過失割合についつあ

交通事故
過失割合

一昨日の夕方事故に遭いました。私は信号待ちしてる時に相手側の車が郵便局の駐車場からバックしてきてぶつかりました。
助手席側のフロントバンパーから車体の一部がへこんでいます。相手側の主張はちゃんとうしろを見てバックしたと言い張るので警察を呼びお互い警察官にどういう状況だったかを話あとはお互いの保険会社に連絡して双方の保険会社同士で話してくださいとの事でした。私は任意保険が切れていて未加入の状態です。相手側の保険会社から連絡が来てお互いの話がくいちがっていてその現場の郵便局に個人で連絡しましたが必ず映っているかわからないし一般の方には防犯カメラは見せられないと言われました。私の車には同乗者が二人乗っていましたが私と同じ言い分でした。相手側の保険会社の担当から過失割合の提示を保留している状況です。どうするべきでしょうか?

楓さん

2019年05月09日

弁護士の回答一覧

依田 敏泰
弁護士(池袋中央法律事務所)

郵便局の防犯カメラに事故の際の状況が映されている可能性が高いのであれば、裁判所に証拠保全の申し...

郵便局の防犯カメラに事故の際の状況が映されている可能性が高いのであれば、裁判所に証拠保全の申し立てをしてみるという手があります。
正直申し上げて、私もそのような方法があることは全く思いもよらなかったのですが、私の依頼者の相手方が、裁判所に証拠保全をして防犯カメラ映像を入手したという案件に当たりました。
しかし、防犯カメラの映像は、短期間のうちに消去されてしまいますので、あまりのんびりしていることはできません。郵便局に大体どの程度映像が残されているのかを聞いたうえで、急いで法律事務所に証拠保全についてご相談するとよいでしょう。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
依田 敏泰
弁護士(池袋中央法律事務所)
住所東京都豊島区西池袋5-1-6第2矢島ビル4階A室
対応地域茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 静岡県

依頼者様が納得いく解決をもたらすサポートを心掛けています

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
Icon kotsujiko交通事故
Icon shohisha消費者被害
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

車と二輪車(250cc)の事故

私が二輪車で相手が車です
四車線の道路左足二車線目を走行中に路肩に駐車していた車が急発進し、私の走る車線に入ってこようとしました。
急ブレーキをかけたためスリップし滑走後車と衝突
向こうは車の右側に軽い擦り傷
私は全治2週間の打撲と診断されました...

1
0
相談日:2016年03月10日
急ブレーキ禁止違反の過失割合

軽自動車同士の事故です。

昨日衝突事故を起こしてしまいました。片側1車線の道路です。

原因は前の車が犬の死骸にびっくりして急ブレーキを踏んでしまい私も、気づき直ぐにブレーキしましたが間に合わず追突してしまいました。

警察は車間距離を車5...

1
0
相談日:2015年01月01日
赤信号→青信号になり発進したがエンストし、後続車に追突された。

250ccのバイクに乗っています。

赤信号→青信号になり発進したがアクセルのふかしが足りなくエンストし、後続車に追突されました。
過失割合は、バイク側は0という認識でよろしいでしょうか。

2
0
相談日:2015年08月13日
四輪同士の衝突事故

家の幅員2.5mの私道からバックで車を出したら幅員4m公道を走ってきた車の右前輪ホイールおよび右フェンダーと右運転席側のドアヒンジ部分にトラッの右角が衝突し双方が停車した場合の過失割合をお聞きしたい。

1
0
相談日:2016年10月17日
弁護士特約はいつ頃使えばいいのでしょうか?

優先道路を走行中、一旦停止無視の車に衝突されました。
私の車は廃車(新車3年目)です。私自身、頚椎捻挫、腰痛症、下顎打撲にて通院中です。子ども(4歳)も乗車してましたが、幸い怪我はありません。
相手方から損害賠償の計算額、事故の割合(まだ確定ではあり...

1
0
相談日:2016年06月24日
過失割合が5:5の場合の損害補填

事故にあい全治三週間と診断されました。過失割合は5:5とのことです。この場合は慰謝料や休業損害は請求出来ないのでしょうか?

2
0
相談日:2014年04月28日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

交通事故に関する法律ガイドを見る