離婚の財産分与は弁護士に相談!依頼のメリットや選び方・費用相場

( 0件 )
分かりやすさ
役に立った
この記事を評価する
この記事を評価しませんか?
分かりやすさ
役に立った
銀座さいとう法律事務所
齋藤 健博
監修記事
離婚の財産分与は弁護士に相談!依頼のメリットや選び方・費用相場

離婚問題の中でも、財産分与は大きな金額が決まる重要な内容です。

特に持ち家や長年貯めた預貯金など、高額な財産を持って離婚する場合にはちょっとした分与の割合の違いでも大きな違いになります。

お互い納得して、後悔が無いように財産分与を決めるためには弁護士に依頼してしっかり決めることをおすすめします。

今回は、財産分与で弁護士に依頼するメリットや選び方、依頼する場合の費用についてご説明します。

離婚問題について相談できる弁護士を探す

財産分与で弁護士に依頼するメリット

早速、離婚の財産分与で弁護士に依頼するメリットからお伝えします。

弁護士イメージ画像

先にお伝えすると、弁護士に依頼するデメリットは費用がかかることのみです。費用面で納得さえできるようでしたら、前向きに依頼を検討してみてください。

(後述しますが、獲得できる経済的利益のパーセンテージで弁護士費用が決まるところが多いのでマイナスになることはほぼありません)

相手の主張に反論できる・交渉できる

財産分与では、原則的に2人で平等に分ける清算的財産分与』という考え方をもとに行われることが一般的です。

基本的には2分の1で清算されますが、財産を作りあげきた際の貢献度を無視した財産分与は平等であるとは言えませんよね。

この財産を作りあげる際の2人の貢献度がどれくらいあったのかを考慮に入れた財産分与を行うことが通例となります。

 

財産分与における離婚で交渉の余地があるのは、財産を構築する際の貢献度だけではありません。

例えば相手の収入のみに頼って貯蓄をしていた場合には、相手が「自分の財産だ」と主張してくるケースもあり得るでしょう。

このような財産に対する相手側の主張に対する反論も弁護士に依頼すると有利になると言えるでしょう。

 

先ほど挙げた『清算的財産分与』の他にも離婚後に生活が困窮してしまう場合に一時的に金銭を受け取る扶養的財産分与や、離婚の原因を作った相手に対して慰謝料請求を含めた財産分与の慰謝料的財産分与があります。

 

このように状況に応じて財産分与の比率は変わりますし、たとえ専業主婦で自分に収入が一切なかったとしても受け取れる財産はあります。

当事者同士で話し合っても財産分与が、すんなり決まることは滅多にありません。

 

そもそも財産分与について知らずに離婚してしまうこともよくあることですし、いったん離婚をしてしまうと、2年間しか財産分与の請求はできません。

当然相手も多く財産を受け取りたいと考えていますので、お互いが納得できるように弁護士が主張や交渉を行っていくことで離婚後に相手と財産問題でもめるリスクが少なくなるのです。

複雑な計算も任せられる

財産が預貯金だけならば、後は割合を決めるだけで分かりやすいのですが、実際はそうではありません。

持ち家などの不動産、自動車や大型家具/家電、さらには年金や退職金も財産分与の対象になります(結婚後に取得した物に限る)。

これらの価値を査定して分与するとなると、計算も難しくなります。弁護士に依頼することで、しっかり財産の価値を計算してくれます。

 

財産分与によってあなたが獲得できる具体的な金額については、事前に情報がある程度分かれば、相談だけでも分かるケースも多いです。

まずは財産の情報を揃えて相談することをおすすめします。

また、調停などに移行した場合には、専門的な婚姻関係財産一覧というものを裁判所より提出が課されますから、弁護士がその作成にかかわることが肝要です。

 

法的手続きに移っても対応できる

当事者同士の財産分与で解決しない場合、調停や審判によって財産分与を決めることもあります。

調停や訴訟になれば、手続きを行い裁判所に出向いて…と、さらにやる事が増えてしまいます。

そのような事態になっても、弁護士が代理でできる手続きは行ってくれますので、負担軽減になりますし、もちろん正確に行ってくれます。

他の決め事も一緒に決められる

離婚の際に決めることには、財産分与以外にも慰謝料請求』『親権問題』『養育費など、決めておくことは多数あります。

財産分与以外の約束事も一緒に決めておきたい場合、同じ弁護士に一緒に依頼した方が、事情を分かっているので効率的です(追加で費用がかかる場合があります)。

離婚における財産分与問題を弁護士に相談するメリットを知った上で、以下から一度弁護士に財産分与について相談してみることをお勧めします。

離婚問題について相談できる弁護士を探す

財産分与を弁護士に依頼するかどうかの判断基準

離婚での財産分与で弁護士に依頼するメリットはある程度お分かりいただけたかと思います。

 

ただ、依頼するには弁護士費用がかかりますので、もし実際に弁護士に相談した際に費用倒れになるほど財産分与の獲得が見込まれる割合が低い場合は依頼しない方がいいでしょう。

 

一方で、状況的に弁護士に依頼した方が良いケースの方もいます。以下でご紹介する状況の方は、財産分与での弁護士依頼も積極的にお考えください。

財産分与を弁護士に依頼するかどうかの判断基準

お互いの主張がぶつかり合って話し合いにならない方

離婚の財産分与は、夫婦問題に加えてお金の問題も増えますので、お互い意見がぶつかり合うことも十分起こり得ます。

本人同士ではどうしても解決できそうにない場合には、弁護士への依頼を前向きに検討しましょう。

分与する財産が高額な方

財産分与の対象となる財産が高額な方は、少しの分与の割合でも大きな金額が違ってきます。少しでも損をしないためにも弁護士への依頼を検討しましょう。

一概には言えませんが、不動産などの高額な財産がある方、預貯金が1,000万円を超えているような方は弁護士への依頼も必須と言えるでしょう。

財産分与以外のことも決めたい方

財産分与以外に慰謝料請求や親権獲得、養育費の請求など、一緒に決めておきたいことがある場合には、弁護士に一緒に依頼してしっかり決めておくことがおすすめです。

特に金銭に関する決まりごとは、離婚時にしっかり決めておかないと後から支払いが滞る原因にもなります

財産分与での弁護士の探し方と選ぶ時のポイント

弁護士に依頼を考えている方は、弁護士選びから重要になります。しっかり信頼して任せられる弁護士を選んでいきましょう。

こちらでは、離婚の財産分与での弁護士の探し方と選ぶ時のポイントについてお伝えします。

財産分与が得意な弁護士の探し方

インターネット検索やポータルサイトから探す

今では弁護士もインターネット上で広告や公式サイトを作っているところが多くあります。初めて弁護士を探すのであれば、インターネットを使って探す方法が簡単で便利です。

当サイト【あなたの弁護士】でも、得意分野にカテゴリ分けして多数の弁護士を掲載しています。「離婚問題」が得意な弁護士にチェックを入れて検索してみてください。

離婚問題について相談できる弁護士を探す

弁護士会から紹介してもらう

各弁護士会では、定期的に法律相談を行っており、来所相談以外にも電話相談を受け付けています。

その際有料か無料かは弁護士会ごとに違うので、近く『弁護士会』があれば確認してみましょう。

弁護士会は各都道府県に必ず1つはありますので、お住まいの都道府県の弁護士会に問い合わせてみましょう。

→「全国の弁護士会|日本弁護士連合会

法テラスから紹介してもらう

法テラスでは、法的なトラブルを解決に導くために、最適な相談窓口・機関の紹介や情報の提供を行っています。また、経済的に弁護士を利用するのが難しい人に対し無料相談や費用の立替制度を行っています。

特に費用面での心配がある方は、法テラスからに相談してみるのも良いでしょう。

→「相談をご希望の方へ|法テラス

財産分与について依頼する弁護士を選ぶポイント

離婚問題に特化している近く弁護士に絞る

弁護士が活躍する場面は離婚問題以外にも様々あります。財産分与の依頼をするのであれば、離婚問題に力を入れている弁護士を選ぶようにしましょう。

インターネットで弁護士のページを見てみても、過去の実績や相談件数、離婚問題にかける想いなどが書かれています。離婚問題の実績や想いが強い弁護士を選びましょう。

 

また、依頼する場合は、近くの弁護士を中心に探してください。場合によっては、面談を繰り返したり、調停を申し立てて裁判所に出向くこともあります。

遠方の弁護士に依頼してしまうと、交通費や時間などが余計にかかることとなります。

料金体系が分かりやすい弁護士に依頼する

財産分与の料金体系については後述しますが、具体的には各弁護士事務所によって細かく違います。

相談時に一緒に費用面の確認も行い、しっかり内容が腑に落ちた弁護士事務所に依頼してください。

 

特に財産分与の弁護士費用は、獲得金額の割合で決まることが多くなっています。どの金額から何割かかるのかを理解せずに依頼すると、後から思った以上の費用がかかってしまうこともあります。

親身になって相談に乗ってくれる弁護士に決める

弁護士も人ですから、色々なタイプの人がいます。ズバズバ要点だけを言ってくれる弁護士や、しっかり悩みを聞いてから答えてくれる弁護士など。

 

まずは実際に相談してみて、「この人なら任せられそう!」と思った弁護士に決めましょう。逆に少しでも不安が残るようでしたら、他の弁護士の方が相性が良いかもしれません。

絶対ではありませんが、離婚の男女問題では、同性の弁護士が信頼できると思う方が多ようです。参考にしてみてください。

相談前には情報を揃えることをおすすめ!

財産分与の弁護士相談では、事前に準備しておき、具体的な財産状況が分かった上で相談することをおすすめします。

具体的な財産が分かった状態で相談すれば、分与によって貰える金額を弁護士からある程度はっきり教えてもらえます。

  • 車検証
  • 通帳のコピー
  • 不動産登記簿謄本
  • 固定資産評価証明書
  • ローンに関する書類
  • 生命保険・学資保険の証書
  • 株・投資信託に関する書類

また、相手とどの程度の話をしているのか?何割程度の分与を望んでいるのか?など、現在の状況や要望もまとめておくと良いでしょう。

財産分与を弁護士に依頼した時の費用相場

最後に、財産分与で弁護士に依頼した時の弁護士費用の相場についてご説明します。

内容

相場

相談料

  1. 初回無料
  2. 1時間5,000円

着手金

  1. 20~30万円
  2. 獲得金額の10~30%

報酬金

  1. 獲得金額の10~20%

実費

  1. 日当や交通費など

簡単にまとめると、上の内容と金額が相場となります。特に金額が大きくなる内容が、着手金】(依頼時に発生する費用)と報酬金】(財産分与の交渉等に成功した場合の報酬)です。

弁護士事務所によってパーセンテージが変わりますので、バラつきがありますが、合計で獲得金額の30%程度が弁護士費用になると思っておきましょう。

弁護士費用の計算例

財産分与での依頼では、獲得金額の割合に応じて金額が決まることが多いです。目安として以下の表を参考にしてみてください。

『着手金10%:報酬金20%』の場合

獲得金額

着手金

報酬金

合計

100万円

10万円

20万円

30万円

200万円

20万円

40万円

60万円

300万円

30万円

60万円

90万円

500万円

50万円

100万円

150万円

1,000万円

100万円

200万円

300万円

このように、獲得金額が上がれば弁護士費用も上がるようになります。

ただし、財産が億を超える高額なものであれば上限があったり、少額であれば下限があったりと、弁護士事務所によって細かい条件が違います。詳しくは依頼を考えている弁護士事務所に直接尋ねてみましょう。

離婚問題について相談できる弁護士を探す

まとめ

離婚の財産分与問題では、大きなお金が絡む問題ですので、可能な限り弁護士に依頼して解決を目指した方が懸命です。

特に分与する財産が高額になる方や、相手と話が一向に進まないような方は、積極的に依頼を考えてみましょう無料相談ができる弁護士も多くいますので、まずは相談からはじめてみてください。

財産分与の弁護士費用は、獲得金額のパーセンテージで決まることが多いので、費用倒れするケースはほぼありません。細かい内容は弁護士事務所で違いますので、こちらも実際に詳しく相談することをおすすめします。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

数十万~数百万の弁護士費用、用意できますか?

決して安くない弁護士費用。いざという時に備えて弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

Cta_merci

離婚、相続、労働問題、刑事事件被害、ネット誹謗中傷など、幅広い事件で弁護士費用の補償が受けられます。

【弁護士費用保険メルシーが選ばれる3のポイント】

  • 保険料は1日あたり82円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

保険内容について詳しく知りたい方は、WEBから資料請求してみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事を監修した弁護士
銀座さいとう法律事務所
齋藤 健博
慶應義塾大学法科大学院修了後、2016年12月に弁護士登録。メディアにも『グッデイ(フジテレビ)』や『ビビット(TBS)』など多数出演。

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
 詳しくはあなたの弁護士の理念と信頼できる情報提供に向けた執筆体制をご覧ください。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚が得意な弁護士を探す