慰謝料はもらう権利はありますか?またいくら程度ですか?

2016年12月03日困ったさん

当方、原付バイクで交差点を右折中に右から追い越しをしようとした車にバイク右後ろと車の左前タイヤと接触し投げ出され打撲全治2週間の打撲を負いました。過失割合は100:0です。弁護士特約は契約していますが、保険会社は相手方と同じ東京海上日動です。宜しくお願いします。交通事故にしては軽微な負傷なのかなと思い警察には人身にするか物損にするか決めてほしいと言われていますが、12/9まで
待ってもらっています。

回答一覧

  • 回答日:2016年12月05日
    回答弁護士
    伊藤 勝彦 弁護士

    通院をされたのであれば慰謝料が認められます

    実際にお怪我をされているのであれば、警察への届出は人身事故としていただく方がいいと思われます。
    慰謝料は、事故でお怪我をされ通院をされたのであれば認められます。金額は、怪我の程度、通院期間、通院日数等により決まりますので、詳細は弁護士に相談されることをお勧めします。

    より詳細なアドバイスをご希望の場合は、直接問い合わせください。

    05035191717

    定休日:月曜/火曜/水曜/木曜/金曜/土曜/日曜/祝日

    メールで問い合わせする

    ※現在は営業時間外です。お問い合わせフォームのご利用をオススメします。

  • 回答日:2016年12月05日
    回答弁護士
    井野邊 陽 弁護士

    人身にされることをお薦めします

    >交通事故にしては軽微な負傷なのかなと思い警察には人身にするか物損にするか決めてほしいと言われていますが
    過失割合は100:0ということですが,あとで話が変わるかもしれませんので,診断書を警察に提出し,人身扱いにされることをおすすめします。
    物損だと実況見分調書などが作成されないため,後で立証に困ることがあります。
    慰謝料はもちろんもらう権利があります。金額は,けがが治るか後遺症を残して症状固定するまで確定しませんが,2週間(入院なし)で完治した場合は裁判基準で8万円程度です。

    より詳細なアドバイスをご希望の場合は、直接問い合わせください。

    05035191866

    定休日:月曜/火曜/水曜/木曜/金曜/土曜/日曜/祝日

    メールで問い合わせする

    ※現在は営業時間外です。お問い合わせフォームのご利用をオススメします。

  • 回答日:2016年12月05日
    回答弁護士
    山﨑 賢一 弁護士

    慰謝料はもちろんもらえます

    困ったさん様

    過失無く、交通事故にあい、怪我をして通院した以上、慰謝料は当然にもらえます。また、怪我により仕事を休んだのであれば休業損害ももらえます。

    慰謝料の額ですが。それは通院期間及び通院回数で決まります。
    全治2週間との診断でも念のため、1ヶ月以上通院した方がいいでしょう。

    仮に、1ヶ月であれば、打撲の場合、3日に1回以上の通院を前提として、その額は、裁判基準で19万円となります。
    2ヶ月の場合は36万円、3ヶ月であれば53万円となります。
    以上の金額は、あくまで裁判基準ですので、弁護士が示談交渉すれば、その8割から9割程度での示談となるのが通常です。

    なお、事故については、後々のため、人身事故にしておいた方がいいでしょう。

    弁護士山﨑賢一

    より詳細なアドバイスをご希望の場合は、直接問い合わせください。

    05035191806

    定休日:月曜/火曜/水曜/木曜/金曜/土曜/日曜/祝日

    メールで問い合わせする

    ※現在は営業時間外です。お問い合わせフォームのご利用をオススメします。

  • 回答日:2016年12月08日
    回答弁護士
    中村 勉 弁護士

    通院期間又は通院日数に応じた慰謝料を請求できます。

    傷害を負った場合の慰謝料としては通院期間又は通院日数に応じた慰謝料が請求できます。ある基準によれば,たとえば通院期間1か月の場合,お怪我の程度等により,29万円~16万円の請求が可能です。なお,お怪我をされたのであれば,きちんと警察に人身事故の届をするのが良いでしょう。

    弁護士法人中村国際刑事法律事務所
    弁護士 金 建龍

    より詳細なアドバイスをご希望の場合は、直接問い合わせください。

    05035191738

    定休日:月曜/火曜/水曜/木曜/金曜/土曜/日曜/祝日

    メールで問い合わせする

    ※現在は営業時間外です。お問い合わせフォームのご利用をオススメします。

交通事故問題に関する法律ガイドを見る

弁護士を探す