裁判でも有効な浮気の証拠|浮気を認めさせるための手引き

弁護士法人ネクスパート法律事務所
監修記事
裁判でも有効な浮気の証拠|浮気を認めさせるための手引き

浮気を認めさせる証拠は、具体的にどんなものが有効とされているのでしょう。証拠というからには、裁判でも有効とされる証拠を獲得したいものですね。また、自分で証拠を集める手段や注意点についても気になります。

もし、配偶者に浮気の兆候が見られた場合、まずはその事実を自分の目で確かめたいと思うのではないでしょうか。そんなあなたの力になるため、今回は以下のことについてご紹介します。

  • 裁判で相手の浮気を立証するのに有利な7つの証拠
  • 離婚裁判や慰謝料請求で使えない浮気の証拠
  • 浮気の証拠がなくても離婚や慰謝料請求できるのか
  • すぐ実践できる浮気の証拠を自分で集める方法
  • 自分で浮気の証拠を集める際に注意したいこと
  • 再構築を目指す人にも浮気の証拠が使える理由

【無料】浮気診断シミュレーター!3つの質問に答えるだけ!【PR】

HAL探偵社

「夫の浮気メールを発見したがいつ会っているか分からない…」「妻の週末の帰りが遅く浮気が心配だ…」「交際相手が浮気してるかも…」「浮気調査費用っていくらぐらいだろう…」
そんなときは浮気診断シミュレーターをご利用ください。裁判でも使える浮気の証拠集めはプロにお任せ。確かな証拠を掴むことが解決への第一歩となります。

交際相手の浮気診断をする ≫裁判でも有効な浮気の証拠|浮気を認めさせるための手引き

裁判でも有効|浮気の立証に有利な7つの証拠

裁判で配偶者の浮気を立証するのに有利な証拠を以下にまとめました。共通して言えることは、どれも肉体関係があったと証明できるものであることです。

浮気相手とラブホテルに出入りしている写真や動画

一度しか証明できなかった場合、配偶者が「ちょっと魔が差した…」と言い訳すれば、裁判でも不貞行為と認められない可能性があります。

最低でも3回以上ラブホテルに出入りしている写真や動画を確保できると良いでしょう。その際、滞在時間も押さえておくために、写真や動画に日付や時間を残しておくことが大切です。

浮気相手宅に出入りしている写真や動画

浮気相手の家に出入りしている写真や動画も有効な証拠になり得ます。こちらも、一度ではなく何度か出入りしている瞬間を押さえておく必要があります。

浮気相手と宿泊ありの旅行に出かけている写真

浮気相手と二人で宿泊ありの旅行に出かけている写真も、裁判で有効な証拠であると言われています。

車の中で不貞行為をしているとわかる写真や動画

宿泊施設でなくても、車内での不貞行為も写真や動画に押さえておくで、浮気を立証するために有効な証拠となります。

肉体関係があると判断できるメール履歴や手紙

メール履歴や手紙などに、肉体関係があったと判断できるような文章があった場合、証拠として認められるようです。

調査会社からの報告書

第三者が調査した内容となるため、裁判で非常に有効な証拠となり得ます。費用負担がネックで依頼を躊躇する人もいるようですが、ぜひとも活用したいところです。

友人や会社の人など第三者の証言

友人や会社の人が、配偶者と浮気相手がラブホテルに入るところを見たといった事実があれば、その証言も有効な証拠となり得るようです。

 

離婚裁判や慰謝料請求で使えない浮気の証拠とは

離婚裁判や慰謝料請求で使えない浮気の証拠とは

以下に挙げたものは、離婚裁判や慰謝料請求の際、浮気の証拠として裁判で認められないようです。しかし、これらを活用することで浮気の決定的瞬間を押さえたり、集めた証拠の裏付けとして役立つ可能性があります。集めておいて、あなたが不利な立場になることはないでしょう。

  • 配偶者と浮気相手のツーショット写真
  • あたり障りない内容のメールや通話履歴
  • ラブホテルの会員証や領収書
  • 異性向けのプレゼントやその領収書

 

浮気の証拠がなくても離婚や慰謝料請求できる?

浮気の証拠がない状態で認めさせるのは難しいでしょう。しかし、離婚や慰謝料請求のほとんどは相手との話し合いから始まります。そこでもし、相手が素直に認めれば、請求が通る可能性があります。可能性が全くないという訳ではありません。

 

すぐ実践できる浮気の証拠を自分で集める方法

誰でもすぐに実践可能な浮気の証拠を集める方法をまとめました。もし配偶者が浮気をしていると感じたら、以下のことを試してみると良いでしょう。

とはいえ、相手はあなたに一番警戒心を抱いている状況ですから、慎重に行うことが大切です。

  • メール内容や履歴、通話記録をチェックして記録に残す
  • メールや通話履歴から浮気相手の情報を押さえておく
  • GPSやICレコーダーを忍ばせておく
  • ポケットや財布、カバンの中身を調べる
  • 車の中やカーナビの履歴を調べる
  • クレジットカードの明細
  • 配偶者が使用しているパソコンやスマホのネット履歴を調べる
  • 配偶者の様子や自分の心情を綴った日記をつける
  • 集めた情報を分析して浮気のパターンを探り決定的瞬間を押さえる

自分で集めた証拠を元に調査会社へ依頼するのもおすすめ

決定的な証拠を押さえられなくても、集めた証拠を元に浮気のパターンを絞って調査会社に依頼する方法もあります。何もない状態から依頼するよりも安く、効果的に調査してもらえるでしょう。無理に一人で抱え込まず、プロに頼るのも手段のひとつと言えます。

調査会社の報告書で初めて相手が浮気を認めることもある

中には、自分で集めた証拠を提示しても浮気を認めない人もいるようです。相手に言い逃れさせないためにも、調査会社の報告書はあなたの役に立ちます。第三者の介入は、決定的証拠を押さえるだけでなく、相手に浮気を認めさせる有効な手段と考えるべきでしょう。

自分で浮気の証拠を集める際に注意したいこと

自分で浮気の証拠を集める際に、注意しておきたいことがあります。決定的証拠を集めるためだけでなく、あなた自身を守る上でも大切なことです。

離婚(慰謝料)請求をするまではポーカーフェイスに努める

配偶者の浮気を知った時、相手への怒りや悲しみなどにより、あなたの態度が急変してしまうかもしれません。

そうなると、相手の警戒心は増し、浮気の証拠を押さえるのが困難になる危険性があります。とても辛い状況であるかとは思いますが、離婚や慰謝料請求を相手にするまでは、普段と変わらない態度でいるようにしましょう。

浮気の証拠がそろうまで配偶者に言わない

さらに、浮気の事実を知ってしまうとその場で配偶者に問い詰めたくなるかもしれません。しかし、こちらの立場を有利にするためにも、証拠がそろっていない段階で相手に浮気を問い詰めるのは控えるべきでしょう。

しっかりとした証拠を提示し、相手に浮気を認めさせるには、あなたが冷静であることがとても重要なのです。

一人ですべてを抱え込まない

配偶者の浮気について、友人などに相談しづらいと思っている人が多いようです。しかし一人ですべてを抱え込んでしまうと、冷静な判断能力が失われ、思いもよらない行動に出てしまうかもしれません。

周りの人に言いづらい場合、弁護士の無料相談などでも良いので、第三者に相談するなどして、一人で抱え込まないようにしましょう。

離婚問題について相談できる弁護士を探す

浮気の証拠は再構築を目指す人にも使える

浮気の証拠は再構築を目指す人にも使える
浮気の証拠は、離婚や慰謝料請求だけでなく、夫婦関係の再構築を目指している人にとっても有効だということをご存知でしょうか。

その理由は、浮気をした配偶者から離婚請求をされても、相手に有責がある場合、あなたに離婚を拒否する権利が生まれるためです。再構築を目指している人も、浮気の証拠を押さえておくことをおすすめします。

配偶者と再構築して浮気相手に慰謝料請求も可能

浮気の証拠があれば、配偶者と夫婦関係を再構築をして浮気相手に慰謝料を請求することも可能です。

その際、浮気相手の情報が必須となるため、必要に応じて調査会社を活用すると良いでしょう。調査会社は相手の情報を確実に得るためにも有効な手段と言えます。

まとめ

配偶者に浮気を認めさせるためには、言い訳できない決定的瞬間を証拠として押さえておく必要があります。そして、その証拠を集めるために、多大な労力を費やさなければなりません。

とても大変な状況かと思いますが、この記事を読んで、少しでもあなたの役に立つことができれば幸いです。

HAL探偵社まとめ

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • 慰謝料を請求できる浮気の証拠
    夫のメールの履歴に2年前から特定の複数の女性とのメールのやり取りがあります...
  • 浮気をして物的証拠がある場合の慰謝料
    年収は300万〜400万です、子供は6歳で、半年間浮気しているといわれ、第...
  • 探偵会社の証拠
    妻の浮気調査を探偵会社に依頼し、写真をもらったのですが、ラブホテル街を男と...
  • 慰謝料請求の際の証拠として有効ですか?
    会社経営の主人が社員と不倫をしています。不貞証拠はとれていません。社内での...
この記事を監修した法律事務所
弁護士法人ネクスパート法律事務所
2016年1月に寺垣弁護士(第二東京弁護士会所属)、佐藤弁護士(東京弁護士会所属)の2名により設立。遺産相続、交通事故、離婚などの民事事件や刑事事件、企業法務まで幅広い分野を取り扱っている。

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚が得意な弁護士を探す