リベンジポルノは削除できる!被害に遭った時の削除方法と対策まとめ

( 2件 )
分かりやすさ
役に立った
この記事を評価する
この記事を評価しませんか?
分かりやすさ
役に立った
弁護士法人ネクスパート法律事務所
寺垣 俊介
監修記事
リベンジポルノは削除できる!被害に遭った時の削除方法と対策まとめ

リベンジポルノとは、加害者が被害者の性的な画像をネット上に公表したり、本人以外の人にメールで送ることをいいます。ほとんどが逆恨みや復讐によるもので極めて悪質といえる犯罪です。

実際にネット上に自分の性的な写真が公表されたとしたら、考えるだけで恐ろしいですよね。ここでは、ネット上に出回ってしまった性的な写真の削除方法をご紹介したいと思います。

リベンジポルノについて弁護士に相談する

電話相談可・初回面談無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

リベンジポルノは削除できる!ネットで公開された画像の削除率は9割以上

リベンジポルノとして公表された性的な写真は、プロバイダに連絡することで削除することができます。自分でプロバイダに連絡を取った場合、確実に削除できると言い切ることはできませんが、実際に削除率9割以上という実績を残す、セーファーネット協会がありました。

2016年に97%のわいせつ画像を削除したセーファーネット協会

一般社団法人セーファーインターネット協会では、2016年にリベンジポルノを含む性的な写真削除依頼を受けた31,222のうち30,281の削除に成功しています。削除率は97%と非常に高くインターネット上に公表されてしまったほとんどの写真が削除されたことがわかりますね。

さらに詳しくみていくと、リベンジポルノだけで1,005件の削除依頼を受けていますが、結果的に916件の削除を行っています。セーファーネット協会に性的な画像が搭載されているURLを送ると、無料で削除の代行をしてくれるのです。プライバシーも守られるため、安心して依頼することができるでしょう。

セーファーインターネット協会

セーファーインターネット協会引用元:セーファーインターネット協会

ネット上から完全に消し去るのは難しい

このように公表されているサイトから削除することができても、ネット上から性的な画像を完全に消し去るのは難しいとされています。たとえサイトに載らなくなったとしても、すでにスクリーンショットなどで保存していることが考えられるからです。

また同じく画像を公表されてしまう可能性もありますが、一旦細かいことは考えずに、まずはサイト上の画像を削除することに専念しましょう。

リベンジポルノを削除する方法

実際にリベンジポルノを削除するにはどういった方法をとるべきなのでしょう。

セーフラインに通報する

セーフラインとはセーファーインターネット協会に設置してある通報システムです。入力必須箇所は、サイトのURLだけですので、簡単に通報することができます。ただし、削除に成功した際に連絡が入ることはありませんので、削除されているかどうかはサイトを見て確かめる必要があるでしょう。

一般社団法人セーファーインターネット協会

引用元:一般社団法人セーファーインターネット協会

 グーグルに通報する

グーグルの検索により発見した性的な画像であれば、グーグルのウェブマスターに通報することで、グーグルの検索結果に表示されないようにできます。ただし、これは検索結果に表示されないようにするだけで、サイト上の性的な画像を削除できるわけではありません。

また、以下の要件を満たしていることが条件になりますのでご確認の上、通報するようにしてください。

・自分のヌード、または性行為に及ぶ姿が含まれてい
・コンテンツが公開されることを想定していなかった
・コンテンツを一般に公開することについて同意していない

引用元:Google からの「リベンジポルノ」の削除

 自分で削除する場合

代行は使わず自分で削除する場合の手順をご紹介します。

掲載している運営元を特定

サイトの運営元を特定し、削除依頼をしてみましょう。運営者が対応してくれなければ、サーバーのドメインを調べて直接プロバイダに交渉してください。

【aguse】では、性的写真が載っているサイトのURLを入力するだけで簡単にドメインを調べることができますのでご活用ください。

 メールなどで削除依頼

ドメインからプロバイダが明らかになったら、削除依頼を行いましょう。アメブロなどの大手ブログはわいせつ画像が投稿された時点ですぐに消去されることが多いのでそれほど心配ないでしょう。

 フェイスブックの場合

フェイスブックの場合はリベンジポルノを防ぐために2017年から新機能が導入されました。公にしたくない画像が本人の意思に反してシェアされていた場合に投稿隣の下記のボタンを選択することで、表示される報告を押すことで画像のチェックが行われます。

 自分で削除する場合

わいせつな画像の場合は画像の削除がされるため、リベンジポルノを防ぐことに繋がるようです。

ツイッターの場合はサポートセンターに連絡して画像の削除を求めるようにしましょう。大きな掲示板やブログ、SNSは大抵サポートセンターや問い合わせが設置されていますので、そちらから削除依頼をしてください。

個人で削除を行う労力や時間を考えると、上記で紹介したセーフラインとグーグルに通報した方が確実かつ時間をかけずに依頼できると思いますので、個人で行うよりセーフラインとグーグルを利用することをおすすめします。

リベンジポルノの被害に遭ったときに相談できる場所

実際にリベンジポルノの被害に遭ったときは、状況によって削除依頼だけでなく、同時に専門機関や専門家に相談するべきかもしれません。

リベンジポルノの被害に遭ったときに相談できる場所

 悪質な場合は警察へ

リベンジポルノをネタに金銭を要求されていたり、繰り返し脅されている場合は警察に相談しましょう。警察庁が設置しているサイバー犯罪窓口ではネット犯罪の相談ができます。

都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧

 加害者を罰したいなら弁護士へ

リベンジポルノ被害により相手を罰したい、慰謝料を請求したいと思った場合は弁護士に相談することをおすすめします。法テラスでは犯罪に遭われた方向けに無料で相談を聞いてもらえる窓口が設置されています。状況に応じて適切な弁護士の紹介も行っていますのでまずは無料相談をご利用ください。

心のケアも忘れずに

リベンジポルノの被害に遭われたときに、まず一番ショックなのが自分の性的画像が不特定多数の人に見られてしまっているということだと思います。傷ついた心のケアを忘れずに行ってください。以下ではリベンジポルノに関する相談や交際相手や配偶者の相談も行うことができます。1人で悩んでいる場合は、まず誰かにお話することから始めてみてください。

まとめ

リベンジポルノは削除することができる一方で、一度ネットに公表されたものを抹消することはかなり難しいです。画像を公表されてしまった方は、これからどのようにこの問題と向き合っていくのか今一度お考えいただければと思います。

また、被害に遭われていない方はリベンジポルノという恐ろしい犯罪に巻き込まれないためにも日頃から自分の身は自分で守るようにしましょうね。結局手間だし難しいので、セーフラインや弁護士に相談した方が結果的にお得だよ的なことがあると良い。

リベンジポルノについて弁護士に相談する

電話相談可・初回面談無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

数十万~数百万の弁護士費用、用意できますか?

決して安くない弁護士費用。いざという時に備えて弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

Cta_merci

離婚、相続、労働問題、刑事事件被害、ネット誹謗中傷など、幅広い事件で弁護士費用の補償が受けられます。

【弁護士費用保険メルシーが選ばれる3のポイント】

  • 保険料は1日あたり82円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

保険内容について詳しく知りたい方は、WEBから資料請求してみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事を監修した弁護士
弁護士法人ネクスパート法律事務所
寺垣 俊介
2016年1月に寺垣弁護士(第二東京弁護士会所属)、佐藤弁護士(東京弁護士会所属)の2名により設立。遺産相続、交通事故、離婚などの民事事件や刑事事件、企業法務まで幅広い分野を取り扱っている。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • 高1息子がリベンジポルノ疑で退学
    問題の投稿は17時間程で削除。アカもその後ログアウトしてます。 元彼...

関連記事

編集部

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
 詳しくはあなたの弁護士の理念と信頼できる情報提供に向けた執筆体制をご覧ください。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。