出てきた料理に虫が入っていた…代金を払う必要はある?

( 0件 )
分かりやすさ
役に立った
この記事を評価する
この記事を評価しませんか?
分かりやすさ
役に立った
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
出てきた料理に虫が入っていた…代金を払う必要はある?

筆者が小学生くらいの頃の話です。とある飲食店でそばを食べていたのですが、器の中にハエが一匹。となりにいた父が店員を呼び出し、「この店にいる一番偉いやつを呼べ。」と一言。出てきた店長に対し文句をいうと、もう一杯そばが出てきて筆者は無事平らげることができたのでした。

出てきた料理に虫が入っていた…代金を払う必要はある?出てきた料理に虫が入っていた…代金を払う必要はある?『料理に虫が入っていた』というネット上でのつぶやきを見る限り、虫が入っていたこと自体に文句は言うけれど、料金はあきらめて支払う人が多いようです。日本人の国民性でしょうか。

ここでもし、『料理に虫が入っているから代金は支払わない!』と会計を拒否した場合、それは認められるのか、無理やり拒否した場合何らかの罪に問われたりするのか、弁護士法人プラム綜合事務所の梅澤弁護士に聞いてみました。

Q.虫が入っていた料理でも代金は支払わなければならないのか?

A.梅澤弁護士

法的には、飲食店と客は契約を結んでいることになります。この契約の中で、飲食店側は衛生上問題のない食事を提供する義務を追っています。提供された食事に虫が入っていたのであれば、多くの場合、その義務を守れていないと評価できるでしょう。

この場合、客の取り得る方法には2通りが考えられます。

  1. 虫が入っていることに気付いた時点で作り直しを求めること
  2. 虫が入っていることに気付いた時点で食事をやめ、代金の支払いを拒否すること

『虫がはいっていることに気付いたが、虫を取り除いてそのまま完食した』場合、客側が契約上問題のないサービスの提供を受けていることを認めたとみなされる可能性があります。この場合は料金の支払いの拒否をするなどの行為は認められないかもしれません。

なお、このような事例で客側が取れる対応は、上記①②が限界と考えますので(食中毒になったという場合は別ですが)、これらを超えた要求(例えば、問題のない飲食物全ての支払いを拒否することや慰謝料の請求を求めることなど)はできないと考えます。

もしこのような要求をしつこく行えば恐喝罪や強要罪に問われる可能性がありますし、店との話合いも支払いもせず立ち去れば詐欺罪(不作為の詐欺)に問われる可能性もあります。

まとめ

虫が入っていることに気づいたらその場でお店の人に伝えるのが好ましいようですね。食べ終わったあとに文句を言ったり支払いを拒否したりするとロクなことにならなそうです。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

この記事を見た人におすすめの記事

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
 詳しくはあなたの弁護士の理念と信頼できる情報提供に向けた執筆体制をご覧ください。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

消費者被害が得意な弁護士を探す