委任契約受任者からの契約解除について

企業法務

ご相談をさせていただきたいことがございます。
下記のような状況下で、
1.受任者側から一方的に契約解除通知が可能か。
2.1の場合に即時で契約解除が可能か。難しい場合はどの程度の期間を要するか。
ご教示いただければ幸いです。

《当事者》
私(個人事業主)
A社(クライアント)
両者間で委任契約(請負契約ではありません)を締結

《契約期間》
・2018年10月1日より1年間
・契約解除との希望がなければ自動更新
・中途解約による違約金の定め無し

《(私から)契約解除をしたい理由》
・契約開始より本来の業務ではない付随業務(サービス的に受託)への過度な要求あり
・A社よりその付随業務について非常に納期の短い成果物をA社側の都合のみにより要求あり
・結果、私側でミスが発生。その際、威圧的な(恫喝に近い)態度をとられた
(このミスについてのフォローは全て対応済で、被害額などは発生していない)
・それ以後、揚げ足取りのような要求が続いている
・最近は、A社より人格攻撃や嫌がらせに近い行動も起こされている
・そのため、精神的苦痛を伴い、他のクライアントへの影響も免れない状況となっている
・話し合いについては不可能な状態(A社の一方的な意見のみ)

概要は以上となります。
乱文、かつ、クライアント情報保護の関係上、表面的な情報のみで申し訳ございません。

私としては、自分の心身と他のクライアントへの悪影響を考えると、すぐにでも契約解除をしたいと考えております。
A社からは月々報酬をいただいておりますが、全額返金してでも即時解約し、今後一切の関係性を断ちたいです。
(A社にとっても今から他の業務委託先へ依頼することは難しくないはずし、その方がA社にとっても良いと考えております。)

相談者(ID:2935)さん

2018年12月15日

弁護士の回答一覧

ベストアンサーに選ばれた回答
依田 敏泰
弁護士(池袋中央法律事務所)

委任契約は原則としていつでも解約することが可能です(民法651条)。 ただ多くの場合、契約書...

委任契約は原則としていつでも解約することが可能です(民法651条)。
ただ多くの場合、契約書には、突然の解約を禁じて、1ヶ月ないし3ヶ月程度前に解約の予告をするということが条項化されているかと思われます。
特にそのような条項が規定されていないならば、解約通知がA社に届けば即時に解約の効果が発生することになります。

ただ民法では、相手方に不利な時期に解約することになるときには、相手に生ずる損害を賠償しなければならないとされていますので、この点、注意が必要です。
契約書には違約金についての定めがないとのことですが、民法でも特にそのような規定を待つまでもなく解約が不利な時期に行われた場合に損害賠償に応じなければならないと規定しているわけですから、違約金について定めがないということが、むしろ却ってA社からいくらの損害賠償を請求されるか分からないというリスクがあるということになります。
この点、今までA社から支払われた報酬を全額返金しても構わないという覚悟があるとのことですが、委任契約を締結してから未だ2ヶ月半しか経過していないタイミングですので、場合によっては既に支払われた報酬では不足するような金額の損害賠償を請求されることもあり得ます。
もっとも、「A社にとっても今から他の業務委託先へ依頼することは難しくないはず」とのことなので、さほど心配する必要はないのかも知れません。

もし実際に解約の通知を出して、損害賠償が請求されたことで紛糾するようであれば、ためらわず法律相談を受けることをお勧めいたします。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
依田 敏泰
弁護士(池袋中央法律事務所)
住所東京都豊島区西池袋5-1-6第2矢島ビル4階A室
対応地域茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 静岡県

【まずはメールでご相談ください!】弁護士歴25年以上●離婚・不動産などご相談ください。あなたの事情に合わせたベストな解決を目指します

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
Icon shohisha消費者被害
Icon saiken債権回収
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

意味の分からない請求について

以前、元取引相手の代表と支払等について、直接話がついているにもかかわらず、
元取引先の代表の名前を騙った者から適当な請求書がFAXで届いたので、
「代表と話が付いている旨及び今後やめて欲しい」旨の回答を
連絡先がFAXしかない請求書なので、FAX返...

1
0
相談日:2018年03月30日
派遣先で盗難にあった場合、派遣元である弊社に賠償責任はあるのでしょうか?

お世話になります。

弊社が派遣した作業員が、派遣先でボストンバッグを、紛失しました。
その賠償を弊社に求めてきました。弊社に賠償責任はあるのでしょうか?

詳細内容は、以下のとおりです。
①40人の作業員が仕事の現場から、新たな宿泊先のホテ...

1
0
相談日:2018年09月29日
事業による借金

私の義父の会社は多額の借り入れがあります。
内訳としては、金融公庫から800万円、銀行からの事業資金約5000万円、下請け業者への未払金約1200万円、親族からの借入300万円、約6300万が合計になります。
売掛け金もほとんどなく返済が滞っているた...

1
1
相談日:2019年12月05日
業務委託先が体調不良で休んだ場合の損害賠償について

わたしの会社(乙)では業務委託契約している相手(丙)を顧客企業(甲)に派遣するビジネスをしています。

丙が体調不良等により当日キャンセルした場合は、乙がサービス料の100%を甲に支払い、別日にサービスを提供する契約を結んでいます。丙が体調不良で休む...

1
0
相談日:2018年09月17日
著作物を中国企業が無断でコピーして売ってます

イラスト雑貨をデザインし販売している作家です。
国内で利用している卸のwebサイトで、自分のデザインしたキャラクターが丸々コピーされグッズとして販売されていることが発覚しました。
似てるという疑惑の程度ではなく、完全な盗作です。

問題の企業は、...

2
1
相談日:2020年03月15日
個人の顧問弁護士

個人の顧問弁護士を見つけたいのですが、どうやって探せば良いのかわかりません。今は会社員ですが、独立も考えております。個人の顧問弁護、企業の顧問弁護も同じようにお願いしたいと考えております。

今、働いている会社とは雇用契約書を交わしていなくて(私だけ...

1
0
相談日:2018年05月20日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

企業法務に関する法律ガイドを見る