2ch書き込みを削除依頼する方法と注意点|弁護士に依頼するメリット

( 1件 )
分かりやすさ
役に立った
この記事を評価する
この記事を評価しませんか?
分かりやすさ
役に立った
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
2ch書き込みを削除依頼する方法と注意点|弁護士に依頼するメリット

不特定多数の方が日々利用する大型掲示板2chで、誹謗中傷されたときどうすればいいのでしょうか?

仕事はもちろん、私生活にも影響を与えるかもしれない情報を晒され、まったく知らない人から攻撃を受けてしまうと、精神的に参ってしまいます。しかも書き込みは2chが独自に規定したに削除ガイドラインに基づいて行っているので、削除されず放置されているケースもあります。

そんなときは、弁護士に依頼して削除を要請してみましょう。運営側も弁護士側の要請には迅速に応えてくれるので、手段として考えてみましょう。

この記事では2chで風評被害にあったとき、どのように削除依頼をすればいいのかご紹介します。

2ch削除について弁護士に相談する

電話相談可・初回面談無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

2ch書き込みの削除依頼する手順

2ch書き込みの削除依頼する手順

2ch掲示板に個人ないし法人に対して書き込まれた内容が、甚大な風評被害をもたらすものだったときでも削除依頼は一定の手順を踏む必要があります。

ではそんな削除依頼について、一般的な手順をご紹介していきます。

該当書き込みの削除をメールで要請する

まず該当する書き込みを発見したとき、削除依頼をする方法としてメールで要請します。メールには以下を記入して送ります。

・該当書き込みのURL

・レス番号

・削除理由

・理由を根拠づける資料(あれば添付)

・本人確認のための資料(運転免許のコピーなど)

件名は「削除申立て」として、専用のメールアドレスへ送信します。

削除理由の書き方

メールを送るとき、必要になる削除理由については自身がどのような被害を受けているかを明示しなくてはいけません。

例えば、個人情報である氏名・住所・電話番号などを公開されたなど、プライバシーを侵害されているといった具合に書きます。そのほか、社会的名誉を失墜させるような書き込みであり名誉棄損であるなどです。

2chが認めた弁護士からの要請する

ただメールで要請すれば必ず削除されるとは限りません。削除ガイドラインに著しく違反していないと、書き込みの削除には応じてもらえないのです。

一応2chのガイドラインで、2chが認めた弁護士による削除依頼には対応する旨の定めがあります。しかし、その基準は2ch独自のもので不明ですし、どの弁護士がこれに該当するのかも全く不明です。したがって、この方法は現実的ではありません。

裁判所からの仮処分命令

弁護士による交渉でも削除に応じてもらえなかったときは、裁判を起こして仮処分命令を下してもらうよう手続きをします。裁判所の仮処分命令が出されれば、2ch側は原則として削除依頼に応じるので、ここまで来てようやく問題解決となります。

2chの削除依頼をするときの注意点

以下では、削除依頼をするときに注意しておきたい点をまとめました。

削除まで日数がかかる

1つに、削除依頼をしても即日対応してくれるわけではないのです。どんな内容でも、最低は数日の時間を待つ必要があります。中には1か月経ってからの削除もあります。

どうしてここまで時間がかかるのかは、2chの内部事情であるため不明ですが、削除要請が多すぎて処理しきれないからかもしれません。

必ず削除されるとは限らない

「待っていればいずれは削除される」申請したらそう思うかもしれませんが、先にも話したように2hの書き込み削除にはガイドラインがあります。こちら違反していない内容については、たとえどんな内容でも削除されないのです。

また削除を担当している削除人がいない、削除人本人が書き込みを削除する必要はないと判断した場合も、同様に消すことはありません。

2chの削除人

2chに対する削除依頼に対応するのが「削除人」といわれる人たちです。巨大掲示板として運営している2chでは、こうした削除人が複数人存在しているといわれています。

そんな削除人についてですが、いったいどういう人たちなのでしょうか。

ボランティアで活動している

削除人として活動している人は、そのほとんどがボランティアです。もともとは2chの管理人だったひろゆき氏が1人で行っていましたが、掲示板が大きくなるにつれて見回るのが難しくなってしまいました。

そこで有志を募り、管理人とは別の一般の方が削除人として活動し始めたことが起源になります。現在も多くの削除人がいて、その方々に誹謗中傷など掲示板でされた行いを削除してもらう要請をするのです。

削除人になる条件

2chの削除人になりたいと考えている人もいるでしょう。時には削除人を募集していることもありますが、起用される条件は明確になっていません。

ガイドラインに沿った適切な行動ができるのはもちろんとして、あとの選定基準は不明瞭です。時には管理人であるひろゆき氏から声掛けがかかることもあるそうですが、現在も行われているかは分かりません。

2chの削除は弁護士に依頼する

2chの削除は弁護士に依頼する

ネット上の誹謗中傷をはじめとする、風評被害をもたらす書き込みは迅速に削除したいと考える人は多いでしょう。特に個人ともなると、不特定多数の人間に情報が流れ、噂に尾ひれがついてしまう恐れもあります。

そんなときこそ、法律の専門家として活躍する弁護士に依頼すれば問題解決までの糸口がつかみやすくなります。

弁護士に依頼するメリット

2chのように巨大な掲示板にもなると、不特定多数の人間に誹謗中傷を目撃されて、被害が拡大してしまうかもしれません。そんなときでも、弁護士に依頼しておけば未然に起こりうる事態を防ぐことができます。

そのほか、弁護士に依頼することで生じるメリットは以下の通りです。

・2chが弁護士からの削除依頼を優先している

・書き込みの犯人を特定できる

・損害賠償請求ができる

・迅速に対応してくれる

2chが弁護士の要請による削除依頼を優先していることをはじめ、書き込みをした犯人が誰か明らかにできる発信者情報開示請求を利用できます。

2chの削除を弁護士に依頼したときの費用

誹謗中傷をはじめとする書き込みを削除してもらうため、弁護士に依頼すれば気になるのは費用についてです。法律の専門家が動こくので、依頼内容に応じた金額を支払う必要があります。

金額については一概にいえないものの、一定の相場は存在しています。ではその相場がどれくらいか、見ていきましょう。

着手金

弁護士に依頼する前に支払う必要がある着手金ですが、相場は5万円からになっています。最低金額は裁判を必要としない内容になり、もし裁判まで要すると金額は30万円程度になります。

表にしてまとめると、次のようになります。

 

裁判なし

裁判あり

削除請求 50,000~100,000円 150,000~250,000円
犯人特定 50,000~100,000円 200,000~300,000円
損害賠償請求 50,000~150,000円 150,000~250,000円

報酬金

着手金のほか、弁護士に依頼して無事問題が解決したあとに支払うのが報酬金です。報酬金も問題の規模と内容により支払う金額が異なります。

損害賠償請求については、実際に裁判をして経済的利益となる慰謝料からとなるので、具体的な数字をこうだと断言することはできません。

そんな報酬金についても、表にしてまとめると次のようになります。

 

裁判なし

裁判あり

削除請求 150,000~250,000円 100,000~200,000円
犯人特定 200,000~300,000円 150,000~200,000円
損害賠償請求 利益から16%~ 利益から16%~

まとめ

2ch掲示板に誹謗中傷などありもしない内容を書き込まれ、被害を出す前に削除依頼を出して消してもらいたいと思っても、消されるまでの日数がかかってしまうことがあります。削除依頼を出すとき、どうして削除してほしいのか明確な理由を述べなくてはいけません。そんなとき、弁護士に依頼することで期間を短縮して削除に応じてもらいやすいでしょう。

インターネットに自分のありもしない噂を書き込まれてしまい、どう対処したらいいのかわからないと悩んでいる方はこちらの記事を参考にしてみてください。

2ch削除について弁護士に相談する

電話相談可・初回面談無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

数十万~数百万の弁護士費用、用意できますか?

決して安くない弁護士費用。いざという時に備えて弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

Cta_merci

離婚、相続、労働問題、刑事事件被害、ネット誹謗中傷など、幅広い事件で弁護士費用の補償が受けられます。

【弁護士費用保険メルシーが選ばれる3のポイント】

  • 保険料は1日あたり82円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

保険内容について詳しく知りたい方は、WEBから資料請求してみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • SNSによる誹謗中傷
    現在妊娠中なのですが、相手は実は既婚者でした。 ずっと独身と騙され続けて...
  • ツイッター上での誹謗中傷について
    辞めた職場の人にツイッターでキチガイなどの誹謗中傷をされました。 何歳な...

関連記事

編集部

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
 詳しくはあなたの弁護士の理念と信頼できる情報提供に向けた執筆体制をご覧ください。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。