兄弟の扶養義務等について

その他民事事件
その他

43歳、契約社員、実家暮らしの兄がいます。私は結婚して家を出ており、正社員で、子ども2人います。兄は昔から気に入らないことがあると怒鳴り、家では威張り散らしていて、今でも実家に居座っていて自立する気はありません。両親も兄には出ていってほしいと思っていますが、出て行かない状況が続いています。私は兄と関わりたくないため、実家とは疎遠になっています。両親の死後、兄に何かあった(無職になった、介護が必要になった、借金をした等)場合、兄に援助等の義務が発生するのでしょうか?義務がある場合、逃れる方法はありますか?また、兄と縁を切る方法はありますか?

相談者(ID:22216)さん

2022年05月24日

弁護士の回答一覧

ベストアンサーに選ばれた回答
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)

扶養義務者には当たると思いますが、実際問題としては、被扶養者から調停申し立てがなされてそこで協...

扶養義務者には当たると思いますが、実際問題としては、被扶養者から調停申し立てがなされてそこで協議されることになるかと思います。「実家」とあるので相続問題も絡んでくる可能性もありそうです。弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)
住所東京都文京区千駄木3-36-8シルバーパレス千駄木202
対応地域全国

【千駄木駅1分】親しみやすい弁護士。弁護士歴20年以上のベテランが、あなたに寄り添い納得のいく解決へと導きます。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

抗告理由書の補足書面の追加提出の可否

民事事件に係る移送申立事件につき、高等裁判所に即時抗告をし、別途抗告理由書を提出することとしました。
抗告理由書は抗告状を提出してから2週間以内に提出すると規定されていますが、時間的にここで全てを言い尽くすことが難しいと予想しています。

質問
...

1
0
相談日:2021年02月12日
準備書面に第三者として事実でない事を書かれた

民事訴訟で被告弁護士の準備書面に原告の家族で名前をだされ
事実でない事を書かれました。
問題ないのでしょうか。

1
0
相談日:2020年09月17日
許可抗告における三行半判決

友人がとある弁護士に依頼しました、抗告許可申立の決定文に関する質問です。

この申立てにつき高等裁判所は、まともな審理が行われたとは思えない、いわゆる「三行半判決」により、不許可決定を下しました。

申立書現物を読みましたが、論点は複数且つ明確に...

1
0
相談日:2021年08月03日
元彼氏との金銭問題

 10月25日に弁護士から手紙が届きました
H27年ごろ2年ほど同棲していた元彼氏の代理人とのこと

同棲当時元彼氏名義のクレジットカードを預けられ、生活していました
別れてからもカードは私が持っていて、使用もしていました
元彼氏も了承済みでし...

1
1
相談日:2019年10月29日
貸したものを返してほしい

6年前程になりますが、友人へゲームソフトを貸していました。返してほしいと何度も言っていますが、友人からは返すという返答は来ますが一向に返して貰えません。
貸したものを返して欲しいだけなのですが最近連絡もつかなくなりました。
これは横領罪になるのでしょ...

1
0
相談日:2020年05月07日
戸籍が違う兄弟の結婚について

幼い時に両親の離婚などの理由でお互いのことを覚えておらず、戸籍の違う兄弟が結婚するのは日本の法律で禁止されているのですか?

2
0
相談日:2020年04月15日
あなたに合ったその他民事事件の悩みで絞り込む
フリーワード検索で法律相談を見つける

その他民事事件に関する法律ガイドを見る