企業法務の無料法律相談

「企業法務」に関する無料法律相談Q&Aです。今現在あなたが直面している質問と、それに対する回答を見つけてください。緊急性が高い、問題が複雑な場合は直接弁護士に相談することをおすすめします。『初期の面談相談料無料』の弁護士も掲載していますので、ぜひお近くの地域から探してみてください。
企業法務の法律相談一覧
コンプライアンス上注意する点があれば具体的に教えてください。

販売取引先(以後A社)の有力な役員(以後B役員)がパワハラで処分されA社を退任し、後日他の会社(以後C社)の役員として就任しました。 従来よりC社との取引はあり、B役員の営業力も期待出来る為、C社と継続的に取引することを検討しています。 C社...

1
0
相談日:2019年10月17日
労働問題 経営者側

私は会社側の人間です。社員の解雇について相談です。 会社は小売業で3店舗運営しております。1店舗を他社に譲渡します。その際、店舗で働く従業員もつけてお譲りするのですが、5名の従業員のち2名の社員は譲受側の会社から引き取りを拒否されました。拒否の理由は給...

1
1
相談日:2019年08月23日
ホームページデータを削除された場合

初めての投稿です。 当方制作会社です。 業務委託したフリーランスの方が、当方のサーバに接続してデータをすべて削除して営業ができない状態になりました。 このような件では働き手(委託先のフリーランス)には、ホームページの消滅した復元する費用、営業できな...

1
0
相談日:2019年07月30日
名誉棄損

ご相談させて頂きます 私は音楽のレーベルを経営しております 先日会社に内容証明が届き専属芸術家契約を解除したいと言う連絡が会社に所属アーティストから届きました。その事に関しては辞めて頂いても問題無いのですが その方が現在当社に所属しているアーティスト...

1
0
相談日:2019年06月28日
偽装請負にあたりますか?

ある会社Aが業績悪化により休眠するにあたり、従業員は解雇されましたが、引き続き同じ業務内容を元従業員Bが請負、元従業員Cに外注する形になりました。この状態で、何か法的(偽装請負など)にあたりますか?に問題はありますでしょうか?

1
0
ベストアンサー
相談日:2019年06月26日
違反行為に関する誓約書のサインについて

業務委託契約社員として個別指導型のカルチャー教室で働いています。今回、業務委託契約書内に記載のある「受講者との連絡先交換の禁止」に反してしまい、会社側から誓約書のサインを求められています。その誓約書には、連絡先交換に対する損害賠償額が明示されており、また...

1
0
相談日:2019年06月21日
賃貸契約について

現在、雇われの身で美容室で働いています。 この度、勤務先のオーナーから働いている店舗を譲渡して頂ける事になったので、店舗の賃貸契約を現オーナーから自分へ移したいと大家さんに伝えたところ、名義変更では無く現オーナーとの店舗の賃貸契約の解除をして自分が店舗...

1
0
相談日:2019年06月04日
労災事故、個人間で慰謝料合意

労災事故で慰謝料の請求をされました。お互いの会社内での立場から納得する金額で合意しています。示談書を作成していただきたいのですが費用はどれくらいかかりますか?

1
0
相談日:2019年05月23日
名誉毀損について

いつもお世話になっております。 さて、大変申し上げにくいのですが 当社工場で勤務してくださっている御社スタッフの○○についてご相談申し上げます。 実は、○○さんの態度によりいささか職場環境に支障が出ております。 先月20日から、男...

1
0
相談日:2019年05月21日
委託契約書における禁止条項の妥当性

大手企業を定年退職し、ちょうど一年前に人材斡旋会社の紹介で、ある企業の顧問として販路開拓などのお手伝いを始めました。 今、その企業から「今はその人材斡旋会社からのフォローなどは殆どないのに、毎月の顧問(小生)が受け取っている顧問料の約倍額を人材斡旋会社...

1
0
相談日:2019年04月27日

弁護士に相談を投稿する方はこちら

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの企業法務の悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

企業法務に関する法律ガイドを見る