交通事故問題を弁護士に電話で無料相談できるサイト一覧

( 1件 )
分かりやすさ
役に立った
この記事を評価する
この記事を評価しませんか?
分かりやすさ
役に立った
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
交通事故問題を弁護士に電話で無料相談できるサイト一覧
注目

交通事故でご相談がある方

損害賠償・後遺障害・過失割合など交通事故問題の解決が得意な弁護士を24時間どこでも探すことができます。

無料相談土日休日対応など条件検索で、あなたにぴったりな弁護士を探せる。メール相談は24時間送信可能です。

最寄りから交通事故問題の得意な弁護士を探す
北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形
関東 茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部 新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知三重
関西 滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

この記事では交通事故問題を電話で弁護士に相談できる無料相談先をご紹介しています。

あなたが不利益を被らないように、ご自身の状況に合わせて相談先を選び、今後の対応について検討しましょう。

交通事故問題が得意な弁護士に電話無料相談しよう

『あなたの弁護士』には、交通事故問題が得意な弁護士を掲載しています。

その中で『電話相談が可能』『初回の相談料が無料』の弁護士も掲載していますので、ぜひお近くのエリアから探してみてください。

『電話相談が可能』『初回の相談料が無料』の弁護士は以下のアイコンが設置されています。

スマートフォンでの表示

スマートフォンでの表示

PCでの表示

PCでの表示

電話相談を受け付けている機関

当サイトに限らず、交通事故問題の電話相談を受け付けている機関がありますのでご紹介します。

日弁連交通事故相談センター

日弁連交通事故相談センターは、全国に相談所を構えており、弁護士に無料相談をすることができる公益財団法人です。運営費に関しては寄付金でまかない、利益の追求を目的としない公益財団法人です。

面談による相談が基本ですが、電話での相談も受け付けています。交通事故に精通した弁護士に相談できますので、ぜひお近くの相談所を探してみてください。

日弁連交通事故相談センター

交通事故被害者ホットライン

交通事故被害者ホットラインは、独立行政法人自動車事故対策機構 NASVAが運営している相談窓口です。自動車事故の防止、被害者を援護する目的で運営されています。

受付時間は土日祝日・年末年始を除いた9時から17時までとなっています。

交通事故被害者ホットライン

交通事故紛争処理センター

交通事故紛争処理センターは、被害者と加害者の間に立って法律相談、和解あっ旋を無料で行ってくれる公益財団法人です。

あくまでも和解の斡旋を目的としてますので、交通事故紛争処理センターでは行えない業務もあります。詳しくはホームページをチェックしてみてください。

交通事故紛争処理センター

交通事故で弁護士に無料相談する際のよくある疑問

弁護士費用はどのくらいかかる?

交通事故問題を弁護士に依頼した場合にかかる費用相場をご紹介します。

主にかかる費用の内訳は基本的に、相談料、着手金、報酬金の3つ。相談料、着手金に関しては無料としている事務所も多いようです。

依頼する内容や法律事務所ごとに金額は変わってきますが、それぞれの費用相場は以下のとおりです。

示談交渉の相場

【示談交渉】

着手金

報酬金

着手金あり

10~20万円

報酬額の10~20%

着手金なし

無料

報酬額の20~30%

裁判の相場

【裁判】

着手金

報酬金

着手金あり(経済利益額0~300万円)

経済利益額の8%

経済利益額の16%

着手金あり(経済利益額300~3,000万円)

9万円+経済利益額の5%

18万円+経済利益額の10%

着手金あり(経済利益額3,000万円~3億円)

69万円+経済利益額の3%

138万円+経済利益額の6%

着手金あり(経済利益額3億円以上)

369万円+経済利益額の2%

738万円+経済利益額の4%

着手金なし

無料

20万円+報酬額の10%

【関連記事】交通事故にかかる弁護士費用の相場|費用の節約法と依頼先を選ぶコツ

弁護士に相談した方がいいときの判断基準は?

基本的に弁護士に依頼すれば慰謝料の増額が見込めます。しかし、弁護士費用を払ってマイナスになってしまっては意味がありません。

  • ご自身が怪我を負い半年以上の入通院実績がある
  • 後遺障害に認定される可能性がある
  • 自動車保険の弁護士費用特約に加入している

この3つの中でどれかに当てはまる場合は、弁護士費用を差し引いても慰謝料が多く獲得できる可能性が高くなります。

どれくらいの増額が見込めるか無料相談などを活用し、弁護士に直接聞いてみるのもよいでしょう。

弁護士に相談するタイミングは?

交通事故に巻き込まれて、どのタイミングで弁護士に相談すればいいのか迷いますよね。

一般的には治療終了後がベストタイミングと言われていますが、ケースバイケースですので、交通事故の被害にあった直後から『初回の相談料が無料』の弁護士などに相談することをおすすめします。

逆に示談が成立してしまった後に弁護士に相談しても、その示談内容を覆すことは難しいので、必ず示談が成立する前に弁護士に相談しましょう。

交通事故で弁護士に寄せられた無料相談例

当サイトの法律相談Q&Aに寄せられた交通事故に関する相談を一部ご紹介します。

交通事故でむち打ちになったときの妥当な金額
慰謝料はもらう権利はありますか?またいくら程度ですか?
交通事故の過失割合は誰が決めるのでしょうか?
追突事故の慰謝料、弁護士相談について
加害者が無保険で自己破産しました。
交通事故の慰謝料の自賠責基準に不満

他にも交通事故に関する相談を見たい方は『交通事故の法律相談Q&A一覧』をご覧ください。

まとめ

交通事故に巻き込まれてしまった場合、どのように対処したらいいのかわからない方がほとんどだと思います。

そんなときには弁護士の電話無料相談をうまく活用することで、あなたが不利益を被らないよう対処することができます。

弁護士は相談者の心強い味方ですので、この記事でご紹介した相談先であなたに合った弁護士を探してみてください。

注目

交通事故でご相談がある方

損害賠償・後遺障害・過失割合など交通事故問題の解決が得意な弁護士を24時間どこでも探すことができます。

無料相談土日休日対応など条件検索で、あなたにぴったりな弁護士を探せる。メール相談は24時間送信可能です。

最寄りから交通事故問題の得意な弁護士を探す
北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形
関東 茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部 新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知三重
関西 滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

数十万~数百万の弁護士費用、用意できますか?

決して安くない弁護士費用。いざという時に備えて弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

Cta_merci

離婚、相続、労働問題、刑事事件被害、ネット誹謗中傷など、幅広い事件で弁護士費用の補償が受けられます。

【弁護士費用保険メルシーが選ばれる3のポイント】

  • 保険料は1日あたり82円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

保険内容について詳しく知りたい方は、WEBから資料請求してみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • 交通事故 慰謝料の予想額
    7月初旬に接触事故に遭いました。こちらに過失はなく100:0です。 全治...
  • 交通事故むち打ち慰謝料金額相場
    交通事故に遭い11月30日で治療を終了しました。 過失割合は私が1で相手...
  • 弁護士特約について/交通事故
    大変困っております。以下3点お教え戴けませんでしょうか? 交通事故で...
  • 交通事故で弁護士に依頼するタイミング
    追突され通院中です。 医師の診断では全治3週間ほどとのことでしたが、むち...

new交通事故の新着コラム

もっと見る

交通事故の人気コラム

もっと見る

交通事故の関連コラム

編集部

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
 詳しくはあなたの弁護士の理念と信頼できる情報提供に向けた執筆体制をご覧ください。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。