、相手方も裁判外で解決したいと言っているケースでは、通常どのような交渉、手続き、期間を要することとなるのでしょうか。

 通常はあたなの側で調べられることは全て調べて、調停申立もできるような状態にしておいて、更に財産開示を求め十分な開示が得られないと分かったら直ちに調停申立を行うことが多いと思います。2,3か月で十分な開示がなければ、直ちに調停申立をすべきです。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0

この質問に関連する法律相談

公正証書遺言と遺留分と特別受益

父が亡くなったあと公正証書遺言があることが発覚し中身を確認すると、遺産を長男に全て相続される内容が記載されていました。このばあいでも遺留分はもらうことがてきるのでしょうか?
また、公正証書があって特別受益を主張して遺留分以上を相続することは可能でしょうか?

5
2
相談日:2014年03月27日
公正証書の効力(遺留分減殺請求をした場合)

よろしくお願いします。

相続人は、兄と私の二人で、公正証書ですべて長男にとあります。
この場合、私の遺留分はいくらあるのでしょうか。遺留分の宣言をすれば、公正証書の効力はどうなるのですか

3
0
相談日:2016年02月02日
相続人に異母兄弟がおり、その遺留分はどうなるのでしょうか。

父の現妻の子です。連れ子ではありません。

父が前妻の子には相続させないと言っており遺言を書きました。ただ、色々調べていくなかで遺留分という存在を知り、通常は法定相続分の二分の一だと思うのですが、異母兄弟の場合も違わないのでしょうか。

ちなみに...

3
0
相談日:2014年01月17日
納税猶予(生産緑地)適用時の遺留分の評価方法

複数の相続人がいるケースで相続人1人(A)が生産緑地を農業投資額で評価し標記猶予を受けると、他の相続人(B,C)(生産緑地の相続はなく、宅地等の財産のみ相続)の税額も低減されます(資産全体の評価額が低減するために)。相続人Aの相続額が多く、他の相続人の遺...

1
0
相談日:2016年05月28日
相続の範囲

私は(78歳男性(E))、両親は他界、兄弟姉妹7人、兄A,B、Dは他界、姉Aは他界、今回姉B(90歳)(介護付ホ-ム)が他界しました。(H29・10・7)姉Bは独身で結婚歴はありません。
H26年12月から、兄Dの妻・姪(後見人)が、姉B(国家国民共済...

1
0
相談日:2017年12月05日
死亡後の預金引き出し

父が死に 母と姉と私がいます。死ぬ一年前、遺言書を作成後から50万以上ずつ だいたい1ヶ月おきくらいに引き出しています。入院費とかではありません。

さらになくなった日と次の日に300万ほど引き出しています。

このなくなった日と次の日の文につい...

2
0
相談日:2016年10月19日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

相続に関する法律ガイドを見る