名誉毀損に該当する表現でしょうか?

2018年11月17日

先月、某県でバラバラ殺人・死体遺棄事件について報道がネットでなされており、私自身はそのネット記事コメント欄に「バラバラ殺人の動機は遺体の隠蔽が主である。」との持論を一般論として述べました。

現状、報道を見る限りは被疑者から具体的な殺人方法の動機について供述は得られてないようなのですが、もし仮にその殺人方法(バラバラ)の動機が遺体の隠蔽ではなく、怨恨や遺体を運びやすくするため、といった場合、私は被疑者の社会的評価を低下させたことにより、名誉毀損罪に問われるのでしょうか?

そもそも私の持論は名誉毀損罪の構成要件である「具体的な事実の摘示」にあてはまるでしょうか?

又、民事においては損害賠償責任に問われるケースでしょうか?
長文恐れ入りますが、どうかご回答の程、宜しくお願いします。

弁護士の回答一覧

  • 回答弁護士依田 敏泰
    対応地域埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

    全く気にする必要はありません。

    あなたがネット記事のコメント欄に投稿したのはあくまでも一般論としてのことでありますし、そもそもバラバラ殺人を犯すこと自体が、非道な残忍な凶悪犯罪なのであって、その動機がどうであるかによって、その犯罪行為の社会的な評価が変わるというものでもありません。

    また民事において損害賠償請求されるなどということも全くあり得ません。
    バラバラ殺人を犯したとされる被疑者は、人違いであるなど(冤罪だった)の理由で無罪にならない限りは、相当長い年月、刑務所に服役しなければならないことは確実ですし、被疑者が社会復帰したときにあなたの投稿を見つけるということはまずないと思われます。
    また昨今、犯罪が凶悪であるか否かを問わず、ある人が警察に逮捕されたなどの情報は、直ちにインターネットの記事として配信され、あなたのみならず極めて多くの人が、本当の事実関係を知らず、被疑者の言い分も聞かないままに、逮捕された被疑者を非難するような投稿をしているのが現状です。その極めて多くの投稿者の中から、とりわけあなたの投稿だけがピックアップされて損害賠償請求の対象として狙い撃ちされることはないのではないでしょうか。

    しかし、警察とて間違いを犯すことはあるわけです。逮捕された「犯人」にも言い分は当然あるわけで、裁判官でも裁判員でもないのに、あれこれ逮捕された「犯人」を一方的に非難するような投稿は褒められたことでないことは事実です。
    名誉毀損であるなどとご心配する必要はありませんが、今後はそのような投稿は差し控えられるべきだと存じます。

Prevent banner

Q&Aを探す

この質問に関連するQ&A

  • 正当防衛について相談日:2017年05月02日

    例えば高校生が凶器を持っている男に襲われたとします。
    そこで高校生が男から取り上げた凶器、もしくは所持していた凶器となりうる物で男を殺します。これは正当防衛ですか?
    そして高校生が過去に同様な行為多数行っていた場合も正当防衛あたりますか?

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • ネット相談日:2017年05月06日

    ネットにはたくさんの動画が載っていますが、閲覧しただけで逮捕される動画等あるのでしょうか。

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 信販会社と販売店の連携による詐欺行為ではないでしょうか?相談日:2017年07月17日

    法人として、A社より太陽光発電設備を購入しました。

    信販会社による15年ローンです。A社から完工確認のため、現地の写真が送られてきて、その数分後に信販会社より「完工確認しましたか?」という連絡が電話でありました。

    現地に行く暇もなく、「写真だ...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 治療費、ストーカーについて相談日:2017年09月17日

    6/3に元交際相手より暴力を振るわれ傷害事件になりました。示談成立にて不起訴となりましたが、先方にお金がないとの事で受け取った示談金を全額返却。7/1に別れました。

    その後、先方がストーカーのようになり警察に相談して示談金返却は不要なので一切連...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • プライバシーの侵害相談日:2018年10月25日

    会社の寮で私が違反を犯しているかもしれないということで自分の部屋に勝手に入るというのは、プライバシーの侵害では、ないですか?

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る

刑事事件問題に関する法律ガイドを見る

新しく相談する


弁護士を探す