労働問題 経営者側

企業法務
人事・労務

私は会社側の人間です。社員の解雇について相談です。
会社は小売業で3店舗運営しております。1店舗を他社に譲渡します。その際、店舗で働く従業員もつけてお譲りするのですが、5名の従業員のち2名の社員は譲受側の会社から引き取りを拒否されました。拒否の理由は給与が異常に高いためです。同一職種の年収相場の2倍~3倍です。
この拒否された2名を解雇したいのですが、労働問題が発生する可能性ありますか。
この2名は正社員雇用です。


譲渡する店の規模は会社全体の1/3以上です。そのため譲渡後は、会社に2名を雇用する体力がありません。

虎さん

2019年08月23日

弁護士の回答一覧

本多 芳樹
弁護士(二子玉川総合法律事務所)

解雇は客観的合理性及び社会通念上の相当性が認められない限り無効とされます(労働契約法第16条)...

解雇は客観的合理性及び社会通念上の相当性が認められない限り無効とされます(労働契約法第16条)。
したがって、給与が以上に高いためという理由で解雇をしても、客観的合理性及び社会通念上の相当性の両方の要件を欠き、無効と判断される可能性が非常に高いです。
本件の場合、事業譲渡する際に譲り受け会社が従業員の労働契約を引き継ぐという契約をしていなかったのであれば、譲渡会社の方が引き続きその従業員を雇い続ける必要があると考えます。
解雇以外の方法を検討した方がよいかと思います。
宜しくお願い致します。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
1
回答した弁護士のご紹介
本多 芳樹
弁護士(二子玉川総合法律事務所)
住所東京都世田谷区玉川1-9-20スタンダビル1階
対応地域埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

【初回面談相談30分無料】親身にお話をお聞きし、最善のアドバイスをご提示いたします。依頼人の方々一人一人の事情に沿った解決を心掛けております。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
Icon houmu企業法務
Icon roudou労働問題
Icon saiken債権回収
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

顧問契約解除後の資料返却について

お世話になります。
法人事業主ですが先日顧問契約をしていた社労士との契約を解除致しました。
そこで弊社資料の返却を求めたのですがその社労士に作成してもらった「就業規則」が返却されません。
「就業規則」弊社保管が1つ、社労士保管が1つあります。
お...

1
1
相談日:2019年11月21日
委託契約書における禁止条項の妥当性

大手企業を定年退職し、ちょうど一年前に人材斡旋会社の紹介で、ある企業の顧問として販路開拓などのお手伝いを始めました。
今、その企業から「今はその人材斡旋会社からのフォローなどは殆どないのに、毎月の顧問(小生)が受け取っている顧問料の約倍額を人材斡旋会社...

1
0
相談日:2019年04月27日
名誉毀損について

いつもお世話になっております。


さて、大変申し上げにくいのですが
当社工場で勤務してくださっている御社スタッフの○○についてご相談申し上げます。

実は、○○さんの態度によりいささか職場環境に支障が出ております。

先月20日から、男...

1
0
相談日:2019年05月21日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

企業法務に関する法律ガイドを見る