誹謗中傷で逮捕される基準|加害者の受ける刑罰と逮捕された際の対処法

弁護士監修記事
弁護士を探すなら『あなたの弁護士』
誹謗中傷で逮捕される基準|加害者の受ける刑罰と逮捕された際の対処法
シェアtwitterはてブ

現代ではネットが普及して誰でも匿名で気軽に発信できる状況になっているため、特にターゲットに対して執着心もないのに関わらず、なんとなく誹謗中傷を書き込んでいる人も少なくありません。

しかし、誹謗中傷は歴とした犯罪行為です。何気ない書き込みで逮捕されてしまったという事例は珍しくないのでご注意ください。

この記事では誹謗中傷の逮捕の基準やその後の対処法について紹介しますので、誹謗中傷を書き込んでしまったから万が一に備えておきたいという場合は、ご参考にして頂ければ幸いです。

刑事事件について相談できる弁護士を探す

誹謗中傷で科される刑罰

誹謗中傷により、被害者の実生活になんらかの悪影響を生じさせてしまうと、以下の罪に問われ逮捕されてしまう可能性があります(ただ、侮辱罪で逮捕される可能性は極めて低いのが実情です。)。

名誉棄損罪

名誉棄損罪(めいよきそんざい)とは、「あいつは元犯罪者だ」など公然の場で事実を公表してその人の名誉を傷つける発言をした際に適用される刑罰です。その際に公表された事実の真偽を問わず犯罪行為として扱われます。

公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

引用:刑法第二百三十条

名誉棄損罪が確定した加害者には、3年以下の懲役もしくは禁錮または五十万円以下の罰金が罰として科されます。

侮辱罪

侮辱罪(ぶじょくざい)とは、「アホ・ハゲ・デブ」など人を馬鹿にして辱める行為を公然の場で行った際に適用される刑罰です。名誉棄損罪のように事実ではなく悪口だと判断される場合は侮辱罪として扱われます。

事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。

引用:刑法第二百三十一条

侮辱罪で有罪が確定した加害者には、1日以上30日未満の勾留または1,000円以上1万円未満の科料(罰金)が刑罰として科されます。

信用毀損罪

信用棄損罪(しんようきそんざい)とは、「あの店のパンに虫が挟まっていた」など嘘の情報を流して他者の信用を落とした際に適用される刑罰です。正当な理由と根拠もなくこのような誹謗中傷をした場合は信用棄損罪として扱われます。

虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

引用:刑法第二百三十三条

信用棄損罪が確定した加害者には、3年以下の懲役または五十万円以下の罰金が刑罰として科されます。

誹謗中傷の逮捕例

誹謗中傷の逮捕例

SNSで飲食店の異物混入を虚偽投稿

高松市に在住の男性(25)が飲食店で食べた寿司の中に異物が入っているとFacebookで投稿して名誉棄損の容疑で逮捕された事件。

詳細:「すしに異物」とフェイスブックに投稿 25歳無職男を名誉毀損で逮捕

男性は医療機関で診察を受けるが口の中に切り傷は見られず、飲食店の調査を行っても破損した備品は発見されなかったため、異物が本当に混入されていたのかと疑いがかけられ調査が進められることになりました。

病院内に誹謗中傷のビラを貼りまわる

女性研修医(25)が自分の勤める病院内で知人の男性を中傷するビラを貼りまわり、名誉棄損の疑いで逮捕された事件。

詳細:「○○○は最低最悪の人間」“美形”研修医が病院のトイレに貼り回った中傷ビラ ネットに乱れ飛んだ憶測

張り出されたビラを見て病院が誹謗中傷を受けている男性に連絡を入れ、男性が被害届を出して捜査が開始されました。その後は防犯カメラにより女性研修医が張り出したものであることは判明して逮捕に繋がります。

刑事事件について相談できる弁護士を探す

名誉毀損として逮捕されないケース

名誉毀損として逮捕されないケース

公共の利害に関わる事実の暴露

「あの政治家は裏で不正を働いている!」など、公共性のある問題について、公的目的で事実を発信し、当該内容が真実である場合又は真実であると信ずる相当な理由がある場合は、名誉毀損にはなりません。政治家の汚職や企業の不祥事がニュースで報道されても罪に問われないのはそのためです。

ただし、上記の通り、内容が真実であるか、真実と証明できる根拠が必要になります。証拠が一切ないのにも関わらず上記のような主張をしてしまうと、名誉棄損罪に該当してしまうのでご注意ください。

当事者間だけの口論での誹謗中傷

周囲から誰も見られることがない状況の口論で誹謗中傷をしても、公然性がなく罪に問われません。上記で紹介した誹謗中傷の刑罰は公然の場で他者を貶めた時に適用されるものだからです。

ネット上の他者から回覧できる場所で誹謗中傷をした場合は当事者間だけのやり取りでも刑罰が適用されてしまいますが、現実での口論で誹謗中傷が認められるケースはほぼないと言えるでしょう。

ネットの匿名投稿でも個人情報は見えている

サイトの掲示板やコメント欄への書き込みは、回覧者から書き込み主のIPアドレスが確認できる仕様になっていることが多いです。

このIPアドレスを警察に提出されると、誰のパソコン(ケータイ)からいつどこで書き込まれたかというデータが直ぐに特定されてしまうため、そうなったら逮捕を逃れるのは難しいでしょう。

関連記事:ネットの書き込みを特定するための方法と手順|悪質な場合の相談先

警察からの要請があれば、サイト管理者はIPアドレスを提供しますし、プロバイダも登録された利用者の個人情報を提供するのが通常です。そのため、警察が本腰を入れて捜査すればネット投稿者の特定は比較的容易です。

誹謗中傷で逮捕された後の流れ

誹謗中傷で逮捕された後の流れ

誹謗中傷で逮捕されると上図の流れで手続きが進められていきます。警察署での取調べ→検察庁での取調べを受けて、そのまま刑事裁判(起訴)まで進み有罪判決が下されて刑罰が確定というのが逮捕後の基本的な流れです。

なお、裁判に進む前に被害者と示談できれば起訴されないまま手続が終了し、前科がつくのを避けられる可能性があります。

刑事裁判は有罪率が約99.9%とかなり高いので、起訴が確定する前に問題を解決しなければいけません。そのための対処法を次項でご紹介させて頂きます。

誹謗中傷で逮捕された際の対処法

誹謗中傷で逮捕された際の対処法

逮捕後は直ぐに弁護士に相談する

逮捕時の取調べの供述はその後どのように手続きが進められるかに大きく影響してくるので、取調べが始まる前に必ず弁護士から供述のアドバイスを受けておきましょう。

「弁護士なんて急に準備できないよ!」と思われるかもですがご安心ください。被疑者には逮捕中に1度だけ無料で弁護士を呼んでもらえる当番弁護士制度という救済制度があるので、警察に弁護士を呼んでほしいと申し出るだけで弁護士相談を受けられます。

取調べ前に警察が「弁護士を呼びますか?」と確認してくれるので、必ず依頼するようしましょう。取調べ前にどのように供述すれば減刑されやすいかを確認しておけば、自分だけで取調べに臨むよりも釈放される可能性が高くなります。

関連記事:逮捕されるまでとされた後の流れ|逮捕されてしまった時にすべきこと

刑事事件について相談できる弁護士を探す

勾留中は被害者との示談交渉を検討する

逮捕後にまだ取調べが必用だと判断されると警察署から検察署へ移され勾留が開始されますが、その期間中に被害者と示談交渉により和解をして被害届を取り下げてもらえれば、不起訴を受け、刑事罰を受けずに済ませる可能性が高まります。

ただ、被害者が自分を誹謗中傷した相手との示談に素直に応じてくれる可能性は低いので、その際は弁護士を通じて交渉を試みると良いでしょう。

60~80万円の弁護士費用は必要になりますが、どうしても前科は避けたいという場合には弁護士への示談交渉依頼を検討してみることをおすすめします。

関連記事:刑事事件の弁護士費用内訳と相場 | 選任する前に確認したい料金形態

まとめ

大まかな定義をすると、誹謗中傷とは公然の場で他者の実生活に影響が生じるような発言・書き込みをする行為です。

軽い気持ちでしたネットの書き込みでも逮捕に繋がる可能性は十分にありますので、もし万が一の状況に陥ってしまいそうな場合は、当記事で紹介した対処法をお役立ていただければ幸いです。

この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

シェアtwitterはてブ

弁護士を探す