交通事故の慰謝料を無料相談できる窓口|相談時の注意点もあわせて解説

( 1件 )
分かりやすさ
役に立った
この記事を評価する
この記事を評価しませんか?
分かりやすさ
役に立った
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
交通事故の慰謝料を無料相談できる窓口|相談時の注意点もあわせて解説
注目

無料で弁護士に相談したい方

損害賠償・後遺障害・過失割合など交通事故問題の解決が得意な弁護士を24時間どこでも探すことができます。

無料相談土日休日対応など条件検索で、あなたにぴったりな弁護士を探せる。メール相談は24時間送信可能です。

最寄りから交通事故問題の得意な弁護士を探す
北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形
関東 茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部 新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知三重
関西 滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

交通事故の慰謝料問題について自力で解決することが難しい場合は、弁護士への無料相談を活用するのが有効でしょう。ただし、弁護士への無料相談を行っている窓口はいくつかあり、状況に応じて選び分ける必要があります。

この記事では、交通事故の慰謝料を無料相談できる窓口や、相談時の注意点などについて解説します。

交通事故の慰謝料を無料相談すべきケース

慰謝料をめぐるトラブルはケースによってさまざまですが、以下に当てはまるような場合は無料相談すべきでしょう。

  • 自力で交渉を進められる自信がない
  • 慰謝料の金額に納得がいかない
  • 交渉がまとまらない

なお慰謝料は、保険会社が独自の基準から計算して提示するのが通常です。したがって、なかには適正額より低く設定されることもあります。しかし弁護士に依頼した場合、裁判結果をもとにした弁護士基準という計算方法を用いて慰謝料を請求できるようになるため、結果的に慰謝料が2倍以上になる可能性もあります。

特に、少しでも「慰謝料の金額に納得できない」と感じる場合は積極的に相談すべきでしょう。

交通事故の慰謝料を無料相談できる窓口

主な相談窓口としては以下があります。ここでは、「どのような対応を行っているか」「どのような場合に相談すべきなのか」などについて、相談窓口ごとに解説します。

  • 日弁連交通事故相談センター
  • 交通事故紛争処理センター
  • 法テラス
  • 弁護士事務所

日弁連交通事故相談センター

日弁交通事故相談センターとは、日本弁護士連合会が組織・運営する紛争解決機関です。

特徴としては慰謝料に関する問題について、交通事故に詳しい弁護士が中立的な立場からアドバイス・サポートを行っているという点が挙げられます。

対応内容

主な対応としては以下の通りです。

  • 交通事故の慰謝料に関する相談

(慰謝料金額の算定方法・過失割合・慰謝料の請求方法・示談の進め方・時効など)

  • 示談の斡旋(強制力なし)

ただし注意点として、相談時間には制限があり、面談の場合は「1案件につき30分×5回(3回の場合もあり)」と定められています。また示談の斡旋については強制力がないため、相手方が応じない場合は不成立となります。

日弁連交通事故相談センターに相談すべきケース

以下に当てはまるような場合は相談すべきでしょう。

  • 慰謝料の請求対応について確認したい

〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3 弁護士会館14階

電話:03-3581-4724 (事務局) FAX:03-3580-1875

弁護士による無料の電話相談

受付時間:月~金(土・日・祝を除く) 10:00~15:30

相談時間:10分程度

電話番号:0570-07-8325

URLhttp://www.n-tacc.or.jp/

交通事故紛争処理センター

交通事故紛争処理センターとは、慰謝料問題に関する紛争解決機関です。

特徴としてはトラブル解決に向けて、交通事故に詳しい弁護士が中立的な立場からアドバイス・サポートを行っているという点が挙げられます。

対応内容

主な対応としては以下の通りです。

  • 示談斡旋を前提とした相談対応

(事実関係の確認・問題点の整理など)

  • 示談の斡旋(強制力あり)

ただし注意点として、あらゆるトラブルに対応しているわけではありません。過失割合や後遺障害認定などのトラブルについては対応外となります。

交通事故紛争処理センターに相談すべきケース

以下に当てはまるような場合は相談すべきでしょう。

  • 相手方から慰謝料が提示され、慰謝料の金額について揉めている

東京本部 〒163-0925 新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリスビル25階

TEL.03-3346-1756 FAX.03-3346-8714

無料電話相談

受付時間:月~金(祝・祭日と12月29日~1月3日を除く)9時~17時

相談時間:電話予約が必要

URLhttp://www.jcstad.or.jp/

法テラス

法テラスとは、法的トラブルの解決サポートを行う公的機関です。

特徴としては経済的に余裕がない方を対象に援助を行っているという点が挙げられます。

対応内容

主な対応としては以下の通りです。

  • 法律問題の無料相談
  • 弁護士費用の扶助(期限内の返済が必要)

ただし、法テラスを利用するためには「収入・資産額が一定額以下」などの必要条件を満たしている必要があります。さらに、相談する弁護士を選ぶことができないため、場合によっては思うように話し合いが進まない可能性もあります。

法テラスに相談すべきケース

以下に当てはまるような場合は相談すべきでしょう。

  • 弁護士を雇いたいが、すぐには弁護士費用を準備できない

電話番号:0570-078374(IP電話:03-6745-5600)

受付日時:平日9:00~21:00 土曜9:00~17:00

HPhttps://www.houterasu.or.jp/index.html

弁護士事務所

弁護士事務所のなかには、個別に無料相談を行っているところもあります。

特徴としては弁護士が相談者に寄り添ったアドバイス・サポートを行っているという点が挙げられます。

対応内容

対応内容としては以下の通りです。

  • あらゆる交通事故トラブルに関する相談

また弁護士事務所に相談する場合は、弁護士費用を払って案件依頼へと移行することもできます。弁護士事務所に依頼した場合は、以下の対応が望めます。

  • 加害者との交渉代理
  • 保険会社との対応代理
  • 訴訟発展時の裁判対応代理

弁護士事務所に相談すべきケース

以下に当てはまるような場合は相談すべきでしょう。

  • ほかの相談窓口では解決できなかった
  • なんとしても慰謝料を増額したい
  • 慰謝料以外のことも相談したい
  • 慰謝料の請求対応も依頼しようかと考えている

弁護士事務所の場合、弁護士費用を支払うことで相談から解決までの対応を一任できます。また、ほかの相談所とは異なり、相談者に寄り添った対応も望めるため、慰謝料の増額が見込める可能性も特に高いと言えるでしょう。ただし注意点として、自力で弁護士を探す手間はかかります。

注目

無料で弁護士に相談したい方

損害賠償・後遺障害・過失割合など交通事故問題の解決が得意な弁護士を24時間どこでも探すことができます。

無料相談土日休日対応など条件検索で、あなたにぴったりな弁護士を探せる。メール相談は24時間送信可能です。

最寄りから交通事故問題の得意な弁護士を探す
北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形
関東 茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部 新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知三重
関西 滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

交通事故の慰謝料を無料相談する際の注意点

慰謝料の無料相談にあたっては、「相談するタイミング」や「相談前の準備」など、何点か注意すべきポイントがあります。ここでは、相談時の注意点について解説します。

示談が成立する前に相談する

法律上、示談成立は「紛争の解決」を意味します。したがって、一度示談が成立してしまうと、示談内容を変更することは原則できません。

後になって「慰謝料の金額が低い気がする」などと相談しても十分な対応は見込めないため、示談が成立する前に相談する必要があります。また慰謝料については、事故後の対応に応じて得られる金額が上下するため、なるべく早い段階で相談しておいた方が良いでしょう。

相談内容を整理しておく

無料相談については、時間制限(30分~1時間)を設けているのが通常です。手ぶらで臨んでしまうと時間内に要点を伝えきれず、有益なアドバイスが見込めない可能性もあるため注意が必要です。

無料相談を利用する際は、証拠や関係資料を用意したり、相談内容を整理したメモを作成したりするなどして、スムーズかつ的確に依頼状況を伝えられるよう準備しておきましょう。

ありのままの事実を伝える

相談者のなかには、「この話は知られたくない」「自分にとって不利に働きそう」などの理由で、一部の事実を隠してしまう方もいます。

しかし相談を受ける側は、相談内容から「どのような対応が適切か」などの判断を下します。一部の事実を隠したり嘘をついたりしてしまうと、正確に現状を把握できず、十分な提案が望めない恐れもあります。相談時は、あまり話したくない内容でも、ありのままの事実を伝えるようにしましょう。

交通事故の慰謝料請求が得意な弁護士を探すコツ

一口に弁護士と言っても、対応内容はそれぞれ異なります。特に「弁護士事務所の無料相談を利用する」という場合、どのような弁護士を選ぶべきか悩む方も多いでしょう。また、ほかの相談窓口を利用するという方も、知識として知っておくことをおすすめします。

ここでは、交通事故の慰謝料請求が得意な弁護士を探すコツについて解説します。

交通事故の問題解決実績が豊富

弁護士を選ぶ際は、特にどの分野に注力しているかという点を確認しましょう。弁護士は、交通事故・離婚・債務問題・刑事事件・企業法務など対応範囲が幅広いため、たとえ弁護士歴が長くても「交通事故に関する案件に対応した経験がない」というケースもあります。

弁護士情報については、それぞれの事務所HPを見ることである程度把握することができます。事務所HPには、注力分野・弁護士歴・解決事例・執筆書籍などが載っており、比較検討時の判断材料にもなります。

訴訟経験がある

場合によっては「示談では話がまとまらない」ということもあります。そのような場合は、裁判で決着をつけることになりますが、その際は訴訟経験があるかないかという点が大きなポイントとなります。

訴訟経験のない弁護士に相談した場合、裁判時に適切な判断ができず、慰謝料の獲得結果にも影響が生じる可能性があります。相談時は、訴訟経験のある弁護士を選ぶようにしましょう。

『あなたの弁護士』から探す

当サイト『あなたの弁護士』では、弁護士選びに悩む方に向けたサポートを行っています。

『あなたの弁護士』では、得意分野から弁護士を絞り込むことができ、交通事故に注力している弁護士をクリック一つで簡単に調べることができます。

さらに「初回相談無料」「東京都」など、条件や地域ごとに絞り込むこともできる上、気になった弁護士には検索結果ページからスムーズに問い合わせへと移行できます。「弁護士探しに手間をかけたくない」という方は、まずは一度利用してみましょう。

まとめ

交通事故の慰謝料に関する無料相談先としては、日弁連交通事故相談センター・交通事故紛争処理センター・法テラス・弁護士事務所などがあります。特に「なんとしても慰謝料を増額したい」「相談だけでなく請求対応も依頼しようかと考えている」という場合は、弁護士事務所から個別に探すのが効果的でしょう。

ただし弁護士は、それぞれ注力分野や解決実績などが異なるため、相談時は交通事故問題の解決実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。一から自力で探すには労力・手間もかかるため、その際は当サイト『あなたの弁護士』を利用すると良いでしょう。

注目

無料で弁護士に相談したい方

損害賠償・後遺障害・過失割合など交通事故問題の解決が得意な弁護士を24時間どこでも探すことができます。

無料相談土日休日対応など条件検索で、あなたにぴったりな弁護士を探せる。メール相談は24時間送信可能です。

最寄りから交通事故問題の得意な弁護士を探す
北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形
関東 茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部 新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知三重
関西 滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

数十万~数百万の弁護士費用、用意できますか?

決して安くない弁護士費用。いざという時に備えて弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

Cta_merci

離婚、相続、労働問題、刑事事件被害、ネット誹謗中傷など、幅広い事件で弁護士費用の補償が受けられます。

【弁護士費用保険メルシーが選ばれる3のポイント】

  • 保険料は1日あたり82円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

保険内容について詳しく知りたい方は、WEBから資料請求してみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • 交通事故の示談金と慰謝料
    先月私の乗っていた車が信号無視の自動車に追突され、横転転覆させられました。...
  • 交通事故むち打ち慰謝料金額相場
    交通事故に遭い11月30日で治療を終了しました。 過失割合は私が1で相手...
  • 悪質な交通事故の慰謝料と増額の対象について
    はじめまして。 先月、交通事故の被害者となりました。 ・事故発生状...
  • むちうちの慰謝料計算の方法について
    色々調べていたところ、様々な慰謝料の計算方法があったのでどれが正しいのかが...

関連記事

編集部

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
 詳しくはあなたの弁護士の理念と信頼できる情報提供に向けた執筆体制をご覧ください。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。