本当は離婚したい…!夫がもう無理と思う妻の特徴TOP5

( 0件 )
分かりやすさ
役に立った
この記事を評価する
この記事を評価しませんか?
分かりやすさ
役に立った
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
本当は離婚したい…!夫がもう無理と思う妻の特徴TOP5

厚生労働省の人口動態統計によると令和元年(2019年)の離婚件数は、2018年より約1,700件多い21万件!

好きな人と結婚したはずなのに、長続きしないのは何が原因なのでしょうか。この記事では、実際の夫側からの離婚申出理由を参考に、離婚しくなる妻の特徴トップ5を紹介します。

離婚したくなる妻の特徴TOP5

1:価値観や性格の不一致

断トツで多いのが「性格が合わない」という理由です。これは、夫だけでなく妻側の統計でも一番多いとなっています。

食事の好みから育児に関する考え方が合わない、妻の性格がわがままでついていけないなど、様々な理由が挙げられます。結婚する前は見えていなかった、かわいいと許せていた部分が、一緒に生活するうちにどんどん違和感となっていくのかもしれません。

2:モラハラなどの精神的暴力

妻からの些細な言葉に傷つく夫は少なくありません。容姿に関してはもちろんですが、年収や休日の過ごし方など、他の家の夫と比較して貶していませんか?

自分にとっては些細な軽口でも、夫にとっては「もう一緒にいられない」と思うきっかけになってしまうかも…。

また、言葉による暴力(モラハラ)は慰謝料請求の要因にもなり得ますので、ご注意ください。

3:妻の不倫や浮気(異性関係)

妻の不倫や浮気など異性関係を理由に離婚を決断する夫も少なくありません。

不倫や浮気は絶対にしないと思っていても、夫とセックスレスだったり、夫との関係が悪かったりするとつい目移りしてしまうかもしれません。

しかし、たった1回の不倫や浮気でも、ばれてしまうと離婚に直結するリスクが非常に高いので絶対にやめましょう。

4:家族や親族との折り合いが悪い

結婚は当事者だけのこと、といってもどうしても家同士の付き合いができるため、親族間との関係も婚姻関係を継続する上で重要です。中には、年末年始や冠婚葬祭など集まるたびに暴言を吐かれる、冷遇を受けるために妻と離婚したいと考える男性もいるようです…。

妻が実家に通い過ぎていて自立できないのも、嫁姑間の仲が悪くどうしても折り合いがつかないのも、どちらの家族関係に問題があっても離婚のきっかけになります。

5:妻の浪費がひどい

生活費を多めに渡したはずなのに、一切貯金せず毎月すぐに浪費してしまう場合、夫も離婚を考えるでしょう。

具体的には、ブランドものをたくさん買う、ママ友と高価なランチに出かける頻度が多く貯金ができないなどが挙げられます。

まとめ:そのほかの理由も要チェック!

上記5以下には、以下の理由があります。

  • 性的不調和(セックスレス・性的趣向の不一致)
  • 同居に応じない
  • 暴力をふるう
  • 家庭を顧みない
  • 生活費を渡さない
  • 病気
  • 酒を飲みすぎる

必ずしも、女性にだけ原因があるわけではありませんが、一緒に生活していくのであれば、お互いに妥協しつつ生活できればいいですね。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

数十万~数百万の弁護士費用、用意できますか?

決して安くない弁護士費用。いざという時に備えて弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

Cta_merci

離婚、相続、労働問題、刑事事件被害、ネット誹謗中傷など、幅広い事件で弁護士費用の補償が受けられます。

【弁護士費用保険メルシーが選ばれる3のポイント】

  • 保険料は1日あたり82円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

保険内容について詳しく知りたい方は、WEBから資料請求してみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
 詳しくはあなたの弁護士の理念と信頼できる情報提供に向けた執筆体制をご覧ください。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚が得意な弁護士を探す