マルチ商法で扱われる商品や報酬形態の種類|勧誘をいち早く見破る知識

( 5件 )
分かりやすさ
役に立った
この記事を評価する
この記事を評価しませんか?
分かりやすさ
役に立った
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
マルチ商法で扱われる商品や報酬形態の種類|勧誘をいち早く見破る知識

マルチ商法の会社にはいくつか種類がありますが、扱う商品や勧誘員にはある程度特徴があります。いくつかのポイントを押さえておくことで、知らないマルチ商法の会社から勧誘をされたときも、「もしかして」とある程度気づけるようになるでしょう。

今回は、マルチ商法の商品や報酬形態の種類に触れつつ、勧誘員の特徴や断り方などについてもお伝えしていきます。

マルチ商法でよく売られる商品の種類とその商品が売られる理由

マルチ商法でよく売られる商品の種類とその商品が売られる理由

まずは、マルチ商法ではどのような商品がどういった理由で売られるのか、くわしく見ていきましょう。

マルチ商法でよく売られる商品

マルチ商法では、次のような日用品が主に販売される傾向があります。

  1. サプリ
  2. 化粧品
  3. 健康食品
  4. 健康器具
  5. 布団
  6. 浄水機
  7. 空気清浄機
  8. 情報商材
  9. セミナー
  10. 旅行会員権

マルチ商法で日用品がよく売られる理由

では、なぜ日用品が売られることが多いのでしょうか?その理由をいくつかお伝えします。

日用品は誰でも使うから

マルチ商法の勧誘員は、人を勧誘するだけでなく、その会社の商品を販売することでも利益を得ています。そもそも商品自体が売れなければ、いくら組織を拡大したところで利益は上がりません。

その点、日用品であれば誰もが使います。

  1. 「日用品をより質が良いものに変えてもらうだけ」
  2. 「日用品はみんなが使うから、誰もが見込み客

これは筆者が過去に言われた勧誘文句です。こう聞くと確かに売れそうな気がしてきますが、必ずしもこの勧誘文句の通りに行くわけではありません。

日用品は誰でも使いますが、マルチ商法に興味がない人もいますし、日本においてはマルチ商法のイメージが良くありません。マルチ商法の商品を買いたがらない人もいるので、誰もが見込み客という勧誘文句は必ずしも現実を反映したものではありません。

質の高い商品を作れるから

マルチ商法の商品は質が高いと言われています(主にマルチ商法関係者に)。その理由は次の通りです。

スーパーやコンビニに並んでいる商品は、製造されてからあなたの手に届くまで次のルートを辿ります。

メーカー→卸売業者→小売業者→あなた

マルチ商法の場合は、卸売業者と小売業者を経ませんので、次のような流れになります。

メーカー→あなた

このように流通をショートカットするので、仲介に対して支払う手数料・人件費分の出費が発生しません。そのコストを商品開発に回すことで、高品質の商品を開発しているのだそうです。

リピートされるから

質が高い上に日用品は消耗されますから、一度自分の下に会員を増やしてしまえば、労働時間に依存しない権利収入が発生するのだそうです。ここまでの説明を聞く限り、儲かりそうな気がしてきませんか?

ただ、勧誘文句のとおりに稼げている人はほんの一部です。「経済的自由を得られる」と勧誘時に言われることもありますが、不労所得ではなく権利収入という言葉を使っている点からも、「働かないで暮らせますよ」と断言しないようにしている様子を推察できます。

マルチ商法報酬の種類

マルチ商法では、どのような報酬形態を取っているのでしょうか?以下でお伝えします。

バイナリープラン

バイナリープラン

自分の直系に2人しかつけられないプランです。3人以上勧誘した場合、図のように1人目の下に3人目と4人目、2人目の下に5人目と6人目と人がついていきます。報酬に関しては、直下についているグループの内、売上が低かった方が基準となります。

ワンナリープラン

ワンナリープラン自分の直下に1人しかつかないプランです。先に始めた人だけが有利にならないよう、売上が一定額を超えると独立するような、他の仕組みと一緒に運用されていることもあります。

ステアアッププラン

自分のグループの売上に比例して報酬額が上がっていく仕組みです。

ユニレベルプラン

ステアアッププランは自分の下についたグループの売上に比例して報酬額が増えていく仕組みでしたが、ユニレベルプランはその階層に制限がついた仕組みです。

マトリックスプラン

報酬が発生する階層や、直下につけられる会員の人数に制限のあるプランです。

ブレイクアウェイプラン

自分直下のグループの売上が一定額を超えると、そのグループごと独立する仕組みです。この仕組が採用されていれば、自分を勧誘した人より稼ぐことも可能です。

マルチ商法勧誘員を見抜くための知識と上手な断り方

マルチ商法勧誘員を見抜くための知識と上手な断り方

久々に連絡をしてきた人と会ってみたらマルチ商法の勧誘だった、という経験をした人は少なくないでしょう。

本来であれば、マルチ商法の勧誘員は第一声でマルチ商法の勧誘目的でアポを取ろうとしている旨を伝えなければいけない(特定商取引法第33条の2)のですが、違法な勧誘をしている人が多くいます。

早期にマルチ商法勧誘員を見抜き、上手に断るにはどうすれば良いのでしょうか?

マルチ商法勧誘員の特徴を知っておく

マルチ商法の勧誘員にはある程度共通のパターンがあります。よく使う言葉としては次のようなものがあります。

  1. わくわく
  2. ご縁
  3. 感謝
  4. 権利収入
  5. 金持ち父さん貧乏父さん
  6. 経済的自由
  7. 引き寄せ

また、行動面に関してもある程度パターンがあります。

  1. 久しぶりに連絡をしてくる
  2. やたら会おうとしてくる
  3. FacebookやTwitterにセミナーやパーティーに参加した書き込み、写真を投稿する
  4. 勉強会やセミナーによく行く
  5. 師匠・メンターを紹介したがる
  6. 悩みや不安を聞いてくる
  7. 年金制度や終身雇用の崩壊などの話をしてくる
  8. 会社に依存しない収入の必要性を主張してくる

このように、マルチ商法の勧誘員やその勧誘方法に関しては、ある程度パターンがありますので、早期に気付いて回避することも可能です。

マルチ商法の上手な断り方

早めに勧誘に気づいて2人で会わないようにすれば断るシチュエーションにはなりません。ただ、気づけないまま勧誘をされた場合など、なかなかうまく断れなかったり、断ってもしつこく勧誘をされたりすることもあります。

基本はきっぱりと断ることですが、はっきりNOというのが苦手な人もいるでしょう。

マルチ商法以外の悪徳商法に関して

マルチ商法以外の悪徳商法に関して

マルチ商法は特定商取引法に連鎖販売取引と規定されており、組織形態自体は違法ではありません。ただ、勧誘の仕方が特定商取引法で厳しく規定されており、違法な勧誘をする人が少なくありません。

過去に問題になったこともあり、合法ではあるもののマルチ商法は悪徳商法に分類される場合もあります。ただ、悪徳商法の中にもマルチ商法のようにグレーなものや、限りなくブラックに近い、むしろブラックな手口まで様々あります。

悪徳商法の種類にはどのようなものがあるのかに関しては、『悪徳商法』でお伝えします。

マルチ商法でトラブルに巻き込まれた際の相談先

マルチ商法でトラブルに巻き込まれた際の相談先

マルチ商法に関してトラブルに巻き込まれた際は、状況や被害の程度に応じた相談先にできるだけ早く連絡をしましょう。困ったときの連絡先に関しては、『悪徳商法 相談』でお伝えします。

まとめ

今回は、マルチ商法の商品や報酬形態、他の悪徳商法の種類などをお伝えしてきました。マルチ商法の会社にはいくつか種類がありますが、勧誘員の特徴や勧誘方法に関しては似ている点も多いので、何度か勧誘をされれば次第に見抜けるようになっていくでしょう。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

数十万~数百万の弁護士費用、用意できますか?

決して安くない弁護士費用。いざという時に備えて弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

Cta_merci

離婚、相続、労働問題、刑事事件被害、ネット誹謗中傷など、幅広い事件で弁護士費用の補償が受けられます。

【弁護士費用保険メルシーが選ばれる3のポイント】

  • 保険料は1日あたり82円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

保険内容について詳しく知りたい方は、WEBから資料請求してみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • マルチ商法詐欺
    20歳の大学生の息子が友人から勧誘されて、バイナリーオプション取引の情報商...
  • マルチ商法
    飲みで知り合った人にfxの自動販売システムを100万でどうかと言われました...
  • マルチ商法?
    知り合いにFXを始めないかと言われ30万請求され断りきれず払ってしまいまし...

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
 詳しくはあなたの弁護士の理念と信頼できる情報提供に向けた執筆体制をご覧ください。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

消費者被害が得意な弁護士を探す