過払い金請求の危険すぎるデメリット|回避する方法と受けた時のリスク

弁護士法人ネクスパート法律事務所
監修記事
過払い金請求の危険すぎるデメリット|回避する方法と受けた時のリスク

「過払い金請求したら何かデメリットはあるのではないか・・・」

など考えて過払い金請求に踏み出せない人は多いです。お金を返してもらえると思ったのに生活に支障がでるレベルのデメリットを受けることになった・・・となるなら過払い金請求したくはありませんよね。

結論からいうと、過払い金請求をして受けるデメリットはほとんどありません。とはいえ、条件を満たしていないと大変なデメリットを被ることもあります。

ここでは、過払い金請求をした時に受けるデメリットと、弁護士や自分で過払い金請求をした場合に生じるデメリットについてお伝えしますので参考にしていただければ幸いです。

借金・債務整理について相談できる弁護士を探す

過払い金請求をするデメリット3つ

過払い金請求をするデメリット3つ過払い金請求をしたことで起きるデメリットを3つお伝えしていきます。

①ブラックリストに載る可能性がある

現在、借金の返済途中で過払い金請求をして負債を減らそうと考えている人は注意してください。過払い金請求をしても借金が残った場合に残債務について別途債務整理(※)を行った場合はブラックリストに載ります。

(※)債務整理…借金を減らすための協議

ブラックリストに載ってしまうと5年間はクレジットカード・ローンを利用できません。ブラックリストに載ることを回避するには、残債務について債務整理を行わず全額弁済しましょう。

過払い金を調べる方法

自分の過払い金はいくらあるのかを知りたいなら取引履歴(※)を利用していた貸金業者から取り寄せてください。(※) 取引履歴…契約日・借り入れ・返済したなどの履歴

取引履歴を手に入れたら、現在の金利に直して計算することで過払い金がいくらあるのかを分かります。

取引履歴の取り寄せ方は、利用していた貸金業者のホームページを見て確認しましょう。

②社内ブラックに載る

社内ブラックとは、貸金業者が過払い金請求をした人に対して“再び契約しないはしないよ”というリストのことです。過払い金請求をすると、利用していた貸金業者のカードは使えなくなるため、お金を借りたいなら再び契約する必要があります。

しかし、貸金業者から再契約を断られる場合もあるようです。※再度契約できる場合もあります。

もしそのような場合は別の会社と契約を結びましょう。

③返済までに時間と費用がかかる

過払い金請求をしてもスグに貸金業者からお金は返還されませんし、手続きに費用はかかります。弁護士に依頼をした時・自分で請求した場合を表にまとめたので参考にしてください。

過払い金請求をする人 期間 費用
弁護士 約3~6ヶ月 返還されたお金の30~40%
自分 約6~12ヵ月 約5万円

過払い金請求をするメリットはお金が返還されること

過払い金請求をするメリットはお金が返還されること

過払い金請求をする最大のメリットはまとまったお金が返還されることです。例えば、300万円を貸金業者に借りて、利息含め10年間で完済した場合には過払い金額は400万円以上となっていることもあります。

弁護士に過払い金請求の依頼するデメリットは費用のみ

上述しましたが、弁護士に依頼するデメリットをあえていうなら費用がかかること。例えば、100万円の過払い金があっても返還額の30~40%は弁護士費用に充てることになりますので手元に残るのは60~70万円です。

自分で過払い金請求するデメリット3つ

自分で過払い金請求した場合には3つのデメリットを受けることになります。

①返還額が少なくなる可能性がある

過払い金の手続きでは、貸金業者と話し合いをして返還額を決めるのですが、貸金業者との知識・経験の差から自分で行うと返還額が低額となる可能性があります。

もし貸金業者から、キチンと返還額をもらうなら法律をある程度勉強して交渉する必要があります。

②時間がかかる

上述しましたが、自分で過払い金請求をするなら弁護士より時間がかかります。弁護士は法律のエキスパートであり手続き方法はもちろん、何の書類が必要なのかを知っているからです。

一方、自分で過払い金請求するとなると全て調べる必要があります。短時間で過払い金請求をしたいのであれば弁護士に依頼をしましょう。

③借金していたことを家族にバレる恐れがある

借金を隠していた人に限りますが、過払い金請求をすると家族にお金を借りていたことがバレる可能性はあります。過払い金請求をすると貸金業者から書類が届くからです。

全て自分で受け取ればバレる心配はありませんが、絶対に家族に内緒にしたい人は弁護士に依頼をしてください。弁護士に依頼をすれば郵便物は全て法律事務所の方に届けられるようになります。

住宅ローンに申し込むなら過払い金請求の前にしよう

住宅ローンに申し込みをしたいなら過払い金請求の前にしてください。契約上、住宅ローンと過払い金請求は別問題で全く関係ありません。

しかし、過払い金請求の処理の中で万が一ブラックリストに載った場合には5年間住宅ローンは組めません。過払い金請求をする前に住宅ローンが通れば、ブラックリストに載っても自宅を残す方法はあります。過払い金請求をするなら契約をする前にしましょう。

まとめ

過払い金請求は借金を完済していればデメリットは受けません。デメリットを受けないからこそ、過払い金請求できる人はスグにお金を返還してもらいましょう。

短期間でお金の返還をしてもらいたいなら弁護士に依頼をして、費用を抑えたいなら自分で過払い金請求をしてください。

ちなみに、過払い金には消滅時効があり借金を完済してから10年までしかお金を返してもらえないので、過払い金請求できる人は急ぎましょう。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • 債務整理について
    ショッピング等でお金を使いすぎ、現在200万程度の借金、月の返済額が10万...
  • 債務整理
    一年前ぐらいにSNSなどで知り合った方に連絡先の交換をお願いされました ...
  • 借金返済について
    初めまして。新潟県三条市在住のものです。 今回は主人のことでご相談です。...
  • 借金に困っています
    借金を返せないので、自殺しようと考えました。でも、いざ自殺しようとしても死...
この記事を監修した法律事務所
弁護士法人ネクスパート法律事務所
2016年1月に寺垣弁護士(第二東京弁護士会所属)、佐藤弁護士(東京弁護士会所属)の2名により設立。遺産相続、交通事故、離婚などの民事事件や刑事事件、企業法務まで幅広い分野を取り扱っている。

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

借金・債務整理が得意な弁護士を探す