遺言書の内容を撤回

相続
遺言書

先日、認知症で入院中の祖母の身辺を片付けていたら公正証書の遺言を発見しました。

その内容というのが、「現金・預金の半分を募金団体に寄付する」というものでした。

法定相続人は父一人だけで、祖母は父と血はつながっておらず亡くなった祖父との再婚相手(養子縁組済)となります。

祖父が亡くなった時も、相続財産は祖母に独り占めされており、父はほとんど受け取っていません。

更に、私の父と母に対して、散々いじめや悪態を行っており、今回の遺言の内容も父に渡したくないという意図が見えており、何とか寄付を防ぎたいと思っているのですが、法定手続きを取れば、遺言の内容を撤回することはできるのでしょうか?

相談者(ID:)さん

2014年09月03日

弁護士の回答一覧

大貫 憲介
弁護士(さつき法律事務所)

遺言の撤回は、ご本人でなければできません。成年後見人でも無理です。 残念ながら、それ以外に撤...

遺言の撤回は、ご本人でなければできません。成年後見人でも無理です。
残念ながら、それ以外に撤回の方法はありません。
なお、公正証書遺言作成時に、既に認知症が進行していれば、遺言が無効である可能性はあります。
遺言作成時の認知症の程度について、主治医に確認されるのがよいと思います。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
大貫 憲介
弁護士(さつき法律事務所)
住所東京都新宿区神楽坂3-2神楽坂Kビル7階
対応地域全国

離婚、相続、国際離婚、親権等家族法、一般民事、刑事、入管、その他、幅広い分野を扱っています。 英語、中国語、韓国語、比語、タイ語の多言語対応の事務所です。依頼者に寄り添い、ベストな解決を目指します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)

遺言は遺言者本人だけが新たな遺言をすることができるだけです。とりあえず今後どうすればいいかにつ...

遺言は遺言者本人だけが新たな遺言をすることができるだけです。とりあえず今後どうすればいいかについて弁護士に相談してみたほうがいいのかと思います(遺言書の具体的な記載内容の法的検討も必要です)。弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)
住所東京都文京区千駄木3-36-8シルバーパレス千駄木202
対応地域全国

【千駄木駅1分】親しみやすい弁護士。弁護士歴20年以上のベテランが、あなたに寄り添い納得のいく解決へと導きます。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

遺言の有効性に疑義があり、遺言執行の停を停止したい

父の公正証書遺言書に基づき、信託銀行が遺言執行者として遺言を執行中です。父が95才の時に、85才で書いた遺言書を書き換えたため、他の相続人による誘導が疑われます。父の遺言能力に疑義がある事を理由として、遺言執行を止める事は出来るでしょうか。因みに遺言無効...

3
3
相談日:2021年01月19日
確実に、公正証書を執行せず、ないものとして、遺産分割をする方法としてはいけないことを知りたいです。

よろしくお願いします。

兄が、遺言書により父の財産は、すべて自分のものであるが、父の車の名義を、保険が切れたままのっているので、名義を変更してもいいかと何度も承認を取ろうとしてきます。

先ほど、司法書士のところに一緒に行って、手続きしてもらう...

1
0
相談日:2016年02月02日
遺言書は有効であるのか?

今年2月に母が99歳で他界致しました。その時約600万円ほどの遺産がることが判明しましたが、ある日突然甥(姉の長男)の弁護士から遺言書(公証役場で作成したであろうと思われる遺言書)が届きましたが、その内容に愕然と致しました。その内容とは子(相談者)には1...

1
0
相談日:2017年06月12日
遺言書の保管場所について

相続人は3人(妻、息子、娘)です。
遺産争いはしてほしくないので自筆証書遺言を作成しました。
法定相続分通りに相続するようにという内容です。

自宅に保管していると現在の遺言書を処分されたり
書き換えられたりする可能性があるという話を聞きました...

3
0
相談日:2013年12月24日
直筆遺言状不備でしょうか。

沢山の、回答ありがとうこざいました。 
遺言状、の遺贈者の欄に、名前だけで住所が入っていないと不備を指摘されました、遺言執行出来ないのでしようか。宜しくお願い致します。

2
0
相談日:2016年03月24日
第三者への遺言書

配偶者は死別・実子無しの叔父が亡くなり、叔父には兄も生存、兄の子供が後を見る予定で10年前に公正証書を作成。しかし当時の公正証書を進めた第三者Aが兄もその子供にも親族も話をせず後にAの配偶者への遺言書を叔父に作成させていた。この場合でも遺言書が優先される...

2
0
相談日:2017年05月08日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

相続に関する法律ガイドを見る