YouTubeで動画をダウンロードすることは違法?

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
YouTubeで動画をダウンロードすることは違法?

YouTubeで動画をダウンロードすることは違法になる場合があります。

どんな動画をダウンロードしたら違法になるのか?

どんな罰則が課されるのか?この記事では、YouTubeの動画ダウンロードの違法性について解説します。

ネットのトラブルについて相談できる弁護士を探す

YouTubeの動画をダウンロードする行為の違法性について

2010年1月1日より施行された著作権法の改正により、違法にアップロードされたコンテンツを違法と分かっていながらダウンロードすることは著作権法違反となりました。

【関連記事】著作権侵害とは|著作権侵害行為と逮捕事例まとめ

違法ダウンロードの罰則

罰則は2年以下の懲役または200万円以下の罰金となります。

「私的使用の目的をもって、有償著作物等の著作権又は著作隣接権を侵害する自動公衆送信を受信して行うデジタル方式の録音又は録画を、自らその事実を知りながら行って著作権又は著作隣接権を侵害した者に対し、2年以下の懲役若しくは 200万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する」
引用元:Wikipedia |ダウンロード違法化

 私的な利用目的であっても罪に問われますので注意が必要です。

違法性が問われる行為

違法アップロードされたコンテンツをダウンロードしたら違法、ということは分かりましたね。

では、YouTube上で具体的にどんなことをしたら違法になるのか解説します。

違法アップロードされた動画をダウンロードする

YouTubeには違法にアップロードされた動画が数えきれないぐらい存在します。

それらの動画をダウンロードすることは違法行為です。

違法アップロードされているよくある動画としては下記のようなものがあります。

  • 音楽コンテンツ
  • テレビ番組やアニメ
  • 『週刊少年ジャンプ』などの作品の最新話

このような動画は違法にアップロードされている可能性が高いので要注意です。

ダウンロードしたものをアップロードする

YouTubeの動画をダウンロードし、著作権者の許可なく再アップロードした場合は違法です。

違法アップロードの罰則は、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金です

また、下記のような行為も違法アップロードの対象となります。

  • 好きなアーティストの曲を自分で演奏して公開
  • 好きなアニメキャラなどを描いて公開
  • アニメのお気に入りのワンシーンを公開

違法とは知らずにアップロードしてしまった方もいると思います。今一度どんな行為が違法アップロードとなるのか認識しておきましょう。

【関連記事】公衆送信権と違法アップロード - これだけ知っとけ著作権講座

ダウンロードしたものを販売する

YouTubeで動画をダウンロードし、それを勝手に販売することは違法です。
 
たとえ合法的にダウンロードした動画であっても、再配布・販売した時点で著作権侵害が成立します。

そもそもYouTubeの規約でダウンロードは禁止されている

違法にアップロードされた動画でなければダウンロードしても大丈夫、というわけではありません。

いかなる動画であっても、YouTubeの動画をダウンロードすることは規約で禁止されています。

お客様は、「ダウンロード」または同様のリンクが本コンテンツについて本サービス上でYouTubeにより表示されている場合を除き、いかなる本コンテンツもダウンロードしてはなりません。
引用元:利用規約 - YouTube

YouTubeの著作権問題に関してよくある疑問

YouTubeの著作権問題に関してよくある疑問

ここからは、YouTubeの違法ダウンロード問題に関して、よくある疑問について触れていきます。

YouTubeの動画を再生するだけでは違法になる?

YouTubeに違法アップロードされた動画を見ただけでは罪には問われません。

Q  違法に配信されている音楽や映像を視聴したら、違法ですか?
A 違法に配信されている音楽や映像を見たり聞いたりするだけでは、録音・録画が伴わないため違法ではなく、刑罰の対象とはなりません。

引用元:平成24年10月から著作権法が変わりました| 政府広報オンライン

そもそも違法ダウンロードが違法である理由の1つは、著作者の複製権を侵害するためです。

複製権とは、著作物を許可なく複製させない権利のこと。

他者によってネットに公開されている動画を視聴したとしても、コピーをしていないため複製権は侵害しません。

よって違法ダウンロードには該当しません。

過去に逮捕者はいるのか

違法アップロードや販売目的で動画を複製し逮捕された事例はありますが、違法ダウンロードで逮捕された事例はほとんどありません。

ですが、ゼロではありません。

過去に自首をして捕まった事例があります

筑紫野署は11日、春日市の無職の男(39)を著作権法違反(公衆送信権の侵害)容疑で福岡地検に書類送検し、発表した。
引用元:違法ダウンロードでついに逮捕者!なぜ発覚したのか? - NAVER まとめ

逮捕者が出ていない理由とは

逮捕者がほとんど出ていない理由としては、次の3点が考えられます。

  1. 著作権法は親告罪であり、著作者からの訴えがなければ警察は動けかないため
  2. 違法ダウンロードをした証拠を揃えるのは困難であるため(他人のスマホやパソコンを覗くわけにはいかない)
  3. 違法ダウンロードに当たる行為をしている人は無数にいるため、1人ずつ検挙していくのは非現実的

違法アップロードのみを取り締まるだけでは不十分ということで始まった違法ダウンロード刑罰化ですが、違法行為を行っている人を特定・逮捕しきれていないのが現状です。

『結局YouTube動画をダウンロードしても逮捕されないんだ。』と考える方もいるかもしれませんが、今後違法行為を働く人を特定しやすくなったり、さらなる厳罰化がなされたりする可能性がないとは言い切れません。

逮捕される可能性がある行為は、しないに越したことはありません。

すでに違法動画をダウンロードしてしまったときの対処法

すでに違法にアップロードされた動画をダウンロードしてしまっている、という方はすぐにダウンロードした動画を削除しましょう。

著作権法違反になる場合は『違法と分かっていながらダウンロードすること』なので、知らずにダウンロードしてしまった場合は該当しません。

ですが、違法アップロード・違法ダウンロードは著作者に対して不利益を与える行為であるということを認識し、YouTubeの規約にも違反しているため、今後動画をダウンロードすることはやめましょう。

また、不適切な動画を見つけた場合はYouTubeに報告をすることができます。

【関連記事】不適切なコンテンツの報告 - YouTube ヘルプ - Google Support

まとめ

YouTubeで動画をダウンロードしてはいけません

なぜならYouTubeの規約に違反しているからです。 また、違法にアップロードされた動画をダウンロードした場合は著作権法違反となってしまいます。

この記事の内容を参考にして、節度をもってYouTubeを楽しみましょう。

 

ここまでの記事を読んで

 

  • 「youtubeで動画をダウンロードしている人を訴えたいが自分の場合は訴えることが出来るのかな…」
  • 「記事を読んでわからないところがあるので弁護士に聞きたいな」

という方は下のボタンから弁護士に気軽に無料で質問できます。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

インターネットが得意な弁護士を探す