5年同棲していた彼氏に突然ふられた35歳(女)は慰謝料請求できるのか?

( 0件 )
分かりやすさ
役に立った
この記事を評価する
この記事を評価しませんか?
分かりやすさ
役に立った
高島総合法律事務所
理崎 智英
監修記事
5年同棲していた彼氏に突然ふられた35歳(女)は慰謝料請求できるのか?

結婚する・しないは個人の自由ですが、適齢期を過ぎた独身者には、「早く結婚しないの?」などと、心ない言葉を浴びせられることがあります。

とくに女性は高齢出産になると母体が危険なこともあり、「早く」と言われがち。結婚を焦っている方も多いのではないでしょうか。

同棲相手から突然フラれたIさん

同棲相手から突然フラれたIさん

35歳女性のIさんも、強い結婚願望を持つ1人。長くつきあっている男性(30)と同棲し、結婚するよう求めましたが、のらりくらりとかわされ、5年が経ってしまいました。

ヤキモキするIさんを待っていたのは、男性からの悲痛な通告。突然「ほかに好きな人ができた」「君とは結婚を考えられない」などと告げられ、別れを切り出されます。

結婚してくれるものと思っていたIさんは納得ができず、「約束が違う。許せない。別れるなら慰謝料をもらう」と怒りをぶつけますが、男性は「人の気持ちは変わる。それを止めることはできない」「結婚していないのだから、慰謝料を支払う義務はない」と支払いを拒否しています。

Iさんは男性に慰謝料を請求することができるのか。高島総合法律事務所の理崎智英弁護士に見解を伺いました。

慰謝料を請求することはできるのか?

理崎弁護士

「交際相手との間に「婚約」あるいは「内縁」が成立していれば、女性は、交際相手に対して、婚約破棄あるいは内縁破棄に基づく慰謝料請求を行うことが可能です」

法的には「婚約」や「内縁」が成立していれば、慰謝料請求を行うことができるとのこと。

Iさんの場合、5年間という同棲期間やその他の事情から「内縁」が成立しているといえれば、慰謝料請求を行うことが可能です。

交際期間や年齢は慰謝料に影響する?

男女問わず、結婚願望を持つ人が突然相手に別れを突きつけられるのは辛いもの。

そして交際期間が長く、年齢も重ねていればいるほど、多額の慰謝料を相手に請求したくなりますよね。交際期間や年齢と慰謝料の金額はリンクするものなのでしょうか?高島総合法律事務所の理崎智英弁護士に聞いてみました。

理崎弁護士

「交際期間が長ければ長いほど慰謝料は高くなる傾向にあります。また、婚姻の適齢期を逃してしまうため、別れたときの年齢が高ければ高いほど、慰謝料は高くなる傾向にあります

せめてもの慰めに

5年間同棲し、結婚の約束を破棄されてしまったIさん。心の傷が癒やされるには時間がかかりそうですが、せめてもの慰めとして、慰謝料請求できるか検討されると良いかもしれません。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

Cta_merci

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事を監修した弁護士
高島総合法律事務所
理崎 智英
一橋大学法学部卒。平成22年弁護士登録。東京弁護士会所属。弁護士登録時から離婚・男女問題の案件を数多く手掛ける。

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
 詳しくはあなたの弁護士の理念と信頼できる情報提供に向けた執筆体制をご覧ください。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚が得意な弁護士を探す