黒井 新 弁護士

( 諏訪坂法律事務所 )

  • 初回の面談相談料無料
  • 住所
    東京都千代田区平河町2-4-5平河町Kビル7階
  • 最寄駅
    有楽町線 麹町駅 南北線 永田町駅 半蔵門線 半蔵門駅 半蔵門線・有楽町線 永田町駅
  • 対応地域
    茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

現在営業時間外

営業時間
09:30〜17:30

得意分野

取扱分野:相続

【初回面談30分無料】弁護士歴15年。生前対策から相続発生後、不動産を含む問題まで幅広く対応致します!

不動産が関係する遺産分割もおまかせください

当事務所では、不動産が絡む遺産分割に対応しております。
特に、賃貸物件が含まれる案件などは、解決実績が多くある案件の1つです。

賃貸不動産は、賃料収入等も考慮した適正な評価を行わなかった場合、妥当な遺産分割をすることが不可能となります。
法的な観点から、円満な解決となるよう弁護士が力となりますので、まずはご相談ください。

 

弁護士歴15年で培った知識

遺言作成などの生前対策相続の問題が発生した方もご相談ください。

相続税などの問題も含めその分野を得意とした弁護士が対応。
税理士や司法書士とも連携しておりますので、より幅広い知識を有しております。
 


生前対策

  • 親が認知症のため生前に財産管理をしておきたい
  • 家族が揉めないように遺言書を書いておきたい
  • 経営している会社をスムーズに引き継ぎたい
 

相続発生後

  • 話し合いをしている相手に弁護士がついていた
  • 話し合いではまとまらず調停を起こされた
  • 遺言に自分の名前がない、内容に納得がいかない


 

問題が深刻化する前に…

《初回30分無料》面談相談をおすすめしております

相続は親族の方が亡くなられて発生する問題ですので、直後にはお気持ち的にもご相談されにくいことと思います。
しかし、残念なことに、お葬式の際の親族間でのやりとりが発端となって相続問題が深刻化することも少なくないのです。

当事務所では、よりご相談内容に合った解決策をご提案するためにも面談での法律相談をおすすめしております。

口頭・文面に限ったやり取りになりますと、問題の細部までヒアリングを行うことができないため、表面上の解決となり問題が再発するリスクにもなりかねません。

“あなたの弁護士”からご予約いただいた方の相談料は初回30分無料(※土日は除く)にてお伺いしておりますので、お気軽にご相談ください。

 

完全個室でご相談をお聞きします

お話をお伺いする際は完全個室でのご相談となっております。
予防の意味でも、まずは経験豊富な弁護士へご相談ください。
 

利便性に富んだアクセス

麹町駅より徒歩約3分永田町駅より徒歩約4分という立地に事務所を構えております。
 

 

相続の弁護士費用

下記に掲載中の弁護士費用は2019年12月09日現在のものです。実際の依頼時にどれくらいの費用がかかるかについては直接弁護士にご確認ください。

初回相談料

初回30分無料(“あなたの弁護士”からご予約いただいた方)

通常、30分5000円(税別)

着手金

20万円~(税別)

報酬金

300万円以下の場合 16%
300万円を超え3000万円以下の場合 10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合 6%+138万円
3億円を超える場合 4%+738万円

相続の解決事例

  • 不動産の評価額を巡って争い

    男性 70代以上

    依頼前の状況

    複数の賃貸マンションを所有していた方が亡くなり、遺産相続が生じましたが、取得する不動産の選択や、不動産の評価額を巡って争いが生じていました。

    依頼後の結果

    受任をして遺産分割調停を家庭裁判所に起こしました。
    裁判所を通じて不動産の適正な評価ができ、相続発生後の賃料収入についての精算も行いながら、依頼者にとって納得できる解決内容で調停が成立しました。

    《コメント》
    賃貸不動産は、その評価額や賃料収入と管理費用を巡って争点が増えることになりますので、税理士などの専門家と連携している弁護士に相談することが重要です。

  • 遺留分減殺請求をされている

    男性 60代

    依頼前の状況

    遺言書があったものの、依頼者に多くの遺産が相続されるとして、遺留分減殺請求をされていました。

    依頼後の結果

    受任し、遺留分減殺請求訴訟への対応を行いました。
    依頼者が相続した遺産についてやや不当に高い評価をされていましたので、不動産業者への査定などを通じて適正な評価額を主張し、最終的には、請求されていた遺留分減殺額を大幅に減額しての和解となりました。

    《コメント》
    遺留分減殺請求は、適正な遺留分額を算定しなければ議論が始まりませんので、置かれた立場によって、可能な限り依頼者に有利な遺留分額となるよう資料等を集めることが大切になります。

黒井新弁護士に問い合わせする
電話での問合わせはこちら

050-5267-7517

営業時間

09:30〜17:30(月曜/火曜/水曜/木曜/金曜)

定休日

土曜/日曜/祝日

問い合わせはコチラへ

まずはお気軽にお問い合せください

只今の時間は営業時間外です

050-5267-7517

対応体制

  • 初回の面談相談無料