髙橋 淳 弁護士

( みやび坂総合法律事務所 )

  • 電話相談可能
  • 住所
    東京都渋谷区千駄ヶ谷 5-27-5リンクスクエア新宿16階
  • 最寄駅
    新宿駅
  • 対応地域
    全国

現在営業時間外

営業時間
09:30〜18:00
備考:上記の営業時間とは電話対応時間です ※平日の営業時間外および休日はメールにて予約を承ります。

得意分野

  • 離婚
  • 交通事故
  • 借金・債務整理
  • 相続
  • インターネット
  • 消費者被害
  • 刑事事件
  • 労働問題
  • 債権回収
  • 不動産トラブル
  • 外国人問題
  • 医療問題
  • 企業法務
  • 税務訴訟
  • 行政事件
  • その他民事事件
取扱分野:離婚

【面談予約受付中】母に虐待されている子を救いたい・有責配偶者トラブルなど、他の弁護士から断られてしまうような特殊な案件は弁護士高橋へ! 

【弁護士歴20年以上】難しい離婚問題も粘り強く向き合います

  • 立場は親族だが、育児放棄された子を親の代わりに育ててきたので、養子にしたい
  • 不倫相手と結婚するために今の配偶者と離婚したい
  • 母に虐待されている子を救いたい

このようなお悩みは、弁護士へ相談しても断られてしまうケースも珍しくありません。

これまでにも、様々な事務所から断られ続け、藁にもすがる思いで私のところへご相談に来られた方が多くいらっしゃいました。

中には、「10件の事務所から断られてしまった…」という方も。

そのような方は、ぜひ弁護士高橋へご相談ください。

弁護士として20年以上、私はこのような方々のお悩みを「なんとかして解決したい」という思いで尽力してまいりました。

どうか諦めずに、ご連絡ください。

【事前予約で休日や夜間の対応可】まずはお電話・メールでお問い合わせください

事前にご連絡いただければ、営業時間外・休日のご相談もお受けしています。

ご希望の面談日を明記の上メールでご連絡いただくか、お電話にてご都合をお聞かせください。

  • いきなり面談で相談するのは不安…
  • 忙しくて面談に行けない…
  • 家が遠くて事務所へ行けない…

このような方については、お電話での相談(事前予約制)もお受けしておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

【相談料】

対面面談:1時間22000円(税込) 

ウェブまたは電話相談:1時間11000円(税込)

法律家の常識に唯々諾々と従うことなく、あなたの幸せを追求します

弁護士高橋は、東京大学理科2類出身の弁護士です。

法学部出身ではない異色な弁護士ですが、だからこそ、法律家の常識に唯々諾々と従うことなく、相談者様の幸せを追求することを大事にしております。

これまで離婚トラブル企業法務分野を中心に、多くのお悩みに向き合ってまいりましたが、ご相談者様によって、お悩みや望まれることは異なります。

まずはじっくりご相談内容をお聞きし、あなたにとって最善の解決が何かを追求していきましょう。

離婚の弁護士費用

下記に掲載中の弁護士費用は2020年10月08日現在のものです。実際の依頼時にどれくらいの費用がかかるかについては直接弁護士にご確認ください。

着手金

裁判外交渉:30万円(標準)
調停又は裁判:40万円(標準)。但し、調停から裁判に移行する場合には20万円(標準)

初回相談料

対面面談:1時間22000円(税込) 

ウェブまたは電話相談:1時間11000円(税込)

報酬金

離婚:成立につき40万円(標準)
金銭的給付:減額分の20%(標準)

離婚等サポート

ご自分で調停等を行われる方に対して1ヶ月3万円(標準)で助言等のサポート業務を提供します。

離婚の解決事例

  • 早期に面会交流が実現した事例

    会社員

    女性 20代

    依頼前の状況

    子どもを旦那に連れ去られ、子どもと面会ができない状態になってしまった。どうしたらよいかと連絡あり。

    依頼後の結果

    ◆◆結果◆◆
    受任後直ちに監護者指定及び面会交流の審判及び審判前の保全処分を申立て、早期に審判期日の日程を確保しました。
    その後、当方が監護者としてふさわしいことを裏付ける証拠を提出し、相談者が監護者として指定されました。また、裁判官に対し、早期の面会交流実現への協力を働き掛け、早期の面会交流が実現しました。

    ◆◆先生からのコメント◆◆
    子の連れ去りにおいては、スピードが重要です。
    直ちに申立てを行うこと、また、当方が監護者としてふさわしいことを裏付ける証拠を提出することが重要です。

  • 相場以上の面会交流が実現した事例

    会社員

    男性 30代

    依頼前の状況

    子どもを妻に連れ去れてしまった。子どもたちとの面会交流を実現したい。

    依頼後の結果

    ◆◆結果◆◆
    受任後直ちに監護者指定及び面会交流の審判及び審判前の保全処分を申し立てました。未成年者と依頼者の親和性を裏付ける証拠とともに充実した面会交流の実現が不可欠である旨主張し、相場以上の面会交流(宿泊付き)を実現しました。

    ◆◆先生からのコメント◆◆
    面会交流を希望する場合、面会交流の調停・審判手続きを申し立てることが必要になります。面会交流の相場は月に1回又は2月に1回程度と言われていますが、子の福祉にとって望ましい面会交流の形は具体的事案により異なります。相場以上の面会交流実現のためには、事案の特殊事情を踏まえ、的確に主張立証をし、相場以上の面会交流実現が子の福祉にとって望ましいことを裁判所に働きかけていく必要があります。

  • 協議離婚が成立した事例

    ご相談者様

    依頼前の状況

    婚姻届を提出した後、結婚式を控えた状態であったが、離婚を希望していた。
    妻が結婚式を楽しみにしていることから、結婚式だけでも執り行ってから、離婚を切り出した方がよいと考えていた。

    依頼後の結果

    ◆◆結果◆◆
    離婚するのであれば、早期に申し出た方がよい旨アドバイスし、結婚式も取りやめにして、離婚を申し出た。
    結婚式のキャンセル料等は夫が負担したが、調停等裁判手続にはならず、裁判外交渉で離婚が成立した。

    ◆◆先生からのコメント◆◆
    離婚は、なかなか言い出せず、長引いてしまうことが多いですが、調停等の裁判手続きを経ると時間がかかります。裁判手続は多かれ少なかれ精神的負担が生じますので、早期解決が最も有効です。裁判外で協議離婚が成立し、早期解決が実現できた事案です。

  • 仮処分命令の申し立てにより子の福祉が実現した事例

    ご相談者様

    依頼前の状況

    夫が未成年者を連れて別居した。未成年者を別居先付近の幼稚園に転園させる手続きを取ったところ、妻が同意しなかったため、転園できず、未成年者が通園できない状態となっていた。

    依頼後の結果

    ◆◆結果◆◆
    転園前の幼稚園との在園契約が終了していることの仮処分命令を申し立て、これが認められた。
    未成年者の転園が可能となり、毎日楽しく新しい幼稚園に通園している。

    ◆◆先生からのコメント◆◆
    離婚事件で生じた問題は、離婚調停等の中だけで解決しようとしがちですが、別途、仮処分命令の申立てを行うという視点で、子の福祉を実現できた事案です。

髙橋淳弁護士に問い合わせする
電話での問合わせはこちら

050-5267-8277

営業時間

09:30〜18:00(月曜/火曜/水曜/木曜/金曜)

定休日

土曜/日曜/祝日

備考

上記の営業時間とは電話対応時間です ※平日の営業時間外および休日はメールにて予約を承ります。

問い合わせはコチラへ

まずはお気軽にお問い合せください

只今の時間は営業時間外です

050-5267-8277

対応体制

  • 全国へ出張可能
  • 土曜日の相談可能
  • 日曜・祝日の相談可能
  • 女性スタッフ在籍中
  • 電話相談可能