太陽光発電投資詐欺の実態|詐欺の手口と被害を未然に防ぐ方法まとめ

弁護士法人ネクスパート法律事務所
監修記事
太陽光発電投資詐欺の実態|詐欺の手口と被害を未然に防ぐ方法まとめ

太陽光発電投資は次のような理由で近年注目を浴びていますが、中には詐欺師も紛れ込んでいる点には注意しなければなりません。

  • 固定価格買取制度が導入され収益に安定性がある
  • 利回りが良い(場合もある)
  • 節税できる
  • 環境に優しく注目が集まっている

2016年に国民生活センターに寄せられたソーラーシステムに関する相談件数は2,700件となっており、その60%が訪問販売だったそうです。

国民生活センター|ソーラーシステム

引用元:国民生活センター|ソーラーシステム

注目されている技術や事業、新しい制度など、消費者がよく理解していないけれど将来性のありそうなものに詐欺はつきものです。

今回は、太陽光発電投資詐欺の手口とその事例、被害を未然に防ぐ方法と被害に遭った際の相談先をお伝えします。

消費者被害について相談できる弁護士を探す

太陽光発電投資詐欺の手口

太陽光発電投資詐欺の手口

私達が太陽光発電投資をしようとしたとき、大まかには次の4種類の投資手段があります。

  • 土地や屋根を業者に有料で貸す
  • 土地や屋根を借りて太陽光発電を運用する
  • 太陽光発電ファンドに出資する←(太陽光発電投資詐欺はこの方法をとる)
  • 所有する土地や屋根に太陽光パネルを取り付ける←(リフォーム詐欺はこの方法をとる)

この4種類のうち、詐欺に悪用される投資手段は太文字になっている2つです。ただ、太陽光発電ファンドやリフォーム会社のすべてが詐欺というわけではないという点だけ覚えておいてください。それでは、太陽光投資発電詐欺の手口を確認していきましょう。

架空の太陽光発電ファンドに出資させる

太陽光発電ファンドとは、大規模な太陽光発電所をもち、出資者してくれた投資家に利益を分配する機関のことです。詐欺師はこの太陽光発電ファンドの関係者を装い、ターゲットに近づき甘い言葉で出資を募ります。

工事を契約させ太陽光パネルを取り付ける

ターゲットの家の屋根に太陽光パネルを取り付ける工事を契約させる手口もあります。通常の工事と比較すると費用が高額工事が雑、粗悪品を設置するなどの特徴があります。

電話勧誘や訪問販売のかたちをとりターゲットに近づく

冒頭でも述べたように、国民生活センターにソーラーシステムの件で相談した人の60%は訪問販売に関する相談です。

他にも、電話勧誘で「ソーラーパネルの無料モニターを募集している」などと興味を持たせ、ターゲットを十分にその気にさせた後、工事代を支払わせるようなパターンもあります。

【関連記事】

▶『詐欺的な訪問販売の手口と対策|制服や「義務だから」に騙されない

儲からないものを儲かると思い込ませる

この手口に関わらず、熟練の詐欺師は無価値なものを、あたかも価値のあるもののように思い込ませる能力に長けています。

太陽光発電投資に関しては、近年注目を集めていることや、電力会社が電力を決まった価格で買い取ってくれる固定価格買取制度があることもあり、いくぶんターゲットを騙す材料が多いように思います。

高齢者が狙われることも多い

高齢者は判断能力が弱っていたり、インターネットで検索する習慣がなく最新のものに関して無知で、なおかつ騙されても気づきにくかったりするため詐欺からすれば恰好の餌食です。

ご両親が騙されるのを防ぐためには、あなたの協力が必要になるかもしれません。身の回りの高齢者を詐欺師から守るための対策に関しては『高齢者詐欺の悪質な手口と周りの人たちができる対処法』でお伝えしています。

お金を支払うと連絡が取れなくなる

ファンドを装う詐欺の場合は、配当を数回支払った後にいなくなり、リフォーム詐欺の場合は工事後連絡がつかなくなります。

行方をくらまされてしまうと、こちらがとれる選択肢が少なくなってしまいますので、おかしいと思ったらすぐに適切な対策を講じる必要があります。詳しくは『詐欺にあったらすぐやらなければいけないことと詐欺と戦うための必須知識』でお伝えします。

太陽光発電投資詐欺の事例

太陽光発電投資詐欺の事例をご紹介します。

事例1|架空の太陽光発電ファンドに出資してお金を騙し取られる事例

数年前に太陽光パネルの発電事業に800万円を投資したが、配当が無くなり、事業者と連絡がとれない。返金してほしい。

引用元:国民生活センター|ファンド型投資商品

太陽光発電投資詐欺は被害額がとても高額です。この事例の被害者は、800万円という大金を投資した後詐欺師に逃げられてしまいました。このようなケースの場合、詐欺師に逃げられる前に対応することが重要です。

事例2|高齢者が狙われたリフォーム詐欺の事例

高齢の母が訪問販売で高額なオール電化工事の契約をし、一部工事が行われた。太陽光パネルを解約したいが可能か。

引用元:国民生活センター|ソーラーシステム

この事例で工事の解約が可能なのは、例えば次のような場合です。

  • 契約書面を受け取ってから8日以内
  • 契約書面を受け取っていなければ、書面を発行してもらってから8日以内
  • 契約にあたって事実と異なる説明をされた
  • 重要な事実(追加費用がかかるなど)を知らされないまま契約をしてしまった

ただ、事例1同様詐欺師が姿をくらませば請求が困難になるため、早期に対処する必要があることに変わりはありません。

太陽光発電投資詐欺を未然に防ぐ方法

太陽光発電投資詐欺を未然に防ぐ方法

太陽光発電投資詐欺に引っかからないための対策には次のようなものがあります。

自分がよく理解していないものには投資しない

自分がよくわからないものに対して「儲かるだろう」とお金を出すのは投資ではなく投機です。漠然と儲かりそうだからという理由で出資してしまう場合、リスクについても理解していない恐れがあります。

確かに、どんなメリットや機会があるかに注目することは大切ですが、同時にどんなリスクがあるのかについて目を向けるのも同じぐらい重要です。自分が理解できない物に投資する以上、お金を損するリスクは覚悟しておきましょう。

業者の身元を確認する

訪問販売が来た場合は、必ず業者や販売員の身元を確認しましょう。具体的な方法には次のようなものがあります。

  • 身分証・名刺を見せてもらう
  • 企業名と住所、連絡先を押さえる
  • 企業名をGoogle等で検索しホームページを確認する(詐欺の場合頻繁に名前を変えるため、運営年数が短くHPの作りが荒い場合がある)
  • 有名企業を語っていたとしても安心せず、インターネット調べた電話番号に連絡し事実確認をする

訪問販売員に失礼と思ってしまうかもしれませんが、高い買い物をすることを考えると、身元がわからない相手に何百万円も払うのはあまりにも無警戒過ぎます。

【関連記事】

公共機関の職員に成りすますかたり商法の手口と被害に遭った際の対処法

即決しない

セールスをされたその場で契約せずに、選択肢の1つとして覚えておきあとでゆっくり検討するよう決めておくのもいいでしょう。

ただ、詐欺師の方もあなたに冷静になられては困るので、「いまご決断いただければ特別に半額の500万円でご契約いただけます」などと言って決断を迫って来る場合もあります。

お得“感”に騙されない

  • 無料モニターを募集しており、無料で太陽光パネルを設置できます
  • 20年間で〇〇万円儲かります
  • 今だけ特別に半額でご契約いただけます

など、あたかもターゲットが得に感じるような文句を並べてきますが、そもそもが詐欺なので得なわけがありません。得な“感じがする”だけです。

本当に得かどうか判断するには、少なくとも太陽光発電投資の相場を知らなければならないでしょう。相場を知っていれば、不自然なお得感を提示されても怪しいと気づけますし、都合の良いことばかり言われると疑う気持ちを持てます。

複数の業者を比較する

本当に投資に興味があるのであれば、必ず複数業者や他の投資手段も検討しましょう。目の前の業者や提案にこだわる必要はありません。相場や業者ごとの特色を把握したうえで、焦らずに検討されることをおすすめします。

 

太陽光発電投資詐欺に遭ってしまった際の対処法

最後に、太陽光発電投資詐欺に騙されてしまった場合の対処法をお伝えします

クーリングオフをする

訪問販売や電話勧誘販売で契約をした場合、契約書面を受け取ってから8日間はクーリングオフができます。もしあなたが被害に遭ったばかりなら、すぐにクーリングオフをしましょう。

書類の書き方に関しては『クーリングオフ書面の書き方と記入例|送付前に確認したい注意点3つ』を参考にしてみてください。

専門家に相談する

騙し取られたお金をどう取り戻せばいいかわからない場合は、警察や、国民生活センター、弁護士等に相談をしましょう。詐欺に遭った際の相談先に関しては『詐欺被害の相談先4つと騙されてから相談するまでの注意点4つ』でお伝えしています。

消費者被害について相談できる弁護士を探す

まとめ

太陽光発電投資は今話題にもなっていますし、利回りが良いイメージもあることでしょう。ただ、中には詐欺師も紛れているということを忘れてはいけません。甘い言葉につられて自分がよくわからない投資先や技術に対してお金を支払わないようにしましょう。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • 太陽光発電を増設時、今年FITの契約が終了する事等のリスクを言わず、高齢者に契約させた
    実家は、2001年大手住宅メーカーで新築、屋根に太陽光発電も施工しています...
この記事を監修した法律事務所
弁護士法人ネクスパート法律事務所
2016年1月に寺垣弁護士(第二東京弁護士会所属)、佐藤弁護士(東京弁護士会所属)の2名により設立。遺産相続、交通事故、離婚などの民事事件や刑事事件、企業法務まで幅広い分野を取り扱っている。

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

消費者被害が得意な弁護士を探す