仕事を辞めたい理由トップ5と退職を決める前に確認しておきたいこと

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
仕事を辞めたい理由トップ5と退職を決める前に確認しておきたいこと

現在働いている会社が辛くて辞めたい、と思っている人はたくさんいるでしょう。そういった人たちの心に引っかかっているのは、

  • 辞めたら後悔するかもしれない
  • 次の仕事が見つかっていない
  • ここで辞めるのは甘えなのではないか

のような点ではないでしょうか。特に、労働時間が長く、心身ともに疲れている場合、冷静に判断するのが難しくなることもあります。

逆に、『このまま働き続けたら後悔するのではないか』という悩みを抱えている人もいるでしょう。

そんな人たちが仕事を辞めていいのか客観的に判断できるように、この記事では、『男女別退職理由トップ5』、『仕事を辞めて後悔する人の特徴』、『こんな時は仕事を辞めることも検討すべき』などを紹介します。

労働問題について相談できる弁護士を探す

男女別・退職理由トップ5

男女別・退職理由トップ5

まずは世間の人たちがどのような理由で退職に踏み切ったかを確認してみましょう。厚生労働省のホームページにある「仕事をやめた者の退職理由(複数回答)」を参考に男女別でトップ5をまとめてみました。

男性編

1位(40.7)

給与・報酬が少なかったから

2位(31.7)

事業または会社の将来に不安を感じたから

3位(30.9)

労働時間が長かったから

休暇が少なかったから

4位(30.1)

会社の経営方針に不安を感じたから

5位(21.1)

能力・実績が正当に評価されなかったから

男性の場合は給与が少ないという理由で退職する人が一番多いという結果になりました。2位~5位の結果も踏まえると、

  • 努力や苦労が評価されず、給料が見合わないから辞めた人
  • 会社に愛想を尽かして他の会社に移ることを決めた人

の2種類の人がいるということが分かります。

女性編

1位(32.3)

会社の経営方針に不満を感じたから

2位(30.6)

給与・報酬が少なかったから

3位(29.0)

労働時間が長かった・休暇が少なかったから

4位(32.3)

事業または会社の将来に不安を感じたから

同率5位(21.0)

能力・実績が正当に評価されなかったから

同率5位(21.0)

人間関係がうまくいかなかったから

女性の場合は1位が『会社の経営方針に不満を感じたから』でした。男性と同じく『努力や苦労が評価されず、給料が見合わないから辞めた』人が多いのですが、それに加えて女性の場合会社の空気や人間関係がきっかけで退職にいたることも多いようです。

仕事を辞めて後悔する人の特徴

仕事を辞めて後悔する人の特徴

次に、仕事を辞めて後悔する人の特徴を紹介します。以下の項目で自分にあてはまるものがある場合、本当にやめていいのかどうか一度考え直してみましょう。

次の仕事を見つける前に辞めてしまった人

次の仕事を見つける前に辞めてしまった人、勢いで辞めてしまった場合は後悔することも多いようです。

『会社をやめて、時間がたっぷりあればすぐ次の仕事を見つけられるだろう』と考えていても、いざ転職活動をしてみたらうまくいかなかったということもあります。

結果、自分の希望する会社に転職できなかったり、その場しのぎの転職をしてしまい、同じ失敗を繰り返すということも否定できません。

自分と他人を比べてばかりの人

他社で働いている知人と、自分の置かれている立場の違いに愕然とし、退職を決意する人もいるでしょう。でも待ってください。隣の芝生は青く見えるものです。

『自分の会社の良い部分を客観的に見つめる』ということができないと、どんな会社にいても会社の嫌な部分ばかり見えてしまうこともあります。

自分の会社に3つ良い部分があっても、嫌な部分が1つでもあると、そちらの方が精神に大きく影響を与えがちです。

良い部分をしっかりと理解し、『自分はそれなりに恵まれている方かもしれない』と妥協することも大切でしょう。

過去と現在を比べてばかりの人

『昔の会社はこうだったけど、今の会社はこう…』と、過去の自分と現在の自分を比較してしまう人も要注意かもしれません。転職をしても同じ問題にぶつかる可能性があります。

過去の苦労などは時間が経つと美化されがちです。しかし、大切なのは過去よりも現在ですので、『今の状況に感謝できる力』や多少の嫌なことは気にしない『鈍感力』を育てることに注力する方が重要と思われます。

自分自身にも問題があることに気づけない人

『やりたい仕事についてみたが思っていたのと違った』、『仲良くなれない上司がいた』などの理由で退職する場合は、『我慢が足りないのではないか?』と一度自分を疑ってみる必要があります。どんな会社にも不満はつきものです。

働き続けることで会社の方針や人間関係に慣れてくるかもしれませんし、今まで気づかなかったことに気付ける可能性もあります。

退職を決断する前に、『自分はどこまで我慢できるのか』や、『我慢できることと我慢できないことを』を客観的に理解することも大切です。

これは甘え?新卒者が仕事をやめる前に確認しておきたいこと

これは甘え?新卒者が仕事をやめる前に確認しておきたいこと

新卒で入社した人は『新卒カードをこんな簡単に捨てていいだろうか』と悩んでいるかもしれません。そんな人のために、『新卒者が会社を辞める前に確認しておきたいこと』を紹介します。

会社に対して夢をみていないか

学生生活が充実していた人ほど、会社で働くことを苦痛に感じるかもしれません。特に入社したばかりだと、思い描いていた社会人生活とのギャップに苦しむ可能性があります。

でも待ってください。学生生活と社会人生活が違うのは当たり前です。これを同列に捉えることは適切でしょうか。

仕事は大変かもしれませんが、社会人生活には社会人生活の良い部分があるはずです。学生生活と違うことについてネガティブになるばかりでは、良い結果にはなりませんし、成長にもつながらないと思います。

転職したところで問題は解決しないかもしれない

学生生活と社会人生活は環境が異なるということに自覚がないと、転職をしても解決につながらない可能性があります。もちろん、退職するという選択肢を完全に抹消する必要まではありませんが、退職を決める前に、『退職の理由は会社にあるのか、自分にあるのか』をしっかりと考えた方がよいかもしれません。

最初は簡単な仕事しかまかせてもらえない

一日中簡単な作業ばかりでつまらない…と嘆いている人もいるでしょう。ですが、その簡単な作業をきちんとやってくれるのかどうか上司は見ています

『永遠にこの職務内容だったら耐えられない…』と退職を決意する前に、目の前の仕事を一生懸命やり、これが一人前にこなせるようになってから、『他の仕事もやらせて欲しい』と上司に相談するのが筋ではないでしょうか。

こんな時は会社をやめることも検討すべき

こんな時は会社をやめることも検討すべき

以降では、『こんな時は会社をやめることも検討すべき』を紹介します。ここまでは、会社に残ることを推奨する内容が中心でしたが、会社を辞めることというのも重要な選択肢の一つであることは間違いありません。

人生は一度しかありません。『仕事を辞めなかったことを後悔した』なんていうことにならないようにしましょう。

給料・報酬が少なすぎたとき

自身が納得しているのであれば、すこし給料が少ないくらいのことは我慢できるかもしれません。ですが、給料が少なすぎる場合、『会社に大事にされていない』、『捨て駒の一つのように』扱われているという意識を持ってしまうことはやむを得ないかもしれません。

このような状態のまま長く勤務すれば、最終的には後悔が残る可能性も充分あり得ますし、精神的にも肉体的にもよくありません。

自分を正当に評価してくれると意識できる会社で働く方が幸福感を得られるのは間違いありません。そのため、そのような意識をどうしても持てない、という場合は転職を考えても良いかもしれません。

給料・残業代が支払われないとき

会社の経営が相当に傾いており、給料の支払いが滞るなどしている場合、これが一時的なものであればともかく、そうでない場合は転職した方がいいと思われます。

給料の支払いは会社経営の基本であるため、その基本すらままならないのであれば、早めに転職した方がいい結果となるかもしれません。

なお、支払われていない給料はきちんと請求すべきでしょう。泣き寝入りをする必要はありません。

関連リンク:給料未払いは6つの手順で請求できる|知っておくべき知識と相談先

このまま働き続けたら心身を故障するかもしれないと思うとき

肉体的・精神的ストレスが大きすぎて、『このまま働いたら体を壊すかもしれない』という思いが頭をよぎった場合、働くことを辞めるというのも大切な選択肢の一つです。

ただちに退職する必要まではないかもしれませんが、有給休暇を取得したり、病欠するなどの方法でまずは働くのをストップするのが先決でしょう。そのうえで冷静な状態で仕事を続けるべきかどうかをゆっくり検討してはいかがでしょうか。

労働問題について相談できる弁護士を探す

まとめ

会社を辞めたいと思った時、『このまま本当に辞めていいのだろうか』と悩みますよね。

自分が何を不満に感じているのか、それは解決できるかできないかなど、自分の頭の中にあるものはすべて紙に書きだしたりして整理するのがおすすめです。

書き出すことによって、今まで気づけなかった本当の気持ちに気付ける可能性があります。決断をするのはそれからでも遅くないでしょう。

  • 転職をして後悔した
  • 転職をしなくて後悔した

どちらの後悔もせず、この記事を読んでくださった人が、自身にとって正しい選択ができることを祈っています。

出典元: 仕事をやめた者の退職理由(複数回答) – 厚生労働省

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • 仕事を辞めたい
    仕事を辞めたいけど会社に荷物事故やら事故で 借金?があって辞められないん...
  • 仕事を辞めさせてくれない
    会社を退職したいのですが、話を聞いてもらえません。3ヶ月前から伝えているの...
  • 仕事を辞めさせようとしているようにしか思えない
    看護師の友人は数年前に脳静脈奇形があり、γナイフを受けましたが、2週間後に...
  • 仕事に行けなくなりました。
    某飲食店に四年勤務しています。いわゆるブラック企業だと思います。準社員とし...
この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

労働問題が得意な弁護士を探す