交通事故を弁護士に相談する際の選び方|ポイントや選択方法を解説

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
交通事故を弁護士に相談する際の選び方|ポイントや選択方法を解説

交通事故問題に対応する際は、弁護士にサポートを依頼することで迅速な問題解決が望めます。

ただし、一口に弁護士といっても対応内容はさまざまであるため、状況に応じて「どの弁護士へ依頼するのが適切か」を判断する必要があります。また選択方法もさまざまあり、相談にあたっては弁護士の探し方についても知っておくべきでしょう。

この記事では、交通事故を弁護士に相談する際のポイントや選択方法、依頼時に抑えておくべきことなどを解説します。

交通事故を弁護士に相談する際の選び方|選び方のポイント

「弁護士であればどこでも良い」というわけではなく、ケースごとにマッチする弁護士は異なります。ここでは、交通事故を弁護士に相談する際の選び方のポイントを解説します。

交通事故に関する問題解決実績が豊富

弁護士は、各事務所によって実績や経験などが異なります。また「離婚問題に注力している弁護士」や「刑事事件に注力している弁護士」など、注力分野についてもそれぞれ異なります。

特に、交通事故問題については法律知識以外も必要になることもあるため、注意が必要でしょう。

例として「被害者に後遺障害が残った」というケースでは、法律知識に加えて医療知識も必要となり、知識の有無によって損害賠償額は大きく異なります。

迅速に問題解決して望ましい結果を得るためにも、弁護士を選ぶ際は交通事故問題に注力しており解決実績が豊富なところが良いでしょう。

説明が丁寧で分かりやすい

交通事故問題の対応にあたっては、「逸失利益」や「症状固定」など、さまざまな専門用語が飛び交います。特に「初めて交通事故対応を行う」というような場合は、弁護士からの説明が理解できずに適切な意思決定が行えない可能性もあります。

意思決定が適切に行えない場合、問題解決が長引く恐れもあるため、弁護士を選ぶ際は専門用語をわかりやすい言葉に変換してくれるなど、依頼者に歩み寄って説明してくれるところが良いでしょう。

料金体系が明確

弁護士に相談・依頼する際は、相談料・着手金・成功報酬金などの「弁護士費用」が発生します。また場合によっては、日当や実費などの費用が発生するケースもあります。

弁護士費用は依頼内容や事務所などによって異なります。特に成功報酬金については「案件解決に伴う獲得金額(経済的利益)」によって設定されることが多く、目安として旧報酬規定では以下のように設定されています。

経済的利益

成功報酬金

300万円以下

16%

300~3,000万円

10%+18万円

3,000万円~3億円

6%+138万円

3億円を超える場合

4%+738万円

安心して依頼手続きを進めるためにも、弁護士を選ぶ際は依頼時の費用について明確に提示してもらえるところが良いでしょう。なお支払いが困難な場合でも、なかには対処可能なケースもあります。詳細については「交通事故について弁護士へ依頼する際に抑えておくべきこと」にて後述します。

相性が良い

問題解決して満足のいく結果を得るためには、弁護士に対して自身の現状を漏れなく正確に伝えることが大切です。ただしそのためには「この弁護士であればすべて話しても良い」と思えるような、十分な信頼関係を築く必要があるでしょう。

いくら解決実績などが豊富でも、相性が合わなければ思うように手続きが進まない可能性もあるため、弁護士を選ぶ際は自分と相性が合うところが良いでしょう。

なお事務所によっては、時間や回数に制限を設けた上で無料相談を行っているところもあります。無料相談を活用して、弁護士の雰囲気・言葉遣い・話の聞き方などを確認するのも有効です。

過去にトラブルを起こしていない

弁護士の中には、過去にトラブルを起こして懲戒処分が下された方もいます。そのような弁護士に依頼することで、必ずしも不利益を被るというわけではありませんが、少しでも不安点を解消したいと考えている方は避けた方が良いかもしれません。

なお、過去に懲戒処分が下された弁護士へ相談する場合は、あらかじめ処分理由などを確認しておくべきでしょう。弁護士の懲戒情報については「弁護士懲戒情報|弁護士懲戒処分検索センター」にて確認できます。

交通事故を弁護士に相談する際の選び方|選択方法

「選び方のポイント」のほか、探し方についてもさまざまな方法があります。弁護士への相談を検討している方は、選択方法についても知っておくべきでしょう。

知人から紹介してもらう

知人から、過去に依頼した弁護士を紹介してもらう方法です。知人を介することで安心感も高く、問題のある弁護士なども避けることができるでしょう。

ただし「交通事故を弁護士に相談する際の選び方|選び方のポイント」で解説した通り、弁護士はそれぞれ注力分野が異なります。したがって、「どのような内容を依頼したのか」「交通事故問題に十分対応できるのか」などの点は確認する必要があります。

インターネットで事務所HPを検索する

インターネットにて、「交通事故 弁護士」「交通事故 弁護士 東京」「交通事故 弁護士 慰謝料」などと検索して探す方法です。手軽に好きな時間で探すことができるため、利便性の高い方法と言えるでしょう。

事務所HPには、相談件数・解決事例・費用・弁護士略歴など、さまざまな情報が掲載されています。ただし「問題解決に向けて十分対応してもらえるか」「相性は合いそうか」など、自力で比較検討した上で選択する必要があります。

法テラスや弁護士会で紹介してもらう

一般向けに法律相談などを行う法テラスや、全国の弁護士が所属する弁護士会などから弁護士を紹介してもらう方法です。

法テラスを利用する場合、弁護士は法テラスにて指定されます。もし自分で弁護士を選びたいのであれば、「法テラスと契約している弁護士事務所へ相談する」という選択肢もあるでしょう。

なお弁護士会については、費用有無や対応業務など、場所ごとに対応内容が異なります。詳細については「弁護士会・弁護士会連合会紹介ページ|日本弁護士連合会」より確認できます。

『あなたの弁護士』を利用する

当サイト『あなたの弁護士』には、交通事故について相談可能な弁護士を掲載しています。都道府県ごとに相談可能な弁護士を探すことができるため、自力で一から探すよりも大幅な手間の削減が見込めます。

そのほか、注力分野や費用相場、夜間休日対応や無料相談対応など、事務所それぞれの特徴についても解説しています。「手間をかけずに希望内容に合った弁護士へ依頼したい」という場合は、利用することをおすすめします。

交通事故について弁護士へ依頼する際に抑えておくべきこと

依頼にあたっては、「どのような場合であれば依頼するべきか」「どのタイミングで依頼するのが適切か」など、何点かのポイントについてあらかじめ抑えておく必要があるでしょう。

ここでは、交通事故について弁護士へ依頼する際に抑えておくべきことを解説します。

依頼する判断基準

弁護士に依頼する際は弁護士費用が発生します。したがって「案件解決に伴う獲得金額が弁護士費用を上回るか否か」という点が一つの判断基準となり、獲得金額が弁護士費用を上回るような場合は依頼するべきでしょう。

なお、弁護士費用は依頼内容や事務所などによって大きく異なりますが、法律相談を利用することで、獲得金額の目安や費用の見積もりなどを提示してもらうことができます。費用面に関する不安点がある場合は、活用することをおすすめします。

依頼すべきタイミング

交通事故については、示談が成立する前であればどのタイミングでも依頼可能ですが、治療終了後に依頼するのが通常です。

ただし、入院するほどの怪我を負った場合や死亡事故の被害に遭った場合など、なかには事故後すぐに依頼すべきケースもあります。依頼のタイミングに関する不安点がある場合は、弁護士に相談して確認すると良いでしょう。

費用が支払えない場合の対応

場合によっては「弁護士費用が支払えない」ということもあるでしょう。そのような場合でも、なかには対処できる可能性が残っているケースもあります。

費用面の対応が柔軟な事務所を探す

現在、弁護士の料金体系は自由化されており、相談料や着手金を無料に設定している事務所や、分割払いや後払いなどに対応している事務所などがあります。一括ですべての弁護士費用を支払うことが難しい場合は、費用面に関する対応が柔軟な事務所を探すのが有効でしょう。

法テラスを利用する

日本司法支援センターである「法テラス」では、民事法律扶助という援助対応を行っています。対象者は審査を通過することで援助が受けられ、一時的に弁護士費用を立て替えてもらうことができます。費用の工面が難しい場合は検討しても良いでしょう。なお、詳細は「民事法律扶助業務|法テラス」より確認できます。

弁護士費用特約を利用する

任意保険に付属する弁護士費用特約では、相談料であれば最大10万円弁護士費用であれば最大300万円の補填対応が定められています。弁護士費用特約に加入しており、利用できる状態にある場合は有効でしょう。なお利用条件や対応内容など、加入内容の詳細については、加入先の保険会社へ直接確認すると良いでしょう。

【関連記事】

弁護士費用特約とは|保障内容と慰謝料を増額させるお得な使い方|あなたの弁護士

まとめ

交通事故について弁護士に相談する際は、主に以下の5点を考慮した上で選択する必要があるでしょう。

  • 問題解決実績・注力分野
  • 説明の分かりやすさ
  • 料金体系の明確性
  • トラブルの有無
  • 相性の良さ

また選択方法としては、知人による紹介・弁護士会や法テラスによる紹介・インターネット検索などがありますが、特に「手間をかけずに希望内容に合った弁護士へ依頼したい」という場合は『あなたの弁護士』を利用することをおすすめします。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • 交通事故
    自転車と車の接触事故起こしましたが加害者が全額出すと保険会社から連絡があり...
  • 交通事故
    自転車と車の接触事故起こしましたが。診断は膝打撲でしたが16歳の為に後遺症...
  • 交通事故相談
    先日相談させて頂きましたが、病状が間違っていましたので、修正(鎖骨捻挫と、...
  • 交通事故
    交差点の車対車の事故です。当方青信号直進 相手赤信号無視の事故です。相手の...
この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

交通事故が得意な弁護士を探す