養育費の減額請求された際に知っておくべき減額条件と具体的な回避方法

( 1件 )
分かりやすさ
役に立った
この記事を評価する
この記事を評価しませんか?
分かりやすさ
役に立った
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
養育費の減額請求された際に知っておくべき減額条件と具体的な回避方法

養育費とは子供を育てるのに必要な衣食住の費・医療費・交通費・文化費のお金になり、親権がないからといって子供を扶養する義務がなくなるわけではなく、親権を持っている親は相手に養育費を請求する権利があります。

しかし、突然養育費の減額を請求されたらどうしたらいいのでしょうか? もちろん養育費を当然もらえると思っていた方にとっては、減額請求をされてしまうと困ってしまう場合が多いと思います。

ここでは、養育費の減額が認められる条件、どのような流れで減額されるのか、減額を回避するためのポイントを紹介します。

養育費について弁護士に相談する

電話相談可・初回面談無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

養育費の減額は可能なの?減額が認められる条件

養育費の減額は可能なの?減額が認められる条件

養育費は子供の親であれば離婚しても支払う義務がありますが、経済状況に変更があり、支払う側の生活が苦しくなってしまうと思われる場合は、変更を求めることは認められています。

しかし、養育費の額を減らしてしまうと、親権を持っている側の生活に影響が出るため、必ずしもすべての要求を飲まなければいけない訳ではありません。

では、どのような条件があると認められやすくなってしまうのかをご紹介します。

支払う側の収入状況が変わった場合

支払う側が、退職や給料の減額により大幅に年収が変わってしまった場合には、減額が認められる可能性があります。また病気などで働けなくなってしまった場合も同様です。

支払う側が再婚して扶養家族が増えた場合

支払う側が再婚して扶養家族が増えた場合にも認められる可能性があります。

受け取る側が再婚した場合

受け取っている側が再婚し、子供が養子縁組をした場合、再婚相手にも扶養義務が発生するため、減額が認められる可能性があります。

また、養子縁組をしていない場合でも再婚相手に経済力があり再婚前より裕福に暮らしているときも減額が認められる可能性があります。

養育費減額請求の流れ

養育費を減額の請求はいきなり調停や裁判が起こるわけではありません。どのように行われるのか、まず下の図をご覧ください。

養育費減額請求の流れ

養育費減額の話し合い

養育費お減額請求は基本的にお互いに話し合うことから始まります。そこで話がまとまれば、それ以上何かを行う必要はありません。

また、養育費の支払いにはこちらの生活がかかっていますので、減額されては困るという場合には応じないようにしましょう。

養育費減額請求調停の申立て

話し合いで請求に応じなかった場合、相手側から養育費減額請求調停を申立てる可能性があります。申立てを相手が行うと、裁判所から申し立てのコピーの書面が届き、後日調停期日が記載された呼出し場が届くので、その期日に裁判所に出頭するのです。

養育費減額請求調停の流れや方法は、一般的な調停と同じで、裁判所に出頭し、裁判官と調停委員を仲介として話し合いを行い問題の解決を図ります。

養育費減額請求調停開始

事前準備

調停に行く前に、養育費を減額されてしまうと生活が苦しくなってしまう理由をしっかり話せるように内容をまとめておきましょう。

また、家計簿やこちらの収入証明書がある場合証拠として持参してもいいかもしれません。それらを証拠に、養育費が減額してしまったら生活に困る旨を伝えましょう。有利に進めたいのであれば、離婚問題が得意な弁護士に1度相談することをおすすめします。

持ち物

  • 裁所からの呼び出し状
  • 身分証明書
  • メモ帳・筆記用具
  • 協議離婚書

この他にも裁判所から指定される場合があるので、しっかり確認してから出頭しましょう。

調停が成立しなかった場合

調停委員が認めたとしても、お互いに合意ができなければ、調停は成立しません。その場合もう1度調停が行われるか、裁判に移行します。

養育費の減額を回避するための3つのポイント

養育費の減額を回避するための3つのポイント

養育費の減額を請求された場合にどのように回避をすればいいのでしょうか。ここでは回避するためのポイントを紹介します。

相手の養育費減額請求に応じない

養育費の支払いは民法第877条に定められた義務ですので、親権を持っていない場合でもその義務を放棄することはできません。

また、減額の条件として再婚した場合を上げましたが、法的には再婚したからといって扶養義務はなくなりません。そのため、相手の減額請求の理由がどのようなものだったとしても、生活に困る場合は応じる必要はないのです。

はじめに請求した金額の正当性を主張する

養育費を決める際、養育費・婚姻費用の算定方式と算定表を利用した人が多いと思います。この表を参考に請求している養育費が妥当なものであると証明しましょう。

また今後、子供にどのくらいの費用が掛かるのか大体で算出し、自分の収入と照らし合わせ養育費がもらえないと生活に困る旨を主張することも大切です。

弁護士に相談する

養育費の減額請求をされたら、離婚問題が得意な弁護士に相談しましょう。弁護士に相談することで有利に話をすすめることが望めるので、なるべく早い段階で相談することをおすすめします。

また、調停では弁護士を代理として立てることができるので、もし自分で話すと不利になってしまいそうで不安などという場合には弁護士に依頼してみるのも1つの方法です。

まとめ

養育費は子供のためのお金になります。養育費の減額を求めてくる理由は様々ですが、今後生活が苦しくなってしまう場合は応じるべくではありません。もし減額を認めなくてはいけない場合は、減額の期間を決めるなどの対応を行うことをおすすめします。

養育費について弁護士に相談する

電話相談可・初回面談無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

数十万~数百万の弁護士費用、用意できますか?

決して安くない弁護士費用。いざという時に備えて弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

Cta_merci

離婚、相続、労働問題、刑事事件被害、ネット誹謗中傷など、幅広い事件で弁護士費用の補償が受けられます。

【弁護士費用保険メルシーが選ばれる3のポイント】

  • 保険料は1日あたり82円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

保険内容について詳しく知りたい方は、WEBから資料請求してみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • 養育費の減額について
    私は5年程前に離婚をし、現在2人の息子へ7万円の養育費を支払っています。離...
  • 未婚での養育費 減額できるかどうか
    3年前に、当時関係のあった女性が妊娠しました。交際関係もなかった為、こちら...
  • 養育費減額について
    調停により養育費を取り決めし、公正証書も作成しました。 現在養育費を滞り...
  • 養育費と財産分与の減額
    2月に裁判判決で養育費8万、財産分与800万円、年金分割、親権は妻となりま...

関連記事

編集部

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
 詳しくはあなたの弁護士の理念と信頼できる情報提供に向けた執筆体制をご覧ください。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。