別居調停を拒否できますか?

離婚
その他

5年近くの単身赴任から、やっと我が家へ帰って来られる事になり、子供達は喜んでくれて、楽しみにしていたのですが、妻に弁護士を立てられて、別居調停を言われました。直接、話すこともできず、妻の要求ばかりで、家族と一緒に暮らしたい事を含め、こちらの要求は聞いてもらえない状況です。家族とも話せず、ローンを払っている家にも帰れず困っています。当面、家庭内別居でも良いので、お家に帰って家族と一緒にいる事はできないでしょうか?

相談者(ID:21772)さん

2022年04月30日

弁護士の回答一覧

伊藤 悠理
弁護士(静岡・市民法律事務所)

奥様に自宅に戻ることを拒否され,弁護士を立てられている以上,無理やり自宅に戻ることはできないで...

奥様に自宅に戻ることを拒否され,弁護士を立てられている以上,無理やり自宅に戻ることはできないでしょう。
とはいえ,このまま放置すれば,なし崩し的に離婚に向けて話をされてしまうことにもなります。
そこで,あまり効果的とはいえない方法ではありますが,家庭裁判所に「夫婦関係円満調整調停」を申し立てることをお勧めします。
これは,離婚調停とは異なり,夫婦関係を「円満」にする,つまり仲良くする方法を話し合おうという手続きです。
妻が拒絶している以上,話し合いをするには,この方法がよろしいかと思います。

あまり効果的とはいえない,と言うのは,あくまで話し合いの手続であり,同居を強制できるわけではないこと,奥様が拒否すれば,結局別居を継続しなければならないという理由からです。

しかし,申し立てる意味はあると思います。一つは,住宅ローンの支払いや,妻に渡す生活費についての話し合いの機会が持てることで,もうひとつは妻が離婚を希望する理由を聞けること,です。

なお,夫婦には同居義務があるので,同居を求める審判の申立て,という方法も考えられますが,これも妻が拒否してしまえば,裁判所としてもなかなか同居を命じることはしないと思いますので,個人的には,円満調整調停の方が良いと思います。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
伊藤 悠理
弁護士(静岡・市民法律事務所)
住所静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル601
対応地域静岡県

【休日対応可能】【面談時間無制限】相談者が納得いくまで膝を突き合わせてご相談にのります。 離婚・相続問題のお悩みは何でもご相談ください。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

協定離婚をしたのですが条件を守ってくれない

子供の面会は無制限と約束したにも関わらず連絡先を教えない。連絡が取れても無理としか言わないのでどうしたらいいのか?

1
0
相談日:2021年07月29日
損害賠償の時効について

離婚無効訴訟を起こしますが1審では、離婚無効を前面に押し出します。
もし、判決が思うものに成らなかった場合には控訴で損害賠償請求を考えています。
ただ、離婚から2年3ヶ月が経過しているので、1審判決が出るまでに3年が経過しますが、この場合時効は成立し...

1
0
相談日:2020年08月12日
離婚調停 法テラス費用につきまして

法テラス利用で調停をしています。

相手側から離婚等を求められていますが
弁護士への着手金は、自分が申し立てていなくても、相手から申し立てられてる件数分
支払うものでしょうか?

また調停中に何も発言してもらえず…
助けを求めていたにも関わ...

1
2
相談日:2019年09月07日
離婚した子供の戸籍


元妻が再婚したので養育費減額調停をしたく家庭裁判所に行きました。
ですが元妻の住所と再婚後の名字が分からないと家庭裁判所に伝えたら子供の戸籍謄本や戸籍附票を役所で取れば分かると言われたので役所に取り寄せにいったら子供の本籍が分からないと子供の戸籍...

1
0
相談日:2019年05月17日
扶養的財産分与の変更について

離婚時に自分たちで作成した離婚協議書に扶養的財産分与として、月10万円を私の定年まで支払うことと、生活状況の変化によって額を増減できることを記載しました。
この度再婚することになったことと、相手が就職したことを機に、扶養的財産分与の支払いを停止したいの...

1
0
相談日:2020年04月06日
公正証書見直しの手続きをしたい

平成22年12月28日に協議離婚が成立し、平成23年1月4日に「離婚に伴う給付契約等公正証書」を取り交わしております。その証書の見直しをしたいとの想いが当方にあります。尚、証書内で平成32年12月(2020年12月)まで以前双方が住んでいた新宿区内の分譲...

1
0
相談日:2020年02月27日
フリーワード検索で法律相談を見つける

離婚に関する法律ガイドを見る