新 有道 弁護士

( あたらし法律事務所 )

    • 住所
      東京都新宿区四谷3-13-11栄ビル7階
    • 対応地域
      埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

    現在営業時間外

    営業時間
    09:30〜18:30
    備考:予めご予約いただければ、平日夜間についても、フレキシブルに対応させていただきます。ご利用いただければ幸いです。また、当事務所では新型コロナの感染防止策と致しまして、スカイプ・LINE通話を通したオンライン相談にも対応しております。

    得意分野

    取扱分野:離婚

    一人お一人のお話を丁寧に伺い、お気持ちに寄り添って、ベストな解決へと導きます。まずは抱えたご不安をお聞かせください

    みなさまへ

    当事務所では現在、新型コロナの感染防止策と致しまして、スカイプLINE通話を通したご相談にも対応しております。
    (なお、ご相談内容によっては来所でのご相談をご提案させていただく場合もございます。ご了承下さいませ。面談相談の場合は、原則として初回30分は無料です。)
     

    スカイプ・LINE通話でのご相談料
    1時間11,000円(税込み) ※前払いとなります。


    ・幼児や高齢者と同居している
    ・できるだけ、公共機関の利用や人との接触を控えたい
    など、こうしたご不安をお持ちの方、当事務所へのお問い合わせ時に、その旨をお申し付け頂ければスカイプを通した法律相談もご案内が可能です。
     

    「離婚したい」とお考えになったタイミングでの相談がおすすめです

    離婚は感情的なお悩みやストレス、また、慰謝料・財産分与など多岐に渡る問題と向き合わなければいけません。

    ですが、離婚を焦りこちら側の要求がほとんど通らぬまま、相手側の言いなりになってしまっては、後で後悔してしまう結果になりかねません。

    当事務所では、これまで不貞行為・慰謝料請求・親権問題・財産分与など、離婚に関するご相談を多く頂いてきた経験を活かし、ご相談者様にとって「最適な解決」となるようご相談をお伺いしております。
     

    こうしたお悩みはありませんか?

    • 離婚を決意したが今後が不安
    • 子どもの親権が欲しい。面会する権利が欲しい。
    • 不倫の慰謝料請求をしたい/または、慰謝料請求された
    • 財産分与や不動産の分け方で揉めている
    • 不動産や退職金・年金などの財産分与を請求したい

     

    当事務所の相談体制

    初回相談30分無料

    当事務所では、初回相談を30分無料にてお伺いしております。

    初期費用を抑えたい方、法律相談に敷居の高さを感じていらっしゃる方もお気軽にご検討ください。
     

    弁護士費用についても明確にご提示致します

    弁護士費用に不安を持たれている方も多くいらっしゃるかと思いますが、当事務所ではご相談内容に合わせた解決策をご提案した上で、ご相談時にお見積り書をご提示することが可能です。

    離婚の弁護士費用

    下記に掲載中の弁護士費用は2019年05月23日現在のものです。実際の依頼時にどれくらいの費用がかかるかについては直接弁護士にご確認ください。

    初回相談料

    初回30分の相談は無料
    (経過後、30分あたり5,000円(税別))

    着手金

    初回ご面談時に算出させて頂きます。

    報酬金

    初回ご面談時に算出させて頂きます。

    離婚の解決事例

    • 夫からの暴言・暴力により離婚を決意し、財産分与などの主張が認められたケース

      女性 30代

      依頼前の状況

      ご依頼者様は婚姻期間が10年を超える夫、小学生の長女と暮らしておりました。
      しかし、ご相談者様は夫からの暴言に悩まされ、生活費などの婚姻費用も十分な額が支払われていません。
      そうした中での口論がきっかけとなり、夫から離婚届けを突き付けられ離婚調停を求められる事態に。

      元々、ご相談者様は離婚に反対し夫婦関係の修復を求めていらっしゃいました。ですが、離婚調停中に夫から暴力を振るわれたことにより離婚を決意。当事務所へご相談に来られました。

      依頼後の結果

      離婚調停を通し、離婚を前提に長女の親権・養育費、財産分与や慰謝料、年金分割など、について協議を行いましたが、双方の意見が対立したことで訴訟を行うこととなりました。

      結果、裁判上にて長女の親権や養育費、財産分与、慰謝料など、希望されていた請求を叶えて和解に至りました。

    • 相手側の主張と状況を照らし合わせることで示談交渉による和解へ導いたケース

      男性 30代

      依頼前の状況

      結婚から8年目の妻と別居中というご相談者様。
      妻は、婚姻関係の破綻はご相談者様の不貞行為にあると主張しており、離婚の成立と合わせて慰謝料の請求、財産分与、年金分割を求められていました。

      ご依頼者様は、離婚には応じるつもりだが、妻の主張する婚姻関係破綻の理由、離婚の条件には納得いかない、とのことでご相談に来られました。

      依頼後の結果

      ご相談者様より詳しくお聞きすると、婚姻関係の破綻は価値観の相違とすれ違いが原因であることが発覚。
      財産分与では、婚姻中に妻側が形成した財産はないこともわかりました。

      そのため、妻に対しては
      ・離婚には応じるが、婚姻関係の破綻の原因についての認識が異なる
      ・財産分与できる財産は無いこと
      ・慰謝料は発生しないこと
      について説明を行い、妻側が請求してきた離婚条件では応じられないと主張。

      その後も粘り強く交渉を繰り返し、妻側が請求を退ける形(ゼロ和解)にて合意に至りました。

    • ご相談者様にとって良い条件にて離婚が成立したケース

      女性 40代

      依頼前の状況

      ご依頼者様には婚姻期間が約20年の夫、高校生と小学生の息子がいました。
      次男が生まれたあたりから夫婦の関係は悪化し、さらに夫の女性関係が発覚。

      以前から、夫は起こると感情的になりご相談者様へ暴力をふるうなど、離婚協議の進みに不安を抱いたため、当事務所へご相談されました。

      依頼後の結果

      当事務所が示談交渉を進め中で、夫は最初否定していた女性関係を認めました。
      離婚に対しては同意していた夫でしたが、財産分与などの条件については納得が得られないままであったため、粘り強い交渉を続けました。

      結果、示談交渉にて離婚が成立。
      また、マンションをご相談者様が獲得するなど、比較的に良い条件で財産分も合意に至りました。

    • 合意の得られなかった離婚協議の示談交渉を成立させたケース

      男性 50代

      依頼前の状況

      ご依頼者様は他に好きな方ができたということから、妻子と別居を始め、週一回程度は妻や子どもたちと会い、生活費も欠かさず支払っていました。

      度々、妻へ離婚を申し込んでいましたが拒否され応じて貰えなかったため、当事務所へご相談に来られました。

      依頼後の結果

      受任後、弁護士はご依頼者様の妻と数回お会いしました。
      ですが、なかなか離婚に関しては明確な回答を頂けず、やがて妻側にも代理人として弁護士が付いたため交渉が始まりました。

      離婚にあたり、ご相談者様から養育費などは責任をもって支払うという旨を根気強く伝え、離婚条件に付いての打ち合わせを重ねました。

      結果、「条件次第では離婚に応じる」と妻が考えるようになり、無事に協議離婚の成立に至りました。

    新有道弁護士に問い合わせする
    電話での問合わせはこちら

    050-5267-7497

    営業時間

    09:30〜18:30(月曜/火曜/水曜/木曜/金曜)

    定休日

    土曜/日曜/祝日

    備考

    予めご予約いただければ、平日夜間についても、フレキシブルに対応させていただきます。ご利用いただければ幸いです。また、当事務所では新型コロナの感染防止策と致しまして、スカイプ・LINE通話を通したオンライン相談にも対応しております。

    問い合わせはコチラへ

    まずはお気軽にお問い合せください

    只今の時間は営業時間外です

    050-5267-7497

    当事務所は本ページに掲載中の弁護士のほか、複数の弁護士が在籍しており、お問い合わせには所属の弁護士が対応する場合がございます