ぶつかっていない事故の場合

交通事故
加害者


運転初心者です。

衝突のない事故で、罪に問われることはあるのでしょうか。

昨日、運転中に危うく別の車に衝突しかけてしまいました。

過失は私にあります。見通しの悪い道路を右折しようとした際、左の確認が甘く、直進する車とぶつかりそうになってしまいました。
車同士、ガードレール等の衝突音は無く、わたくしの車にも傷はありませんでした。

相手には「怪我はありませんか、ぶつかってはいませんか」と謝罪しながら確認しました。
相手は怒鳴りながら、「ぶつかったらどうするんだ。気を付けろ」と言って、去って行きました。

ぶつかったらどうするんだ、と言われたことと、あまりの剣幕に怖くて動けなくなってしまったため、確実に衝突はしていないと思い、相手の車の傷の有無などを確認できませんでした。

不安になりインターネット等で調べると、「非接触事故」として警察から出頭命令がくるとの情報がありました。

相手には一切連絡先を伝えていません。ですが、相手の車に傷があった、相手がどこか怪我をした場合、出頭命令がくるのでしょうか。

相手がスピードを出していたとはいえど、完全に私が悪く、現在も猛省しております。
もちろん警察には包み隠さずお話するつもりですが、ご相談に乗っていただきたいです。


相談者(ID:15159)さん

2020年01月27日

弁護士の回答一覧

渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)

その時点で事故扱いになってないのであれば今後何もないのかとは思いますが、近時はドライブレコーダ...

その時点で事故扱いになってないのであれば今後何もないのかとは思いますが、近時はドライブレコーダーの記録から、ということも想定されます。ただお書きの状況からはそこまではないのかなという気はします。弁護士回答の続きを読む
役に立った
4
回答した弁護士のご紹介
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)
住所東京都文京区千駄木3-36-8シルバーパレス千駄木202
対応地域全国

【千駄木駅1分】親しみやすい弁護士。弁護士歴20年以上のベテランが、あなたに寄り添い納得のいく解決へと導きます。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

(2)交通事故刑事罰について

一度相談させて頂きました。
回答頂いた弁護士の方々、ありがとうございました。もう一度再度ご相談です。
この時交差点見落としでスピード超過が著しい場合は、略式以上の刑罰になるのでしょうか?
自身スピードをあまり覚えておらず、超過していたように思います...

2
0
相談日:2014年05月01日
事故の加害者で、先方からの脅し・脅迫について

交通事故の加害者です。信号で止まってる車に追突しました。私は無保険でした。現金がないので分割でとお願いしました。

伺いたい事は、先方の保険代理店の方から、金がないならサラ金でも何処かでも金借りてくるのが筋だろ!と言われました。又裁判で会社務めなら給...

1
0
相談日:2016年03月28日
飲酒(酒気及び)で死亡事故、執行猶予はあり得ますか?

飲酒運転で歩きの高齢者(被害者さんも酔っ払いみたいでした)を轢いて死亡事故を起こしました。
在宅調べなので釈放されてから自宅にいます。
警察の取り調べ、実況検分はやっています。
任意保険に入ってなくて、自賠責保険だけです。
遺族様とは示談は出来て...

1
1
相談日:2020年04月12日
慰謝料は加害者も請求できる?

慰謝料とは、心理的に受けたダメージなので、加害者でも請求する事は、可能ですか?

加害者:自転車、右鎖骨遠位端骨折のみで、自転車の破損なし
被害者:仕事中の車、おそらく左側面にキズがあるもよう(現場検証時にでも警察に確認する予定)外傷なし、事故後、...

2
0
相談日:2013年10月08日
交通事故加害者の前科

夫が交通事故を起こしてしまいました。
仕事は運送業で、確定ではありませんが
夫曰くほぼ失業してしまうだろうとのことでした。

原因は、夫の居眠り運転なのですが
幸いなことに、被害者の方は骨折などは無く
打撲、擦り傷など比較的軽傷だったようです...

2
0
相談日:2013年11月20日
交通事故の件で、警察に弁護士との相談を薦められました

昨日、交通事故を起こしました。私は加害者となっています。

【事故内容】
私の前を走る被害者の車が低速で走っていたことに腹を立て、後部に接近する運転をする。片道一車線の白点線部に入り、追い越しに入る。追い越す際に擦り傷が出来たものと思われる。(自覚...

1
0
相談日:2013年09月16日
フリーワード検索で法律相談を見つける

交通事故に関する法律ガイドを見る