夫の年収が600万円の場合の養育費の相場は?

離婚
養育費

結婚7年目(子供1人)で専業主婦をしています。

夫の浮気が原因で離婚を考えているのですが、夫の年収が600万円ほどですと、養育費の相場はいくらぐらいでしょうか?
また、養育費をできるだけ多くもらうにはどうしたらよいのでしょうか?

相談者(ID:)さん

2014年08月27日

弁護士の回答一覧

渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)

家裁で使われているものでは、給与所得者の場合6~8万円あたりでしょう。養育費は原則双方の協議で...

家裁で使われているものでは、給与所得者の場合6~8万円あたりでしょう。養育費は原則双方の協議で決めるのがいいのでその場合それ以上の設定で合意できればそれはそれでいいことになります。またそもそも離婚自体や親権、慰謝料、財産分与なども絡んでくるのかと思います。弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)
住所東京都文京区千駄木3-36-8シルバーパレス千駄木202
対応地域全国

【千駄木駅1分】親しみやすい弁護士。弁護士歴20年以上のベテランが、あなたに寄り添い納得のいく解決へと導きます。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
この弁護士の詳細を見る
大貫 憲介
弁護士(さつき法律事務所)

家裁実務では、算定表を適用して、養育費を決めます。「養育費 算定表」でネット検索すれば、算定表...

家裁実務では、算定表を適用して、養育費を決めます。「養育費 算定表」でネット検索すれば、算定表が得られます。
税込み年収600万円では、お子さんが14歳以下の場合、月額5~7万円、15歳以上の場合、月額7~9万円です。
以上、家裁では算定表によるので、家裁の調停で「より多く貰う」ことは難しいと思います。
ただし、特別支出は、上記の月額養育費とは別に請求できます。例えば、私学の学費、塾や習い事の月謝、持病や障害がある場合の医療費や特別費用、事故や疾病の際の医療費等です。
なお、当事者間にて、任意に取り決める場合、算定表によらない計算も可能なので、実際にかかる費用を積み上げて請求する方法もあるでしょう。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
1
回答した弁護士のご紹介
大貫 憲介
弁護士(さつき法律事務所)
住所東京都新宿区神楽坂3-2神楽坂Kビル7階
対応地域全国

離婚、相続、国際離婚、親権等家族法、一般民事、刑事、入管、その他、幅広い分野を扱っています。 英語、中国語、韓国語、比語、タイ語の多言語対応の事務所です。依頼者に寄り添い、ベストな解決を目指します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

養育費の減額について

私は5年程前に離婚をし、現在2人の息子へ7万円の養育費を支払っています。離婚の際、全くわからないまま公正証書を作成してしまいました。
3年前に私は再婚をしたのですが、今月今の妻との間に子供を授かりました。それまで不妊検査も行なっていました。
現在共働...

1
1
相談日:2019年05月10日
養育費の支払いに関して

再婚して、離婚予定です。
私は連れ子が一人いて、再婚し2人の子どもができました。
離婚後は連れ子(大学1年、県外)を私が。
再婚してできた子(小学6年と4年)を夫が引き取り、夫の実家が世話をする形になります。
H30年分の夫の所得は395万6千円...

1
0
相談日:2019年12月25日
婚姻費用と養育費について

性格の不一致で離婚調停中です。私は離婚したいのですが、妻が応じず、その間の婚姻費用の金額をどう取り決めるかで悩んでいます。家庭裁判所の表だと養育費が12~14万、婚姻費用が20~22万と負担額にそれなりの差があるので、私としては早期に決着をつけたいのです...

1
0
相談日:2020年01月17日
養育費を請求したい。

未婚で出産し、10年シングルマザーでやってきました。相手は未成年でしたが、相手方の親も納得の元、胎児認知をしました。その後、相手の男性はすぐに別の女性と姿を消し、養育費の約束(メモと署名)をさせましたが、一度も払われたことはありません。
相手方の親も、...

2
0
相談日:2016年11月15日
養育費支払わないと言われました

はじめまして。平成30年1月に1歳の息子を連れて私は離婚致しました。
調停離婚ではなく協議離婚です。
養育費の取り決めは相手方から月4万支払うと言うことで口約束をしました。
そして、子供が大きくなり自ら父親に会いたい。と言った時はあわせると約束致し...

1
0
相談日:2019年08月04日
養育費減額について

3年前に離婚し子供二人に月14万養育費を支払うと公正証書を作成しました。
■当時の計算
・【自分】年収として会社員(600万)、副業(400万)の約1000万で計算
・【相手】専業主婦で無職でしたので収入0で計算

■現在
・【自分】年収会社...

1
0
相談日:2019年10月10日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

離婚に関する法律ガイドを見る