「もしかして、うちの子いじめられてる…?」子どものいじめに親が介入すべきタイミング

( 0件 )
分かりやすさ
役に立った
この記事を評価する
この記事を評価しませんか?
分かりやすさ
役に立った
弁護士法人グリーンリーフ法律事務所
時田 剛志 弁護士
監修記事
「もしかして、うちの子いじめられてる…?」子どものいじめに親が介入すべきタイミング

「子どもが学校でいじめられているかもしれない…」と思って、子どもに話を聞いても何も話してくれない場合、親は表立って介入すべきなのでしょうか?

子ども同士で解決できるのがベストですが、そのまま見守っている間にいじめが深刻になり大けがをしたり、心をふさぎ込んでしまったりする可能性があるため、気が気ではないと思います。

どのタイミングで親が表立って介入すべきなのでしょうか?

親が子どものいじめに介入するタイミングとは?

子どものいじめに親が介入するべきケースを紹介します。

子供からSOSのサインをだした時

例えば以下のようなサインは子供からのSOSかもしれません。

  • 登校を嫌がる
  • 笑わなくなった(感情が不安定になる)
  • いつもぼんやりして拒食(小食)が続く
  • 「つらい」「苦しい」などとよく言う など

このような間接的もしくは直接的なSOSのサインを出してきたら、親は本格的に介入すべきでしょう。

子どもが親の介入を必要としな理由は様々ですが、そのうちの一つとして、親が介入することでいじめが悪化する可能性がある、というものです。

こういった状況であれば、歯がゆいかもしれませんが、子どもを信じて様子を見守ることも重要です。親が直接介入しなくても、子供は親が味方であると示すだけでも安心感を持てます

ただし、子どもは大人と違って、判断能力が乏しいものです。すぐに介入しないのであっても、いつも以上に子どもの言動を見守り、何かあればすぐに学校等に相談できるよう心の準備をしておきましょう。

また、学校側にはいじめられている旨を可能性として連絡しておくようにしましょう。

子どもがいじめをしていると連絡がきた・噂を聞いた時

子どもが加害者の場合は、ある日学校や被害者側から「いじめを行っている」と連絡が来るケースがほとんどです。

そのため、介入のタイミングは決まってきますが、連絡前にご自分の子どもがいじめを行っている可能性があるとわかった時点で、親が介入するべきでしょう。

いじめの内容によっては、罪に問われることもありますし、被害者が自殺に追い込まれる恐れもあります。また、倫理的な非難はもちろんですが、何千万単位の損害賠償請求を受けることさえあります。

また、いじめを行う原因には家庭環境も大きく影響していますので、子ども同士の問題を解決するとともに一度、ご自身の家庭環境を振り返ってみましょう。

いじめの被害者・加害者が出すサイン

早期介入でいじめを止めるためには、いじめに親は見逃さないことが重要になってきます。以下では、被害者・加害者の子どもに見られる特徴を紹介するので、ご自分の子どもに当てはまるかどうかチェックしてみてください。

被害者の子どもが出すサイン

被害者の子どもは、親や周囲にいじめられている事実を隠す傾向が多くあります。しかし、いじめは精神的に大きな負担ですので、隠そうとしても言動などに変化が出ます。

以下のような言動が見られるならば、SOSサインの可能性があります。

  • 体の不調を訴えたり、けがをしたりすることが多くなった
  • 笑わなくなった
  • 情緒が不安定で感情の波が激しい
  • 話をしたがらなくなった
  • よく物を汚す・壊す
  • お金を欲しがる
  • 些細なことにも怯えるようになった
  • 身なりやにおいなどを過剰に気にする

思い当たる節があれば、一度子どもとしっかり話す場を設けてみてください。

加害者の子どもが出すサイン

加害者の子どもは特徴が出にくいため、学校外の人が気づくのは稀です。ただ、よくよく言動を見てみると些細な変化がみられる可能性があります。

以下のような特徴が見られるなら、何か問題を抱えているかもしれません。

  • 目つきが鋭くなった
  • 未成年なのに深夜まで帰宅しなくなった
  • お金の使い方が荒くなった
  • 他人を軽蔑するような発言・暴言が増えた
  • 今までとは違った雰囲気の友達を付き合うようになった など

中高生なら反抗期の可能性もありますが、不安があるようであれば一度話し合ってみましょう。

まとめ

親がいつ介入すべきかは、非常に難しい問題です。

いじめられている、いじめているんじゃないかと不安な方は、まずは配偶者に相談し第三者にも相談した方がいいとなったら、学校・教育委員会・国営の相談所などに相談してみてください。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

数十万~数百万の弁護士費用、用意できますか?

決して安くない弁護士費用。いざという時に備えて弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

Cta_merci

離婚、相続、労働問題、刑事事件被害、ネット誹謗中傷など、幅広い事件で弁護士費用の補償が受けられます。

【弁護士費用保険メルシーが選ばれる3のポイント】

  • 保険料は1日あたり82円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

保険内容について詳しく知りたい方は、WEBから資料請求してみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事を監修した弁護士
弁護士法人グリーンリーフ法律事務所
時田 剛志 弁護士

関連記事

編集部

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
 詳しくはあなたの弁護士の理念と信頼できる情報提供に向けた執筆体制をご覧ください。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。