しつこいナンパは犯罪?軽犯罪法違反に該当する行為とは

( 0件 )
分かりやすさ
役に立った
この記事を評価する
この記事を評価しませんか?
分かりやすさ
役に立った
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
しつこいナンパは犯罪?軽犯罪法違反に該当する行為とは

ナンパとは、男性が面識のない女性に対して声をかけて仲良くなろうとすること。ある程度栄えている街や、繁華街にいけば日常的に行われていますよね。

ナンパされすぎて何も感じない女性もいるようですが、やはりナンパされたくない女性は多いようです。

しつこいナンパは犯罪?軽犯罪法違反に該当する行為とは

しつこいナンパは犯罪?軽犯罪法違反に該当する行為とは知らない女性に声をかけるこのナンパという行為、話しかける行為自体が犯罪であることはさすがにないと思いますが、しつこく声をかけたり付きまとったりする行為って法律的にどうなのでしょうか?

さすがに『ナンパ罪』はないと思いますが…筆者が調べてみました。

しつこいナンパは軽犯罪法違反で捕まってしまう可能性がある

しつこくナンパをしていると軽犯罪法違反となる可能性があるようです。その証拠がこちら。

軽犯罪法 第一条

二十八 他人の進路に立ちふさがつて、若しくはその身辺に群がって立ち退こうとせず、又は不安若しくは迷惑を覚えさせるような仕方で他人につきまとつた者

【引用:軽犯罪法 - 電子政府の総合窓口 e-Gov

どうでしょう。『人の歩くのを邪魔したり、迷惑をかけたりしたらダメ!』としっかり書かれていますね。

この違反には、一応拘留(1日~29日間刑事施設で反省)、または科料(1万円以下の罰金のようなもの)のペナルティが定められているようです。実際にこのペナルティが科される可能性は極めて低いと思われますが、万が一ということもあります。

何事も節度ある行動が大切ですね。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

数十万~数百万の弁護士費用、用意できますか?

決して安くない弁護士費用。いざという時に備えて弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

Cta_merci

離婚、相続、労働問題、刑事事件被害、ネット誹謗中傷など、幅広い事件で弁護士費用の補償が受けられます。

【弁護士費用保険メルシーが選ばれる3のポイント】

  • 保険料は1日あたり82円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

保険内容について詳しく知りたい方は、WEBから資料請求してみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
 詳しくはあなたの弁護士の理念と信頼できる情報提供に向けた執筆体制をご覧ください。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

刑事事件が得意な弁護士を探す