SNSで他人になりすますことは犯罪?弁護士に聞いてみた

( 1件 )
分かりやすさ
役に立った
この記事を評価する
この記事を評価しませんか?
分かりやすさ
役に立った
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
SNSで他人になりすますことは犯罪?弁護士に聞いてみた

SNSで他人になりすまして投稿したり、勝手に他者とやりとりをしたりするのは犯罪ではないのでしょうか?

Twitterの場合、芸能人・政治家など、知名度がある方のアカウントには、『公式マーク』がついています。なりすましアカウントが大量にあったとしても、その公式マークを目印にして本物を見分けることができます。

ですが、一般人の場合どうでしょう?例えば自分の本名を名乗り、自分の顔写真を使っているアカウントが存在していても、親しい友人などでない限りそれが偽物だと気付くことはできないのではないでしょうか?

また、SNSをやっていないにも関わらず、他者の報告によって自分のなりすましアカウントが存在していることを知った場合はどうでしょうか?いてもたってもいられないはずです。

この記事では『SNSで他人になりすますのは犯罪ではないのか』について弁護士法人プラム綜合事務所の梅澤弁護士に聞いてみました。

Q.SNSで他人になりすますのは犯罪ではないのですか?

A.梅澤弁護士

インターネット上で他人の名前を名乗る行為自体は犯罪ではありませんので、それのみで刑事責任を追及することはできません。

もっとも、他人の名前を名乗りつつ事実を示して同人物の外部的評価が低下するような言動(例えば、なりすました状態で『自分は違法な行為を繰り返している』など嘘をつくなど)をする場合は同人物に対する名誉毀損罪が成立する可能性があります。

また『なりすまし』とは若干異なるかもしれませんが、単に名前を名乗るのではなく、他人のIDとPWを不正に入手してアカウントを乗っ取る行為は不正アクセス禁止法に抵触する可能性があります。

民事責任について(犯人を訴えて慰謝料できるかなど)

A.梅澤弁護士

他人の名前を名乗る行為によってなりすましの被害者に実害(会社を解雇になるなど)を与えた場合には不法行為に基づく損害賠償請求の対象となる可能性があります。

もっとも、これは『実害』が生じていることが前提であるため、単に気持ちが悪いとか不快な思いをした程度では不法行為責任を追及することは困難であると考えます。

 

それ以外にも分からないことや気になることがあれば、下のボタンからサイト上でインターネット案件が得意な弁護士に無料で気軽に質問することができます。

是非ご利用ください。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

Cta_merci

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • SNSによる誹謗中傷
    現在妊娠中なのですが、相手は実は既婚者でした。 ずっと独身と騙され続けて...

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
 詳しくはあなたの弁護士の理念と信頼できる情報提供に向けた執筆体制をご覧ください。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

インターネットが得意な弁護士を探す