精神科・心療内科で診察拒否される7つの理由|法的な対処法と相談先

( 5件 )
分かりやすさ
役に立った
この記事を評価する
この記事を評価しませんか?
分かりやすさ
役に立った
弁護士法人ネクスパート法律事務所
寺垣 俊介
監修記事
精神科・心療内科で診察拒否される7つの理由|法的な対処法と相談先

勇気を出して、病院に行ったのにどのような理由であっても診察を拒否されてしまうのは、心細くさらに不安になりますよね。診察を拒否された場合のよくある理由と、その対処法・法的に何ができるのかをまとめました。良い病院を探す参考になれば幸いです。

拒否される理由と対処法

拒否される理由と対処法

拒否される理由とはどのようなものがあるのでしょうか。

拒否されるのが正当と思われる5つの理由と対処法

その病院では診察できない場合

各精神科にも得意不得意の分野が存在します。また心療内科と精神科はほとんど同じですが、違いもあるので確認せずに行ってしまうと希望していた診察をしてもらえない可能性があります。病院に行く前にしっかり確認しましょう。

患者数が多すぎる

基本的に話を聞いて治療するため、一人当たりの時間がその他の病院よりも長くなります。そのため、待ち時間が長くなってしまったり、医師が治療し終えないと思ったりした場合は、断られる又は、他の病院を勧められる可能性があります。

早く診察してほしいという気持ちはありますが、断られると精神的につらいので、病院を決めたら予約の有無や、平日の空いている日時を確認しましょう。

治療代が払えない

HPに診察料が記載されている場合が多いので、確認してから行きましょう。初診は5,000円以下のところが多いため、周囲にお金を工面してくれないかを相談するという方法もあります。

また、可能性が低いと思われますが、事情を病院に説明すれば支払いを延期又は分割してもらえる場合があります。

院内での暴力

院内での暴行や、激しい暴言は、周りの患者や従業員に影響するため、拒否される場合があります。また、精神障害により暴力や暴言をこらえることができない場合、あらかじめその旨を病院に伝えておきましょう。

飲酒してからの来院

飲酒してからの来院の場合、きちんと話すことができなかったり、周囲に迷惑が掛かったりすることから診察を拒否される場合があります。アルコール依存症の方は、診察に行く前のアルコールを我慢することが依存症を克服する第一歩となります。

拒否されるのが不正と思われる2つの理由と対処法

診察内容に該当するのにも関わらず拒否

診察内容に該当しているにもかかわらず拒否される場合もあります。拒否された場合の対処法として、その病院の相談窓口で相談する、若しくは早々にその病院に見切りをつけ他の病院を探すことがいいでしょう。

治療に完全に従わないという理由で拒否

精神病の薬は強いものが多いため、薬を勝手にやめてしまうと危ない場合があり、そのため厳しい指導をされる場合があります。また、精神病はすぐに治るわけではないので医師によっては、従わないのは治す気がないのではないかとイライラしてしまうのかもしれません。

なるべく医師の指示に従い、できない場合はその理由や事情を説明しましょう。説明しても聞き入れてもらえない場合は、病院を変えることをお勧めします。

精神科の先生に限ったことではありませんが、医師の性格も様々です。どれだけ良いと評判の医師でも、相性がとても大切です。会うのが苦痛になる医師であれば、早々に病院を変えることが病状悪化を防ぎます。

不正に診察拒否された場合は医師や病院に罰則がある

不正に診察拒否された場合は医師や病院に罰則がある

精神科に行って治療しようとしたのに、さらに落ち込んでしまったら次の病院にも行きにくく、病状も悪化します。不正に拒否された場合どのような罰則があるのか紹介します。

医師法で定められた規定に反している場合

医師法第19条

「診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない

医師法第4条

四、前号に該当する者を除くほか、医事に関し犯罪又は不正の行為のあった者

昔は医師法19条に触れた場合50万円の罰金などの罰則がありましたが、今は第4条の「不正の行為のあった者」とされ、下記のいずれかの処分になります。

  • 戒告
  • 三年以内の医業の停止
  • 免許の取消し

正当な事由とは

正当な事由は医師法では明確になっていませんが、札幌市の医師会では診察を断る理由として多いものを次のように述べられています。

  • 専門外
  • 間外
  • 過去の診察報酬不払い

参照元:医師の法的義務|札幌市医師会

しかし時間外や、診察報酬が不払いであった場合でも法では正当と記載されておらず、医師の良心に任されています。また専門外の場合であっても、その旨を伝えそれでも診察を希望した場合は診察しなくてはいけません。

とはいえ、医師側で適切な判断をできない状況であるなどの事情がある場合には、「正当な事由」になりうるので、上記のような理由で医師に診察を断られても仕方のない場合もあります。

良い病院の選び方で知っておくべき4つのポイント

良い病院の選び方で知っておくべき4つのポイント

医師といっても優しい先生や厳しい先生までさまざまです。診察拒否をされないためには良い先生を見つけるしかありません。ではどのように見つけたらよいのでしょうか。また病院以外ならどこに相談したらよいのか紹介します。

HPに院長の挨拶があること

院長のあいさつではちゃんと顔が確認できるか、また精神科にしっかり勤務していた人かを確認します。また病院としての理念が書かれているか確認しましょう。

病院の内装に淡い色を使っている

内装はものが少なく、ソファアなど待合室に淡い色を使っているところを探しましょう。ものが多いと圧迫感が出てしまうため患者に緊張感を与えます。また、原色や寒色、暗い色は精神的に疲れている人に良くありません。

待つ場所は滞在時間が長くなるので、患者目線で作られているかどうかが大切です。

診察内容や医師で判断する際のポイント

医師と話すうえで、5つのポイントがあります。

  • 時計を確認しない
  • うまく話せなくてもまち、話を聞いてくれる
  • 全面肯定ではなく、新しい選択肢なども提示してくれる
  • 病気や薬の説明をしっかりしてくれる
  • 薬が欲しいかどうかこちらの意見も確認してくれる

以上の5点がとても大切なことになります。こちらの話も聞いてくれる医師は不正な診察拒否をしません。これは実際に会って話してみないと分からないので、HPと診察室を確認して実際に行ってみましょう。

薬の出し方

薬を大量に処方してくる先生は注意しましょう。精神の薬は効果も強いので、一定の副作用が出ることも考えられます。副作用の説明が十分ではないのに多くの薬を処方された場合は注意しましょう。別の病院でも同じくらい薬が処方されるか確認してみるのも1つの手段です。

診察拒否をされた場合の相談先

診察拒否をされた場合の相談先

各都道府県庁に相談する

診察拒否をされてしまった場合、警察などではなく各都道府県の医療対策課に相談しましょう。そこで精神保健を担当している課があればそこに相談します。

弁護士に相談する  

法律として不確かな部分も多いので、対応がひどい場合には弁護士に相談するのも1つの手段です。弁護士に相談することにより、その診療拒否が不正かどうか相談することができます。

まとめ

いかがでしょうか。診察拒否されてしまうと次の病院を探すことが怖くなると思います。そのような気持ちの時に病院を探すのは精神的な苦痛となり、病状が悪化する可能性もあるので、思い切って病院を探すのをやめ、市町村の相談窓口や、無料電話相談を利用するのも1つの手段です。窓口で相談を行うことで、良い心療内科への診察予約等を行ってもらえる可能性もあります。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

数十万~数百万の弁護士費用、用意できますか?

決して安くない弁護士費用。いざという時に備えて弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

Cta_merci

離婚、相続、労働問題、刑事事件被害、ネット誹謗中傷など、幅広い事件で弁護士費用の補償が受けられます。

【弁護士費用保険メルシーが選ばれる3のポイント】

  • 保険料は1日あたり82円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

保険内容について詳しく知りたい方は、WEBから資料請求してみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事を監修した弁護士
弁護士法人ネクスパート法律事務所
寺垣 俊介
2016年1月に寺垣弁護士(第二東京弁護士会所属)、佐藤弁護士(東京弁護士会所属)の2名により設立。遺産相続、交通事故、離婚などの民事事件や刑事事件、企業法務まで幅広い分野を取り扱っている。

この記事を見た人におすすめの記事

関連記事

編集部

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
 詳しくはあなたの弁護士の理念と信頼できる情報提供に向けた執筆体制をご覧ください。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。